アクティブファンドとは? <投資初心者にも分かりやすく解説>

 

一般的に「ファンド・投資信託」と呼ばれるものに投資する場合は「インデックスファンド」と「アクティブファンド」という2種類のファンド形態があります。今回は「アクティブファンド」について投資初心者の方にもわかりやすく解説をしていきます。

 

アクティブファンドとは

アクティブファンド(active fund)とは証券投資信託のひとつで、証券会社が商品化したファンドの基準価格が平均株価指数(ベンチマーク)と呼ばれる指標よりも常に上回るように運用しているものを言います。

ファンドはベンチマークと呼ばれる株価指数などを目標としています。このベンチマークはさまざまで、ファンドによって異なります。たとえば、ベンチマークが日経平均株価(日経225)だとします。するとそのアクティブファンドの場合はこの日経平均株価の年間利回りを上回るような運用を目指します。

もちろん、高い運用成果を保証するものではありません。リスクを取って日経平均よりも高いリターンを目指す投資と言えます。

 

※ベンチマークとは

ベンチマークとは、簡単に言えば投資信託が運用の目標とする指標、または基準のことです。投資信託には、その投資信託が運用の目標とする指標が設定されており、それを『ベンチマーク』と呼びます。

 

アクティブファンドはファンド運用のためにファンドマネジャーといういわゆる水先案内人がいます。その役割は、市場を調査したり託された銘柄を分析した上で運用します。

アクティブファンドはファンドマネジャーの運用次第で高い成果を得ることができます。インデックスファンドは安定的に株を運用するのに対し、アクティブファンドはファンドマネージャーの下リスクを取ってリターンを得にいくファンドであると言えるでしょう。

 

アクティブファンドの運用

アクティブ・ファンドにはいくつか運用スタイルがあります。運用スタイルとは、投資を行う時にコアとなる考え方や手法のことをいいます。

代表的なものには、「グロース投資」と「バリュー投資」があります。聞いたことがある方もいらっしゃるのでは?この2つについて説明しましょう。

グロース投資とは

グロース(glowth)の言葉通り、成長株に投資することをいいます。

企業の成長性や収益性に着目し、将来性が見込める銘柄を選んで投資する方法です。

スポンサー

グロース投資の対象となる株は、成長性が高く見込めるため、市場平均に比べて株価収益率 (PER:Price Earnings Ratio)が高めになる傾向があります。

投資は常に将来の業績予測を基軸に行われるため、見通しを誤ると大きく値下りするリスクはあります。その反対に、その分だけ大きなリターンが見込めます。

バリュー投資

企業の資産や利益、キャッシュフローなどから企業価値(バリュー:value)を算出し、実際の株価と比べ、割安と考えられる株式に投資することです。

割安株投資ともいい、将来、妥当な水準まで評価されるのを待つ方法で株価収益率や株価純資産倍率 (PBR:Price Book-Value Ratio)などの指標を利用して、割安と考えられる銘柄を購入します。

運用それ自体はファンドマネジャーなど信託会社にお任せするのですが、購入はそういうわけにはいきません。いずれも運用の基礎的知識と、分析力が必要とされ、投資中上級者向けの投資法と言えそうです。

 

アクティブファンドのメリット

アクティブ・ファンドのメリットは、なんといっても市場平均以上の成果が期待できるという点です。有効性の高い運用手法を持つファンドを選択した場合は、一時的には利益を高く得ることができるからです。

 

アクティブファンドのデメリット

一方、デメリットはコストが高いこと。投資対象である市場や個別の銘柄に対し調査するため、それに掛かる費用など、全般的に信託報酬が高めに設定されているからです。

また、ファンド内で売買を頻繁に行うため、その度にコストがかさんでしまう傾向があることもデメリットと言えます。

 

まとめ

アクティブファンドは投資信託のひとつで、平均株価を常に上回るように運用を目指すものだということがわかりました。

手数料などはインデックスファンドよりも割高になりますが、運用成果が上がればかなりの利益を見ることができます。また、インデックスファンドが長期運用を前提にしているのに対し、アクティブファンドは短期で運用する傾向があります。

アクティブファンドは投資中・上級者向けのファンドと言えそうです。高い利回りなどにばかり目を奪われないよう、市場を分析する力を付けると良いですね。

 

こちらもどうぞ

インデックスファンドとは? <投資初心者にもかりやすく解説>

アクティブファンドとインデックスファンドの違い <初心者にも分かりやすく解説>