ロボアドバイザー比較・ランキング【2019年2月最新版】「手数料・投資先・一覧」

 

ここではロボアドバイザーを徹底的に比較していきます。

ロボアドバイザーと言っても多種多様なものがあるのでしっかりと比較し、自身の投資方針にぴったりのロボアドバイザーを利用するように心がけましょう!

 

ロボアドバイザーには投資実行まで自動で行ってくれる「投資一任型(ほったらかし型)」と投資先のアドバイスだけ行ってくれる「アドバイス型」があります。

 

その為、自分が利用したいイメージは

「投資一任型(ほったらかし型)」

なのか

「アドバイス型」

なのかを明確にしましょう。

 

簡単に分けるとすれば

何も自分ではしたくない人

「投資一任型(ほったらかし型)」

少し自分の意向を投資方針に入れたい人

「アドバイス型」

が向いていると言えるでしょう。

ですが、「投資一任型」の方が「アドバイス型」よりも手数料が高いのでその辺りのバランスを考えて自分に合ったロボアドバイザーを選択すると良いでしょう。

 

 

ロボアドバイザーについてさらに詳しくはこちら↓をご参照ください。

 

投資一任型(ほったらかし型)ロボアドバイザー比較

 

まずは設定後は何もしなくていい「投資一任型(ほったらかし型)」のロボアドバイザーを比較していきます!

 

比較表

 

▼主な特徴で比較

サービス名 手数料※ 投資先 投資先数 最低投資額 オススメ度
Wealth Navi(ウェルスナビ) 1% ETF 7種 10万円 ★★★★★
THEO(お金のデザイン) 1% ETF 40種 1万円 ★★★★
楽ラップ(楽天証券) 0.702% 投資信託 15種 10万円 ★★★
ダイワファンドラップONLINE(大和証券) 1% 投資信託 9種 1万円 ★★★
マネラップ(マネックス証券) 1%未満 ETF 多数 1千円 ★★★
クロエ(エイト証券) 0.88% 国内ETF 東証ETF 1万円 ★★

※税抜。WealthNavi・THEOは3000万円を超える部分は0.5%・楽ラップは固定報酬型選択時。マネラップのみ信託報酬を含みます。オススメ度は目安です。利益が出やすいかどうかではありません。 (最終更新2019.2.18.)

 

「投資一任型」ロボアドバイザーとは最適なポートフォリオの提案から、運用プランにあった商品の買い付け・リバランス(投資比率の見直し)まで全て自動でロボットが行ってくれるサービスです。

 

 

やはり今投資一任型で最も人気なのはWealth Naviでしょう。

テレビCMの影響もありますが投資一任型ロボアドバイザーの走りとも言えるWealth Naviは根強い人気を誇っています。

こちらでは各ロボアドバイザーの実績を比較していますが実際Wealth Naviは利益も他のロボアドバイザーに比べて多く出ている時が多い印象です。

 

ただ、THEOや楽ラップなども独自の機能を打ち出しておりロボアドバイザー競争は抜きつ抜かれつの戦いを繰り広げています。

 

ちなみに最新の運用実績を以下で公開しておりますのでご参考にしていただければと思います。

 

各社どんな人におすすめ?

 

まずは6社の投資一任型ロボアドバイザーがどのような人に向いているのかを実際にロボアドバイザー6社を利用している著者が紹介していきます!どのロボアドバイザーにしようか迷っている方の参考になればと思います!

 

Wealth Navi
「とりあえずロボアドバイザーで投資をしてみたい」という投資初心者におすすめ!

THEO
「AI(人工知能)を利用した投資をしてみたい!」というロボアドバイザーの醍醐味を味わいたい人におすすめ!

THEO
楽ラップ
楽天に信頼あり!楽天証券でロボアドバイザー以外にも取引したいという方におすすめ!

楽天証券
ダイワファンドラップONLINE
投資は大和証券!大和証券の他サービスも利用したいという方におすすめ!
マネラップ
最低投資金額は1000円!少ない資金で投資を始めたいという方におすすめ!

クロエ
スマホでロボアド!短期的な資金目標がある方におすすめ!

 

ランキング

 

ここからは各投資一任型ロボアドバイザーがどのような特徴の元運営されているのか、ランキング形式でそれぞれご紹介していきます!

