抵当権と根抵当権の違いとは <ソーシャルレンディングを上手に利用する為の用語解説>

ソーシャルレンディングでは融資を行うにあたり「普通抵当権」と「根抵当権」という2種類の担保設定が登場します。これらの違いを知っておくことで自身が投資しようとしているソーシャルレンディングの仕組みを理解し、どのようなリスクがあるのかを知る事ができます。

抵当権とは

抵当権とは融資を行う際に借り手の不動産に設定する権利の事を言います。この権利を貸し手が設定しておくことで借り手が返済をできなくなっても貸し手は抵当権を使ってその不動産の売却益で返済を受ける事ができます。

<法的定義>

抵当権とは民法369条1項において下記のように規定されています。

「抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自己の債権弁済を受ける権利を有する」

つまり、抵当権者(貸し手)は債務者(借り手)が提供した不動産から先立って(最初に)債権の弁済(融資の返済)を受ける権利があるとされています。

ここでポイントは「先立って」と言っても抵当権には順位があり、1番最初に抵当権を設定した者から順番に返済を受ける事になります。同じ不動産に複数の貸し手が抵当権を設定している場合に早い人から1番、2番、3番抵当権と順位づけられる事になります。

抵当権の例

例えば、事業者が工場を建設する資金1億円をソーシャルレンディングで借り入れたとします。その際に敷地(土地)と工場(建物)を担保として融資してくれるソーシャルレンディング事業者(投資家)に差し入れます。もし事業者が契約通りに1億円の返済を行えない場合、ソーシャルレンディング事業者は担保物件(敷地・工場)を売却して返済されていない分を回収することができます。

普通抵当権の特徴

普通抵当権は「特定の債権」を対象とする点に特徴があります。

どういう事かと言えば、上記例の場合ソーシャルレンディング事業者が「普通抵当権」を行使して不動産を売却し返済させることができるのは1億円の貸付金に対してのみ(=特定の債権)です。

もし、本件以外にも融資しており、その貸付金の返済が滞ったとしてもこの不動産の売却金で回収することはできません。つまりある貸し付けに対し抵当権を設定、という形で抵当権は設定されます。これは以下で解説する根抵当権との違いになります。

スポンサー

また、抵当権と似たような担保設定権に「質権(しちけん)」と呼ばれるものがあります。質権は不動産以外の資産にも設定できる事や先に占有(設定担保を貸し手が受け取れる)する事などの違いがあります。

抵当権と質権の違いも合わせて理解しておくとソーシャルレンディングを利用する上では役に立つ知識となるでしょう。

 

根抵当権とは

根抵当権も抵当権と同様に貸し手が借り手に対する融資の際に不動産に設定する担保権です。ただし抵当権と異なり特定の債権(特定の融資)に対して設定するものではありません。

根抵当権の特徴

根抵当権は「特定の債権」を担保するものではありません。あらかじめ設定した金額(極度額と言います)の範囲内の貸し付け金をすべて担保します。

つまり上記例の場合で、ソーシャルレンディング事業者が物件(土地・建物)に「根抵当権」を極度1.2億円で設定していた場合、貸し付けた1億円以外の別口の貸付金(例えば他の事業の為に貸し付けていた2千万円)の返済が滞ったとしてもこの担保の売却金で回収を図ることができます。

根抵当権では上限額が設定されており貸し付け側としてはある貸し付けにいちいち抵当権を設定せずに「この金額までの融資は根抵当権ですべて担保されているよ」と示す事ができるメリットがあります。

借り手としても根抵当権の上限額までは借りる事もできるし借りない事もできる、と選択する事ができるメリットがあります。

あなたが投資しようとしているソーシャルレンディング事業者が根抵当権を設定している場合は上限額を確認し、その額までなら返済を受けられるので「リスクは低い」というように理解する事ができます。ただし、不動産価格が下落してしまって根抵当権が設定されている不動産を売却しても返済できない場合などもあるのでリスクがゼロという訳ではありません。この辺りのリスクや仕組みについては以下の記事で解説していますのでご参照いただければと思います。

 

まとめ

「普通抵当権」と「根抵当権」の違いは担保設定される貸し付けの範囲です。「普通抵当権」は特定の債権のみを担保しますが、「根抵当権」は極度額の範囲内ですべての債権を担保します。

貸し手と借り手の融資取引が継続的に行われる場合、その都度普通抵当権を設定するには手間と費用がかかるため、根抵当権を設定したりする事があります。一方、融資取引が今回の1回のみと想定される場合は普通抵当権を設定するのが一般的です。

このような違いを知っておくことでソーシャルレンディングを上手に利用できるようになります。

こちらもどうぞ