既存金融システムの核となる「中央銀行」とは?

現在では通貨や金融システムの安定に欠かせないのが「中央銀行」です。中央銀行には3つの役割があると言われています。それがどのようなものか、また中央銀行とはそもそも何か、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

中央銀行とは

中央銀行とは1国や特定地域の金融システムの中核となる公共的な銀行のことです。政府から独立した機関として通貨価値の安定と金融システムの維持といった役割を担っています。

【各国の中央銀行】
日本  :日本銀行
イギリス:イングランド銀行
EU   :欧州中央銀行(ECB)
アメリカ:FRS(連邦準備制度)〜連邦準備制度理事会(FRB)が全国の主要都市にある連邦準備銀行(FRB)を統括

 

中央銀行3つの役割

発券銀行

銀行券(紙幣)を独占的に発行しています。汚れて使えない物を廃棄するなどの管理業務も行なっています。

なお、硬貨については日本銀行(中央銀行)ではなく、政府が直接発行しています。

銀行の銀行

市中金融機関(民間銀行)は中央銀行に当座預金の口座を持っており、これを通じてお金を中央銀行に預けたり(預金)、中央銀行からお金を借りたりしています。

また、中央銀行は当座預金口座を使って市中金融機関の間の決済(手形の交換尻等)も行なっています。

スポンサー

政府の銀行

政府の資金(=国庫金:一般会計や特別会計の現金や公社の預託金等)を管理しています。この政府の資金の出納や国債の償還、利払い事務などを行なっています。

スポンサー




中央銀行の金融政策

中央銀行は上記3つの役割(=機能)を利用して下記3つの「金融政策」をおこなっています。

公定歩合操作

市中金融機関にお金を貸し出す際の金利を公定歩合と言います。

この公定歩合を操作することで間接的に市中金融機関の貸出金利を操作します。

公開市場操作

一般個人や民間企業も参加する公開されている金融市場にて国債等の債権を売り買いすることで市場金利を操作します。

預金準備率操作

市中金融機関に預金を中央銀行に預入させることで市中金融機関の資金量を調整します。

金融政策についてはこちらもご参照ください

まとめ

中央銀行は「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」という3つの役割・機能を利用して金融政策を行うことで、通貨価値の安定と金融システムの維持を図っています。