日本国債とは <投資初心者にも分かりやすい解説>

 

数多くある投資対象の中に「国債」という商品があります。

ここでは日本国債について初心者の方にも分かりやすい解説をしていきます。

 

日本国債とは

 

日本国債とは日本国政府が発行する債券のことを言います。

国は施策を実施する場合や、道路、ダムなどを建てる際資金が足りなくなった時、足りない資金分を補うため国民・民間企業から資金を借りて施策や工事などを実行します。

その資金を借りるために発行するのが日本国債です。日本国債は日本が債券を発行し、その債券を国民が購入する事で資金を日本へ渡すので、国が国民に対して借金をしていることになります。

 

債券とは

 

債券とは、企業、国、地方自治体などが資金調達を目的として発行する有価証券の事です。

 

有価証券とは
株式・手形・小切手・商品券などのことを指し、その持ち主が誰かを示す証書

 

株式投資と同じように投資家は投資目的で債券を購入しますが債券は元本保証されているのに対し株式は元本保証されていません。

「元本保証」とは購入した分のお金が保証されている事です。「元本保証」が無ければ購入したお金は戻ってこなくても文句は言えません。

 

 

債券は元本保証されているのに対し株式は元本保証されていない理由は

債券は私たちが銀行で住宅ローンなどを組むような「借金」

という性質があるのに対し、

株式はあくまでも「企業の将来に向けた融資」

である事が挙げられます。

 

債券の利息は株式の配当に比べて低いですが借金なので元本保証となります。

特に国債は国が保証しているため債券の中でも特にリスクが低くローリスクローリターンの投資となります。

スポンサー

 

 

国債の種類

 

国債と一言で言っても発行目的や償還期間などが異なります。

 

発行目的別国債

 

・建国国債

建国国債は主に国が管理する道路や施設の建設に使われる場合の国債です。

 

・特例国債(赤字国債)

特例国債とは予算内に収まらず追加資金調達が必要になった場合、赤字国債とも呼ばれる。基本的には公共事業以外の用途で使用される国債を赤字国債と言います。

 

・復興債

復興債も国債に含まれます。2011年の東日本大震災の復興を目的とした財源確保のため。2011年〜2015年の期間で発行。

 

償還期間別国債(しょかんきかんべつこくさい)

 

償還期間(しょうかんきかん)とは債券が保有者へ払い戻されるまでの期間の事を言います。

国債ではいくつかの償還期間が設定されているものがあり、償還期間によって利率が変わります。一般に債券は償還期間が長ければ利率が高くなります。

 

・短期国債

1年以内に満期になる国債。取引単位が1,000万、法人向け国債。

 

・中期国債

償還期間が2年、3年、4年、6年の国債。個人向けに発行された国債。

 

・長期国債

償還期間が10年の国債。個人向けに発行された国債。

10年以上の償還期間の国債は超長期国債と呼ばれます。

 

日本国債格付け

 

”格付け”という言葉をよく耳にすると思います。国債の格付けというのは、特定機関が日本国の査定を行い安全性のランクをつける事で決められます。

格付けは日本国の今後の政治的見通し・財政状況など分析されて行われ、格付け結果は日本国債に投資しても元本割れせずに回収できるかなどの投資家が投資する際の判断材料となります。

 

格付けを行う有名な会社米国ムーディーズやスタンド&プラーズなどがあり、格付けの結果は「AAA」「BB+」「C」「D」アルファベットで評価されます。

B以下は債務不履行になる可能性があると判断された場合につけられます。

2018年4月現在では日本国債は多くの格付け会社で「A」や「A+」と格付けされています。(世界で第24位)

 

こちらもどうぞ