 

1位 Wealth Navi

運営会社 ウェルスナビ株式会社
最低投資額 10万円
投資先 海外ETF
オススメ度 ★★★★★

 

ウェルスナビ株式会社が提供するロボットアドバイザー。

最低投資金額10万円、積立は月々1万円から。

ノーベル賞受賞者が提唱する金融アルゴリズムにより海外ETFを中心に計11,000銘柄に国際分散投資します。

自動で税負担の軽減をしてくれる「DeTAX」機能があります。

 

 

 

2位 THEO

運営会社 株式会社お金のデザイン
最低投資額 1万円
投資先 海外ETF
オススメ度 ★★★★

 

株式会社お金のデザインが提供するロボアドバイザー。

最低投資金額1万円から投資が始められます。

海外ETF40種類でポートフォリオが構成され、毎月自動的にリバランスをしてくれます。

AIが市場の予測をする「THEO AIアシスト」と呼ばれる機能を実装。

 

 

THEO

 

3位 楽ラップ

運営会社 楽天証券
最低投資額 10万円
投資先 投資信託
オススメ度 ★★★

 

楽天証券が提供するロボットアドバイザー。

最低投資金額10万円、積立は月々1万円からスタートできます。

投資対象は15種類の楽ラップ専用投資信託。

株式市場の価格変動リスクが高まった時に債券の投資割合を高める「下落ショック軽減機能」があります。

 

 

 

4位 ダイワファンドラップONLINE

運営会社 大和証券
最低投資額 1万円
投資先 投資信託
オススメ度 ★★★

 

大和証券が提供するロボットアドバイザー。

最低投資金額は50万円、積立は月々1万円から利用ができます。

投資対象はダイワファンドラップオンラインのインデックス投資信託9種類。

 

 

5位 マネラップ(MSV LIFE)

運営会社 マネックス証券
最低投資額 1000円
投資先 ETF
オススメ度 ★★★

 

マネックス証券、クレディセゾン、バンガード3社の投資顧問会社によって運用されるロボアドバイザー。

1,000円から利用することができるのは大きなメリットです。

国内外のETFを対象に投資を行います。

「ためる」「たのしむ」「そなえる」の3つの運用スタイルに合わせて資産計画が提案されます。

解約や出金に時間がかかってしまうのがデメリットです。

 

 

 

6位 クロエ

スポンサー

運営会社 エイト証券
最低投資額 1万円
投資先 国内ETF
オススメ度 ★★

 

エイト証券が運用するロボアドバイザー。

スマートフォンアプリで使用します。(ブラウザでの使用はできません)

東京証券取引所に上場しているETFを対象に投資を行っており、最低投資金額1万円から投資が可能です。

「スマホ購入の為の資産運用」といった小規模な資産運用方針を立てられるのはメリットと言えますが他のロボアドバイザーよりも投資先や運用方法に不透明な部分が多いのでオススメ度は星2つです。

 

 

契約前に!知っておくべき解約・出金方法

 

ロボアド契約の前には必ず解約・出金方法を知っておきましょう。中には出金まで数日かかってしまうサービスもあります。

こちらで一覧にしておきましたので要チェックです!

 

▼出金・解約方法比較

Wealth Navi THEO
出金 解約 出金 解約
手数料 無料 無料 無料 無料
所要時間 3~4営業日 可変 3営業日~ 7営業日
方法 ネット 書面 ネット ネット
楽ラップ ダイワファンドラップオンライン
出金 解約 出金 解約
手数料 無料 無料 無料 無料
所要時間 10営業日以内 10営業日以内 5~8営業日 5~8営業日
方法 ネット ネット ネット ネット
マネラップ クロエ
出金 解約 出金 解約
手数料 無料 無料 無料 無料
所要時間 7~19営業日 7~19営業日 4営業日前後 4営業日前後
方法 ネット ネット ネット ネット

<Wealth Navi・THEO>※出金・解約の手数料は無料ですがその月の出金日までの日数で割った運用手数料が通常通りかかります ※THEOは解約すると翌年1月1日まで再契約が不可 <楽ラップ>※出金・解約の手数料は無料ですがそ成功報酬型の場合利益に応じて運用手数料が通常通りかかります ※解約後翌月までは楽ラップの再契約ができません <ダイワファンドラップオンライン>※契約から3か月は出金、解約ができません。 <マネラップ>申し込みの翌々月1日から解約が可能です。 <クロエ>※一部出金機能が無いので出金と解約は同じ意味です。 

