ポートフォリオとは <投資初心者にもわかりやすく解説>

資産運用や投資を行っていく上で大切なのが「ポートフォリオ」の作成です。ポートフォリオとはどのようなものなのか、初心者の方にもわかりやすく解説をしていきます。

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは、自分が所有している資産(投資信託、株式、債券、預金など)の組み合わせのことをいいます。英語でポートフォリオ(portfolio)は「書類を入れるケース」を意味し、以前はそうしたケースに紙の明細書を挟んで管理していたことが語源となっています。

投資を始める時に、自分の思いつくまま、人気があるからといった理由で偏った資産運用をしたり、過剰な金額を投資したりすると大きな損失を被ることにつながります。また、日本の株や債券、投資信託ばかり購入していると、円の価値が下がれば保有資産全体の価値が下がります。

その為商品の内容・特徴を把握して、日本だけではなく海外の先進国、新興国にもバランスよく投資することがリスクを分散して長期的に投資するのには欠かせません。このために必要となるのが資産運用の基本設計図となるポートフォリオなのです。

スポンサー




スポンサー

ポートフォリオの方向性分類

ポートフォリオは自分がどのような資産運用をしたいのかによって構成が変わります。資産運用の方向性は大きく分けて3つ。

リスクは大きいが得られるリターンも大きい「積極運用型」(ハイリスクハイリターン)、大きなリスクを取るつもりはないが、リターンはある程度得たい「安定・成長型」(ミドルリスクミドルリターン)、そしてリターンは低くなってもいいのでリスクを抑えたい「安定型」(ローリスクローリターン)に分けられます。

「積極運用型」は値動きの激しい株式などの割合を高くしてポートフォリオを組む運用方法ですが、値上がりの激しい商品に投資した場合、値下がりした時に値上がりを待つ十分な時間を確保できる若年層かリスクを許容できる余剰資金がある人に向いているといわれています。

 

ポートフォリオを組む

ポートフォリオの内容を検討することを「ポートフォリオを組む」と言いますが、ポートフォリオを組む時は自分の「資産」「年齢」「収入」で自分に合った内容を考えましょう。

ポートフォリオは具体的な金融商品や資産の組み合わせのことを指すのに対し、おおまかな資産の割合のことを「アセットアロケーション」といいます。また、ポートフォリオは定期的に見直す必要があります。自分の投資比率を見直し、再配分を行うことを「リバランス」といいます。