クラウドファンディングとは <特徴・投資・種類>

インターネットテクノロジーの発達によって次世代の金融とも言える「FinTech」が加速しています。FinTech時代の資産運用方法、資金調達方法である「クラウドファンディング」について初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、インターネット上で出資を募り資金を集めるサービスのことを言います。

企業は設備投資や新規事業を始めようとした場合、銀行などから融資を受けられない場合があります。個人の場合も実績が無い場合には銀行などから多額の融資を受けることが難しいのが事実です。

そこで個人や実績のない企業が出資を募りたいときに利用されるのがクラウドファンディングのサービスです。融資を受ける側の目標や志をプロジェクトとしてインターネット上に公開し、その内容に共感する人などが支援者となりお金を出資します。

クラウドファンディングの「群衆(クラウド)」「資金調達(ファンディング)」という名前の通り広い投資家から資金を調達するもので出資する側は多数いる為少額からの出資が可能なのも特徴の一つです。今までは出資する側は期間投資家や法人(銀行なども含む)に限られていましたが、FinTechが進みクラウドファンディングが広まるにつれこのようなピラミッド型の金融システムは変わりつつあります。

単に広い個人や法人から資金を調達できるという意味以上にクラウドファンディングは世界に大きな意味をもたらすサービスであると言えるでしょう。

スポンサー




スポンサー

クラウドファンディングの種類

そんなクラウドファンディングですが種類があります。応援の意味合いが強いものから投資としての意味合いが強いものまであります。クラウドファンディングに興味がある場合はこれらの種類を把握しておくと良いでしょう。

購入型クラウドファンディング

購入型は支援者が共感したプロジェクトに対して資金を出資、リターンがモノ・サービスであることが特徴です。一般的にクラウドファンディングと言うと、購入型のことを言います。

寄付型クラウドファンディング

寄付型は一般的な募金をインターネット上で行えるようにしました。被災地の支援や、復興などに使われることが多いのが特徴です。寄付を行ってもリターンはないのが寄付型クラウドファンディングです。

投資型クラウドファンディング

投資型は、寄付型・購入型と大きく異なるのは出資者へのリターン方法です。投資型はプロジェクの利益から配当として経済的なリターンを受けます。株式投資と同じイメージです。投資型のクラウドファンディングはソーシャルレンディングとも呼ばれており、ソーシャルレンディングは高い利回りが期待できる資産運用方法として近年注目を集めています。

参考

 

クラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングという言葉をメディアなどでよく聞くようになったのは最近のことです。しかし歴史は意外と古く、初めてクラウドファンディングが実施されたのはアメリカです。1884年自由の女神の設立の際建設途中で資金が底をついてしまった時に新聞を通して寄付を募ったのがクラウドファンディングの始まりと言われています。

今では新聞ではなくインターネットを通じて資金募集を行う事で世界中からの資金調達を可能にしているのです。