デリバティブ(金融派生商品)とは <投資初心者にも分かりやすい解説>

 

金融を学んでいると「デリバティブ(金融派生商品)」という用語を目にします。デリバティブ(金融派生商品)とは何か、投資初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

デリバティブとは

デリバティブ(Derivative)は日本語で「金融派生商品」と言われています。金融商品には債券、株式、金利、金などがありますがこれらの金融商品は将来的に価値が下がる、安定しないというようなリスクが必ずあります。そのようなリスクを軽減するために、将来売買する予定で取引をすることなどを前提とした取引をデリバティブと呼びます。

デリバティブは元の金融商品から派生した取引を行うことから「金融派生商品」と言われています。デリバティブ取引を作る事で元の金融商品のリスクが軽減されるのでデリバティブ取引はそのリスクを負担する役割を担う事になり、通常の投資取引よりも少しリスクが高くなっているイメージがあります。

 

デリバティブの種類

先物取引

デリバティブの中の一つに「先物取引」という取引方法があります。

価格が安定しない商品の場合、将来価格が上下する可能性があるので現時点で買手と売手の間で将来の決められた期日に決められた金額で商品を売買することを約束する取引方法です。

スポンサー

商品の将来価格がどのように上下するかは買い手も売り手も把握することができないので、現時点より商品の価格が高くなった場合買い手は価格が値上り分得をすることになり、逆に商品価格が下がった場合売り手が得をすることになります。

 

スワップ取引

スワップ取引のスワップとは「交換」という意味です。スワップ取引で交換されるのは金利と通貨です。将来的に金利変動のリスクヘッジすることを目的としています。変動金利・固定金利を別々に契約した2者の間で将来的に発生する金利を交換するのがスワップ取引です。

スワップ取引には2つあります。

金利スワップ・・・同じ通貨の利息を交換
通貨スワップ・・・異なる通貨の利息を交換

オプション取引

オプション取引のオプションは「権利」という意味です。オプション取引で交換されるものは株などです。株などが事前に決められている価格になった時に売買する権利を取引する方法をオプション取引と言います。買う権利のことをコールプション、売る権利のことをプットプションと言います。

参考