海外融資型ソーシャルレンディングの仕組みとメリットとリスク

 

ソーシャルレンディングの中には海外へ融資するタイプのものがあります。ソーシャルレンディングの様々な種類の中でも海外融資型ソーシャルレンディングはどのような仕組みでどのようなメリットやリスクがあるのかを初心者の方でも分かりやすく解説をしていきます。

 

ソーシャルレンディングの仕組みとは

まずはソーシャルレンディングの仕組みをおさらいしておきましょう。ソーシャルレンディングとは簡単に言えば「インターネットを通じて多くの投資家からお金を集めるサービス」です。新規事業を始めたい場合などに銀行などで融資を受けるのが従来の資金調達ですが、必ずしも満足のいく金額を調達できるとは限りません。(ソーシャルレンディングは別名、融資型(貸付型)クラウドファンディングとも呼ばれます。クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いはこちらをご参照ください。)

また個人が資金を調達したい(お金が足りなくて)場合には信用が足りず誰も融資してくれないなどの問題が生じる事があります。そこでソーシャルレンディングやクラウドファンディングというインターネットを通じてお金を集めるサービスを利用する事でお金を集める事ができるのです。

ソーシャルレンディングではお金を出資してくれた投資家の方へ利息というお返しをする事でより多くの投資家からの出資を集めようと試みます。(その為利息を付けてお金を返すタイプのクラウドファンディングと同様のサービスとなります)そのような仕組みで成立している次世代の金融サービス(FinTechサービス)と言えるでしょう。

 

ただし、多くの人からお金を募集するとは言っても現状では「直接個人の貸し手から個人の借り手へお金を振り込む」というシステムにソーシャルレンディングではなっていません。お金の貸し借りなので貸し倒れのリスクや法制度の問題などからソーシャルレンディングサービスを展開する仲介企業が存在し、個人と借り手の間に入りそれらのリスクをなるべく減らしています。

<ソーシャルレンディングの概念図>

この図のようにソーシャルレンディングではソーシャルレンディングサービス事業者が間に入る事で成り立っているのです。また、海外では存在している個人向け融資を行っているソーシャルレンディングは日本ではありません。つまり日本では個人ではなく事業者へ向けたお金の融資仲介をソーシャルレンディングサービス事業者が行っているのが現状です。(もちろん出資は個人でもできます。貸し手⇒個人OK・借り手⇒個人NG)

ソーシャルレンディングサービスについてはこちらでも詳しく解説しておりますので初心者の方ご参考にしていただければと思います。

 

海外融資型ソーシャルレンディングとは

海外融資型ソーシャルレンディングとはその名の通り融資する先が海外のソーシャルレンディングの事を言います。日本のソーシャルレンディング事業者が日本の投資家へ資金を募集します。その集めた資金を海外企業や海外個人などお金を融資してもらいたい海外の個人や法人へ融資するタイプのソーシャルレンディングの事を指します。

日本国内では個人に融資するタイプのソーシャルレンディングはありませんが海外では個人に融資するタイプのソーシャルレンディングが発達しています。その為日本のソーシャルレンディング事業者が海外個人向けに融資するタイプのサービスが日本国内にもあるのです。しかし個人に融資する事や海外の情勢・為替などにより国内ソーシャルレンディングとは異なる特有のリスクがある事は認識しておくべきでしょう。

また海外融資型ソーシャルレンディングを行っている事業者はいくつか存在しますが「Crowdcredit(クラウドクレジット)」という事業者は海外融資型ソーシャルレンディングに特化しています。海外融資型ソーシャルレンディングを利用したい場合はクラウドクレジットに登録しておいて損は無いでしょう。

また、SBIソーシャルレンディングではカンボジアの個人向け融資案件を多く募集しています。SBIソーシャルレンディングも海外融資型ソーシャルレンディングの利用先として一つの選択肢になるでしょう。

 

海外融資型ソーシャルレンディングの仕組み

海外融資型ソーシャルレンディングの仕組みも基本的には一般的なソーシャルレンディングの仕組みと変わりません。融資する先が海外になるという違いが最も大きなものとして挙げられます。もちろん海外ならではのリスクを抑える仕組みも存在しています。