 

アドバイス型ロボアドバイザー比較

比較表

 

▼主な特徴で比較

サービス名 手数料 投資先 最低投資額
マネックスアドバイザー(マネックス証券) 0.3% 国内ETF 5万円
投信工房(松井証券) 無料 投資信託 100円
fund eye(SMBC日興証券) 無料 投資信託
SMARTFOLIO(みずほ銀行) 無料 投資信託 1000円
SBI-ファンドロボ(SBI証券) 無料 投資信託
PORTSTAR(三菱UFJ国際投信) 無料 投資信託
資産の窓口(財産ネット) 無料 ETF/投信
野村のゴールベース(野村證券) 無料 投資信託
VESTA(Good Moneyger) 無料 投資信託 20万円入金
FOLIO(FOLIO) 0.5% 株式 約10万円

※投信工房の最低投資額は積立利用時 SMARTFOLIOも積立利用時(最終更新2019.2.18.)

 

「アドバイス型ロボアドバイザー」とは年齢や資産形成の目的などいくつかの質問に答えると、自分の資産運用に最適なポートフォリオを提案してくれるサービスです。

全て自動で資産運用を行う「投資一任型」に対し、「アドバイス型」は商品の買い付けやリバランスなど実際の運用はユーザー自身が行います。

 

 

アドバイス型のロボアドバイザーは証券会社が出しており、その証券会社を使っている方であれば正直その会社のロボアドバイザーを利用しても問題は無いでしょう。

しかし、プロのアドバイスが受けられるものや利用手数料が無料で受けられるもの、さらに投資一任型のようにリバランスまでアドバイスをしてくれるものもあるのでアドバイス型ロボアドバイザー用口座としてその証券会社口座を作ってしまってもいいほどに最近はアドバイス型ロボアドバイザーのレベルが上がってきています!

 

特徴&ランキング!

 

1 マネックスアドバイザー

 

マネックス証券が展開するアドバイス型のロボットアドバイザーです。

国内ETFを運用する事ができ、有名なブラックロック社の「iシェアーズ」というETFを飼う事ができるのが特徴です。

アドバイス型のロボアドバイザーにしては珍しく手数料が0.3%かかりますが、最初のアドバイスだけではなく毎月アドバイスをくれる事や、マネックスアドバイザーで購入したETFを貸し株サービスで貸して利息を得る、等のサービスがあります。

 

 

マネックスアドバイザー

 

2 投信工房

 

松井証券が提供しているサービスで松井証券が扱う投資信託を対象に提案されます。

利用料0円で期間中のアドバイスを受けることができます。

アドバイス型にしては珍しくポートフォリオのリバランス(値動きで資産配分状況が崩れた時にそれを元に戻す)機能があるので投資一任型のような使い方ができます。

サービスが多くあるのにも関わらず手数料が無料なのでオススメです。

 

 

松井証券

 

3 fund eye

 

SMBC日興証券が提供しているサービスで、国内株式投資信託のほぼ全て(約5,000種類)を対象に提案されます。

初心者向けに投資信託を買うなら、という「はじめての1本」を提案してくれるサービスと投資信託を既に保有している人向けの「リバランス」診断があります。

この既に投資信託を保有している人向けの「リバランス」診断は他のロボアドバイザーにはなかなか無い、fund eyeの特徴ともいえる機能です。

 

 

4 SMARTFOLIO

 

みずほ銀行が運用しているサービスで、6つの質問に答えると最適なポートフォリオの提案をしてくれます。

提案されるファンドはi-mizuhoインデックスシリーズの21種類。

「みずほダイレクト」を契約すると複数の投資信託の一括購入や解約ができる機能が使用できます。

利用手数料は無料ですので試しに使ってみるのもいいでしょう。

 

 

5 SBI-ファンドロボ

 

SBI証券が運用しているサービスです。

SBI証券が扱う2,300種の投資信託からさらに絞った350種の中から最適なものを提案されます。

投資信託の選定にモーニングスター社の評価データを使用しています。

圧倒的に見やすい画面が特徴で、今まで投資信託を購入した事が無い方にもオススメできるロボアドバイザーとなっています。

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

6 PORTSTAR

 

