REITとは <投資初心者の方にも分かりやすく解説>

資産運用方法の一つとしてREITに投資する方法があります。REITとは何か、どのようなものかを投資初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

REITとは

REITとはReal Estate Investment Trustの略で「不動産投資信託」のことです。アメリカで始まり、日本で上場しているREITは日本のJをつけてJ-REITと呼びます。投資法人が投資家から資金を集めて不動産投資を行い、賃貸料収入や不動産売買益が配当金として分配されます。不動産投資は投資家が不動産を購入して運用するのに対し、REITは投資法人が保有する複数の不動産へ間接的に投資を行います。

 

7つの投資対象とREITの種類

REITの投資対象は以下の7つです。

・オフィスビル

・居住用住宅

・宿泊施設

・商業施設・店舗

・産業用不動産(工場など)

・ヘルスケア施設

・物流施設

一つの投資対象に特化した投資を行う「特化型」、2つの対象へ投資する「複合型」3つ以上への投資であれば「総合型」と、REITの種類は大きく分けて3つあります。広い地域にまんべんなく投資する「地域分散型」、ある地域に特化した「地域特化型」といった分け方もあります。

スポンサー





 

スポンサー

REITの投資形態

REITは株式投資のように個別銘柄へ投資を行います。REITには他に「REITファンド」と「REIT ETF」という投資形態があります。REITファンドは複数のREITへ投資する投資形態で、J-REITのみ投資するJ-REITファンド、海外のREITに投資するグローバルREITファンド、米国REITファンドなど様々な種類があります。

「REIT ETF」はREIT市場の値動きを示す指数と連動して運用する投資信託です。通常のREITに比べるとリターンは劣りますが、リスクをさらに抑えることができ、市場が開いている時間であればリアルタイムで取引を行うことができます。

 

REITの特徴とリスク

不動産投資は投資用マンションの購入や維持管理費などがかかり費用が高額になりますが、REITは1口10万円ほどの少額から始められます。プロが運用するため物件の取得や運用、管理をする必要がなく、また間接的に複数の物件へ投資するのでリスクが分散できます。配当率が高く、NISAとジュニアNISAの対象になっていることもREITのメリットです。

REITのリスクは投資している銘柄が上場廃止、倒産する可能性があること。それだけでなく物件が被災したり老朽化により価値が下がったりすることで価格や分配金の金額が変動することもREITの特徴的なリスクだといえるでしょう。