不動産投資とは <投資初心者にも分かりやすい解説>

資産運用で一般的とも言える「不動産投資」。ここでは不動産投資とは何か、について投資初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

不動産投資とは

不動産投資とは、収益を得ることを目的に不動産(一軒家、アパート、ビル、土地など)へ投資することです。不動産投資で得る収益には2つの種類があります。インカムゲインとキャピタルゲインです。

インカムゲインとは、不動産を購入して第三者へ物件を貸して家賃収入を毎月得る方法のことを言います。

キャピタルゲインとは、所有する不動産を売買することにより売却益を得る方法のことを言います。売却益を得る方法は、不動産価格が低い時に購入して、価格が上がった時に購入金額より高く売ると売却益が生まれます。

 

不動産投資の種類

ここでは不動産投資と言えば挙げられる主な投資方法を紹介していきます。

・アパート経営

アパート(集合住宅)一棟を購入して、第三者へ部屋を貸す。

・マンション経営

マンションの1室を購入して第三者へ部屋を貸す。

・戸建経営

スポンサー

一戸建て(建物+土地)を購入して第三者へ一棟貸しする。

・シェアハウス経営

都心を中心に増えている比較的新しい不動産投資の種類です。第三者へ自身が保有する部屋の一室を第三者に貸す。お風呂、トイレ、キッチンなどは共有部分があるのが特徴。

・駐車場経営

自身が保有している土地を駐車場として整備して第三者へ貸す。

・不動産投資信託(REIT)

不動産自体は保有せず、不動産会社の株を購入してその不動産会社の投資運用によって配当をもらう。”証券化不動産”とも呼ばれています。

スポンサー




利回りとは

利回りとは、1年間で投資金額に対してどれぐらいの利益が上がったかという投資効率を表した数値になります。不動産投資の利回りの算出方法は以下の通りです。

{(家賃収入ー経費)÷不動産購入金額}÷運用年数×100

経費の中には税金、管理費、保険料などを含みます。利回りは株式や債券などで言う利率と同じような指標です。利回りは賃借人がなかなか見つからない事や修理費などの経費が予想以上にかかってしまう事で想定されるものよりも低くなってしまう場合があるので不動産知識をしっかりとつけてから投資を行うのが良いでしょう。