三菱UFJ国際投信が運用するサービスです。

5つの質問に答えると三菱UFJ国際投信の扱っている「eMAXIS最適化バランスシリーズ」の中から1つの投資信託を提案されます。

このバランスシリーズは自動でリバランスをしてくれるので特にすることはありません。おすすめしてくれる投資信託は1つだけなので迷う事もなく、スムーズに投資信託を購入できるでしょう。

おすすめれた投資信託はSBI証券・楽天証券・マネックス証券などでスムーズに購入する事ができます。

 

 

7 FUND ME

 

カブドットコム証券が扱う投資信託の中から理想のポートフォリオを診断してくれるスマートフォン用アプリ。

モーニングスター社のデータを採用していて、現在保有中の投資信託のリスクチェックを行うこともできます。

 

8 野村のゴールベース

 

野村證券が提供しているサービス。

15問程度の質問に回答することで、投資家としての性格診断ができ、野村證券が扱う5種類の「のむラップ・ファンド」から最適な商品を提案されます。

 

 

9 ロボのぶくん

 

スマホ専用の投資信託選びのサポートサービスです。

楽天証券が取り扱う2,400種類の投資信託から最適なものを提案されます。手数料はかからずに2~3問の質問に答えるだけでおすすめ投資信託がわかるサービスです。

使用するためには楽天証券で口座を開設し、ログインする必要があります。

 

 

 

10 KALAIS

 

東海東京証券が提供するサービスです。

7つの質問に答えると、eMAXIS最適化バランスシリーズ(5種類)の中から1本を選んで提案してくれます。

eMAXIS最適化バランスシリーズは三菱UFJ国際投信の投資信託で、運営が分散投資やリバランスなどを投資信託内で行ってくれるので特に購入後は行う事が無いので時間が無い方でもおすすめです。

 

 

11 CAPTAIN one

 

アセットマネジメントone株式会社が提供しているポートフォリオ診断サービス。

みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社が構築したロジックを元に開発されました。7つの質問に答えると最適な資産配分が提示されます。

「たわらノーロード」の投資信託をおすすめしてくれます。手数料は無料で登録なしで利用する事ができます。

 

 

12 VESTA

 

株式会社Good Moneygerが提供するサービス。

いつ何の商品にいくら投資すればいいのか具体的に伝えられ、相場が暴落しそうな時は事前にアラートで知らされる機能があります。

電話相談が可能で、毎月投資のプロからアドバイスを受けられます。

システムの利用料は無料で投資を行うには楽天証券の口座と20万円の入金が必要。投資信託とETFが対象です。

 

 

13 資産の窓口

 

財産ネットが提供しているサービス。

6本のスライダーを動かし、「年代」や「世帯収入」などを回答。

自分の資産状況が投資をした場合としてない場合で比較できたり、支出の状況を平均値と比べて見ることができたりします。

東証上場ETF及び国内で販売されている投資信託を対象に最適な商品が提案されます。

どこの証券会社にも属しておらず、さらにおすすめされる投資信託は特に縛りが無いので「偏らないアドバイスが欲しい」という方にはオススメできるロボアドバイザーだと言えるでしょう。

 

 

14 Funds Robo

 

野村アセットマネジメント株式会社が運用しているサービスで、7つの質問に答えて投資スタイルの診断を行い、Funds-iシリーズの中からスタイルにあったファンドを紹介されます。

スマートフォン向けアプリmonebyと併せて使用することができます。

 

15 FOLIO

 

株式会社FOLIOによって提供されるテーマ型投資サービスです。

気に入ったテーマを選び、その関連銘柄に分散投資をするというシステムです。

「VR」「コスプレ」「京都」

などの簡単なテーマから選ぶ事ができるので自分が『来る』と思ったテーマに沿って投資をする事がFOLIOでは可能です。

投資対象は東証に上場している個別銘柄で、1つのテーマにつき10万円から投資をすることができます。手数料も0.5%と安いので初心者の方でも始めやすいでしょう。

定期的にリバランスの案内やテーマを売却するタイミングを知らされる機能があります。

ちなみにアドバイス型だけではなく「投資一任型」のサービスも展開しています。

 

 

まとめ

 

以上、ロボアドバイザーを「投資一任型」と「アドバイス型」に分けて解説をしてきました。

それぞれの特徴を知る事で自身に合うロボアドバイザーを利用できると思います。

どれにすれば良いか分からない、という方はとりあえず自身が利用している証券会社があればその証券会社が提供するロボットアドバイザーを利用してみるところから始めてみましょう!

 

こちらもどうぞ!