まず、通常のソーシャルレンディングのようにソーシャルレンディング事業者が広く投資家から資金を募集します。その資金を融資してほしい海外の事業者や個人が借りる、という基本構造になります。

スポンサー

海外個人、と言っても基本的には海外の貸金業者に融資しその業者が個人へ融資するというタイプのものが多く存在しています。中には貸金業者が個人や小規模商店などへ融資した際にその国の団体が債務保証をしてくれる案件も存在します。債務保証とは、融資を受けた借り手(債務者)が返済できない時に肩代わりしてくれるものなので私たち投資家は貸し倒れのリスクを少なくする事ができます。

債務保証は元本保証とは違います。あくまで肩代わりする約束はしますが債務保証している組合などが返済できない場合などは最終的に投資家へ資金が返ってこない場合などがあるからです。

また、このような海外融資型ソーシャルレンディングの特徴としては日本の余剰資金を海外の発展途上国へ流す事ができさらに個人としてはリターンを得られるという社会貢献+資産運用の効果がある投資です。その為「ソーシャルリターン」とも言われています。

 

海外融資型ソーシャルレンディングのメリット

私たち投資家にとっては海外融資型ソーシャルレンディングにはメリットがいくつか存在します。

 

リターンが高い

海外融資型ソーシャルレンディングはリスクが比較的高いのでリターンが少し高く設定されています。案件にもよりますが約10%と言う利回りを実現しているものも少なくありません。10%の利回りは他の投資対象と比べてもとても高いものなので投資家にとっては魅力的であると言えるでしょう。

 

海外投資でリスク分散

海外融資型ソーシャルレンディングでは発展途上国への融資が多いのであまり海外投資でリスク分散ができる訳ではありませんが(日本よりも情勢不安の国向け融資が多い為)中にはアメリカの事業者に融資するもの(maneoという事業者などでたまにあります。maneoについて詳しくはこちら)があるので日本国内に集中してしまいがちなポートフォリオを海外へも分散させる事ができると言えるでしょう。

 

海外融資型ソーシャルレンディングのリスク

海外融資型ソーシャルレンディング特有のリスクをここでは紹介していきます。

 

カントリーリスク

融資する先の国特有の情勢不安などによるリスクがあります。日本では経済情勢が安定していても融資先の国では経済情勢不安や軍事関係の不安で融資した資金が返ってこなくなってしまう可能性があります。

日本にいるとあまり感じる事のないリスクですが発展途上国では何が起こるのか分からないという認識をしっかりもってリスクを考えていきましょう。

 

為替リスク

日本円で出資をした資金が最終的には外貨に換えられて融資されます。その為融資した後に日本円の価値が下がるなどした場合は資金が大きく損なわれてしまう可能性があります。

このような場合に対処するのが「為替ヘッジ」という方法です。為替ヘッジというリスク回避方法は案件によって取られている場合とそうでない場合があります。

 

為替ヘッジとは

為替ヘッジとは為替レート変動による損失を防ぐために融資までの間にFX会社などが入る事でリスクを減らす手法です。Crowdcredit(クラウドクレジット)ではよく見かけます。

為替ヘッジは簡単に言えば担保金をあらかじめ預託する事や決済のレートを先に予約してしまう事で為替レートの変動で投資家が損をする事が無いようにする手法です。クラウドクレジットでは為替ヘッジがある場合と無い場合では明記されているので自身が行う投資がどちらに属し、為替リスクがどこまであるのかを知る事ができます。

為替ヘッジがあると為替レート変動によるリスクを減少してくれますが(ゼロにはなりません。変動が大きければ損失が出てしまいます)、最初に為替ヘッジ手数料を預けなければ(出資金の5%)なりません。この手数料は最終的に投資家へ返還されますが利息がつかない事に注意しましょう。

為替ヘッジについて詳しくはこちらソーシャルレンディング『為替リスク』『為替予約』を知るをご参照ください。

 

以上が海外融資型ソーシャルレンディングの仕組み・メリット・リスクです。海外融資型ソーシャルレンディングは社会貢献につながる事、リターンが比較的大きい事など投資先として一つの選択肢にするのはありだと思います。

ソーシャルレンディングなので少額(数万円)から投資できるのも魅力ですので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

こちらもどうぞ