Crowdcredit(クラウドクレジット)の特徴・評判・メリットデメリットを徹底解説 <初心者も分かる!>

 

ソーシャルレンディングサービス事業者「Crowdcredit(クラウドクレジット)」の特徴・評判・メリットデメリットについて初心者の方にもわかりやすく解説をしていきます。

 

 

Crowdcredit(クラウドクレジット)とは

 

Crowdcredit(クラウドクレジット)はソーシャルレンディング・貸付型(投資型)クラウドファンディングと呼ばれるサービスです。

 

ソーシャルレンディング・貸付型クラウドファンディングとはインターネットを通じて広く投資家から資金を募集し、その資金を融資を受けたい事業者や個人に融資するサービスの事を指します。

 

借りたい事業者や個人は幅の広い投資家から資金を募集する事ができる為通常の資金募集よりも多くの資金を集める事ができる可能性があります。

対して出資する投資家は利回りが他の投資対象よりも高いので比較的高いリターン(利回り)を期待できる、というメリットがあります。

 

<ソーシャルレンディングサービス概要図>

 

ソーシャルレンディングやクラウドファンディングは新規事業に対する融資だけではなく個人や海外に向けて投資する事ができるので資産運用のポートフォリオ(どこに投資するかの方針)を組む上でも分散投資をする事ができる幅広い投資方法としても注目が集まっています。

 

 

Crowdcredit(クラウドクレジット)は海外融資専門

 

そんなソーシャルレンディング・貸し付け型クラウドファンディングサービスを提供するCrowdcredit(以下、クラウドクレジット)は主に海外に向けた融資を行うソーシャルレンディングです。

 

クラウドクレジットでは日本と世界の資金の流れを繋ぐ事で社会を豊かにしようという理念の元運営されています。

他のソーシャルレンディングサービスでは国内事業者向けに融資を行う事や国内不動産を担保にする事で貸し倒れを防いだり投資家に利息を分配する等の特徴を見せています。

そんな中でクラウドクレジットは世界を舞台にして社会貢献と資産運用を兼ねたサービスを提供しているのが最も大きな特徴です。

特に海外の個人ローンや事業者ローンに対して融資を行っています。

 

 

海外を対象としているのでリスクが高くなると思われますがそのリスクを現地状況を熟知した担当者や現地法人と協力する事でリスクを抑え、投資家にリターンがなるべく多くなるような仕組み(スキーム)を作っています。

 

募集されているファンド(ソーシャルレンディングではファンドを組んで資金を募集し、投資家からではなくファンドから融資が行われる仕組みになっています。ソーシャルレンディングのローンファンドについてはこちら)はそこまで多くはありませんが様々な国へ融資を行っていて、ソーシャルレンディングならではの資産運用×社会貢献を見る事ができるのも特徴と言えるでしょう。

 

Crowdcredit(クラウドクレジット)の3つの特徴

 

クラウドクレジットは主に3つの特徴があります。

 

特徴1 海外と繋がるソーシャルレンディング
特徴2 海外に子会社・パートナーを多く持つ強み
特徴3 リターン予想が公開されている

 

これらの特徴をそれぞれ初心者の方にもわかりやすく解説をしていきます。

 

特徴1 海外と繋がるソーシャルレンディング

 

先ほども述べましたがクラウドクレジットは海外事業者や海外の個人に投資するファンドを形成しています。

 

金融システムが日本ほど安定していない海外に対して融資を行う事で日本で余っている投資資金を海外に流す役割を目指しています。

 

日本では海外に投資する場合は外国株式や外国債券・海外ETFに投資する事で余剰資金を海外に流す事ができますがその選択肢は多くなく、特に発展途上国に投資を行う機会は自ら進んで選ばなければあまりありません。

しかしクラウドクレジットを通じて出資を行う事で発展途上国の高い金利でしか融資を受けられない、ローンを組めない人たちに安全で比較的低金利な融資を行う事ができます。

単なる資産運用だけではなく、社会貢献も兼ねた投資をする事ができます。

スポンサー

 

