外国国債・外債とは <投資初心者にも分かりやすい解説>

資産運用方法の一つに「外国債券への投資」というものがあります。外国国債とは何か、外債とは何かについて投資初心者にも分かりやすく解説をしていきます。⇔日本国債とは?

外国国債・外債とは

外国国債とは、外国政府が発行する債券のことを言います。外債とは外国債とも言われ、外国の企業で発行された債券のことを言います。ただし、外債と呼ぶものに外国国債も含まれる場合もあるので注意が必要です。

外債の特徴として日本国債・社債などに比べて利率が高く設定されていることです。利率が高い、つまりリターンが高いという事はその分リスクが高いなど、日本国債とは異なる状況下にあるという事なので利率の高さだけで投資をしてしまわないように注意しましょう。

債券とは

債券とは、企業、国、地方自治体などが資金調達を目的として発行する有価証券の事です。株式投資と同じように投資家は投資目的で債券を購入しますが債券は元本保証されているのに対し株式は元本保証されていません。

その理由は債券は私たちが銀行で住宅ローンなどを組むような「借金」という性質があるのに対し株式はあくまでも「企業の将来に向けた融資」である事が挙げられます。

債券の利息は株式の配当に比べて低いですが借金なので元本保証となります。特に国債は国が保証しているため債券の中でも特にリスクが低くローリスクローリターンの投資となります。

スポンサー

 

 

外国債の種類

外国債の種類は大きく分けて3つあります。

外貨建債券

債券の購入・利払い・償還金一連のお金の流れを全て日本円以外の外貨で行われる債券。為替相場の影響がある

円貸建債券

外国企業、政府などが日本国内で発行している債券。そのため債券の購入・利払い・償還金一連のお金の流れを全て日本円で行える。為替相場の影響を受けない

二重通貨建債券

二重通貨建債には2種類あります。

二重通貨建債(デュアルカレンシー債)・・・債券の払込と利息が同通貨で行われ償還が別通貨で行われます。

逆二重通貨建債(リバース・デュアル・カレンシー債)・・・債券の払込と償還が同通貨、利息の支払いが別通貨でおこなれます。外貨建ての部分のみ為替相場の影響を受ける。

 

外国債で発生する為替差益・為替差損とは

為替差益・為替差損とは、外貨の為替相場の変動により円に換算した時に発生する損益を為替差益・差損と言います。よく耳にする「円安」「円高」は為替相場によって影響されます。元となる外貨に対して円の価値が下がることを円安、逆に外貨に対して円の価値が高くなることを円高と言います。

外国債では為替レートの影響を受けるものが多いので資産運用する場合はある程度為替の知識をつけておいた方が良いでしょう。

 

こちらもどうぞ