FXとは <資産運用初心者にも分かりやすい解説>

投資でよく聞く「FX」という言葉。ここではこれからFinTechなどの次世代の金融を学んでいく方へ分かりやすくFXについて解説をしていきます。

 

FXとは

FXと聞くと、初心者には難しい、ハイリスクハイリターンなどのイメージがあるのではないでしょうか。ここでは、初心者にもわかりやすくFXについてご説明します。

FXは「Foreign Exchange」の略、つまり外国通貨の売買、為替取引によって利益を出すことを言います。つまり、円高になるか円安になるか予想して、売ったり買ったりを繰り返すことで利益を出して行くわけです。

ここまでなら、通常の為替取引と同じです。

 

FXは、この為替取引にレバレッジをかけることができるという特徴があります。レバレッジとはテコの原理です。少ない金額で大きな取引を行うことを言い、最大25倍までレバレッジをかけることができます。

例えば、1万円で25万円分の取引ができるということです。実際に購入した分の25倍の利益又は損益が出る可能性があるため、これを聞いてFXをハイリスクハイリターンだと不安に思う方も多いようです。

実際は、最大25倍かけられるのであって、自分でレバレッジを調整すればリスクの調節が可能です。

 

FXでどうやって利益を出すのか?

FXでの利益の出し方は大きく分けて二つあります。上述したレバレッジをかける方法と、金利差から得るスワップポイントで毎日利益を得る方法があります。それぞれご紹介します。

 

レバレッジで利益を出す

1ドル100円の時に、100ドル購入すると1万円です。これを1ドル115円の時に売れば11500円に増えますね。1500円の利益ということです。しかしこれでは、多額の資金がなければ大きなリターンは期待できません。そこでレバレッジという仕組みがあります。

スポンサー

レバレッジ10倍で購入していれば利益は15000円、20倍なら30000円というわけです。これを利用してFXでは最大25倍のレバレッジをかけることができるわけです。

 

金利差で得るスワップポイント

各国が定めた政策金利というものがあります。日本より金利の高い国の通貨を保有すれば、その金利差がもらえます。これがスワップポイントです。

日本は0.1%と低金利の国です。ほとんどの国は日本より金利が高いので、買うだけでこのスワップポイントが入ってくることになります。例えば金利の高いトルコは8%、日本の0.1%との差額7.9%を毎日得ることができます。長期的な投資として、スワップポイントを目的にFXをする人もいます。

 

注意点

レバレッジをかけた分、利益は大きくなりますが、その分損益も大きくなります。損益はそのまま自分に残ります。数千万などの損益が出たら取り戻すのも大変ですよね。そこでロスカットという仕組みあります。一定の損益が出ると強制的に決済され、設定した金額以上の損益が出ないようにする仕組みです。

また、スワップポイントは金利差がマイナスの場合は、逆に毎日支払う必要が出ます。

FXをこれから始める方は、まずこの二点を知っておくと良いでしょう。

 

まとめ

FXは、大きな取引で大きく利益を出すものだと思われがちですが、実は個人の投資としても少額から始められる仕組みがあります。まずはレバレッジを小さく設定し、為替取引を始めてみてはいかがでしょうか。通常の為替取引より手数料も低いため外国為替を保有するにはおすすめの方法です。