マイクロファイナンスと呼ばれる貧困している人たちに少額からの融資を行っているファンドもあり、国内に限定して融資を行っているソーシャルレンディング事業者とは一線を画しています。

 

 

また、日本という範囲内だけで投資を行っていると日本の自然災害や経済情勢の変化により自身の資産が一度に大きく損なわれてしまう可能性があります。

その為海外融資が基本のクラウドクレジットに投資をする事で国単位で分散投資をする事が可能になるメリットが存在します。

もちろんその国の自然災害や経済情勢の変化で資産が減ってしまう「カントリーリスク」も存在しますので注意が必要です。

 

 

特徴2 海外に子会社・パートナーを多く持つ強み

 

クラウドクレジットは海外融資が基本なので海外の情勢変化によるリスクが存在します。

そこでクラウドクレジットは海外に子会社や提携会社を多く持っており、現地の状況を常に調査できる体制を整えています。

 

このような体制は国内だけに投資を行っているリスクを減らし、海外投資という分散投資のリスクを減らす役割を持っているのでリスクをなるべく分散させたい投資家にとってのメリットになっています。

またクラウドクレジットでは海外融資の際に現地銀行が100%債務保証をする場合があるのでそのような場合でもリスクを減らして海外投資をする事ができるようになっています。

(債務保証は元本保証とは異なります)

 

 

特徴3 リターン予想が公開されている

 

クラウドクレジットでは毎月リターン予想が公開されています。

クラウドクレジットでは元本返済までの期間が7か月程度から長いものでは3年以上の融資が行われるので毎月のリターン予想公開を見て投資家は現状で返済や利息分配がどのように行われるのかを知る事ができます。

 

2018年7月からは分配チャートと呼ばれる機能が始まり、さらに自身の資産運用の戦略を立てやすくなっています。

 

 

もちろん中には元本割れしてしまう可能性があるものや期待リターンが減っているものがありますが、そのような状況を知る事で投資家が他の自身の資産をどのようなものに運用していけばいいのかを判断する材料になります。

またクラウドクレジットでは一定の手数料(出資金額の5.4%)を支払う事で解約する事ができるのもメリットの一つです。

他のソーシャルレンディング事業者では中途解約ができないものもありますので中途解約ができるのかどうかは確認しておくと万が一お金が必要になった時の為のリスクヘッジにもなります。

 

クラウドクレジットのデメリット

 

クラウドクレジットにはデメリットも存在しています。デメリットも知っておくことで投資のリスクを減らしてくれるでしょう。

 

募集ファンドが少ない事も

 

クラウドクレジットで募集されるファンド(投資先)はそこまで多くありません。

10以上の募集ファンドがある事も多い他のソーシャルレンディング事業者maneo(マネオ)などと比べると選択の余地が少ない事はデメリットと言えるでしょう。

ただし、貸し倒れリスクが常に付きまとうソーシャルレンディングでは事業者の審査を慎重に行ってもらう事も大切な事なので必ずしも募集ファンドが多い方が良いとも言えません。

自身の資産運用方針に合わせてソーシャルレンディング事業者は選びましょう。

 

海外融資ならではのリスクも

 

海外に融資している事で特徴的なサービスを提供しているクラウドクレジットですが海外に融資しているからこそのデメリットももちろん存在しています。まず為替レートの変動リスクがある事です。

為替リスクを減らす為に海外FX企業と提携しているのでリスクが大きくはありませんが国内融資型ファンドに比べれば為替リスクが存在しているのは事実です。

 

 

また金融システムの確立していない発展途上国への融資が多いので急激な経済状況の悪化が起きてしまうと対応できずに元本割れが起きてしまうリスクも認識しておくべきでしょう。

(このようなリスクを「カントリーリスク」と言います)

 

 

Crowdcredit(クラウドクレジット)に登録する為に必要なもの

 

クラウドクレジットに登録し、投資する為には

・メールアドレス、個人情報登録
・本人限定受け取り書類の受領

 

が必要です。これらをあらかじめ完了しておく必要がありますので投資を行おうと思っている方は注意が必要です。