オプション取引とは <初心者向けの分かりやすい解説>

 

オプション取引とは

オプション取引とは期日を決めて「買う権利」や「売る権利」を売買する取引の事を言います。

例えば「1年後、1万円でパソコンを購入する権利」を300円で売買した場合それはオプション取引となります。

先物取引との違い

期日を決めて売買する先物取引と似ていますが、先物取引とは異なりオプション取引では「権利」自体を売買します。

あくまで「権利」なので先物取引とは異なり「破棄」する事ができます。

なので仮に1年後、パソコンの値段が8千円に値下がりしていた場合、1万円で購入する権利がありますが1万円ー8千円=2千円の損失が出てしまうので権利を破棄する事で損失を防ぐことができます。(500円の権利購入代金は損失になります)

スポンサー

オプション取引の「買い」と「売り」

オプション取引には「買う権利」と「売る権利」でコールオプションプットオプションという名前が付きます。

買う権利の事を「コールオプション」と言い、売る権利の事を「プットオプション」と呼びます。

あなたが「買う権利を売る」場合は「コールオプションを売る」と言い、「売る権利を買う」場合は「プットオプションを買う」と言います。

この二つの違いを知っておくとオプション取引という用語に出会った場合にスムーズに理解する事ができるでしょう。

オプション取引の特徴

オプション取引では権利を破棄する事ができるのでオプション(コール・プット共に)を買う立場と売る立場の人では損失の度合いが異なります。

例えば1年後に1万円でパソコンを購入する権利を500円で買った(コールオプションを買った)人は価格が下落した場合、破棄すれば500円の損失で済みますが権利を売った(コールオプションを売った)人は価格が1年後に8千円になってしまえば2千円の損失(権利譲渡利益500円は貰えるので1,500円の損失)を被る事になります。

つまり買い手には500円の損失から始まるというデメリットがありますが、最悪500円の損失で済むというメリットがあります。

売り手には500円の利益から始まる代わりに損失が出た場合無制限に損をしてしまうというメリットデメリットがあります。

売り手は500円を受け取る事ができるのでそれを投資に回す事ができるので両者の特徴を理解する事は金融を理解する際にとても重要なものとなります。

コメントを残す