外貨預金とは <初心者にもわかりやすく解説>

 

資金運用方法の一つである「外貨預金」について知識を深める事でどのような資産運用が自身に合っているのかを知るきっかけにしましょう。

外貨預金とは

外貨とは、私達が普段使う日本円以外の世界各国のそれぞれに流通しているお金を指します。従って外貨預金とは、私達が銀行口座の中に預金している日本円を外貨に替え預金するという事です。

日本円を外貨に替えるには、外貨に対しての日本円の価格が決められているので外貨預金を行う為には外貨の売り買いをまずしなければなりません。その為外貨預金では始める際に現在のレートが自分にとって有利なものか、不利なものか(今は円高なのか・円安なのか)を知っておくことが第一歩となります。

外貨預金は日本円を銀行預金するのとは異なりレートの上下によって元本割れ(元の預けたお金よりも減ってしまう)してしまう事があるので預金をするタイミングを見極めるのが重要であると言えるでしょう。

 

外貨預金を使った資産運用

近年では街中で外貨預金を利用する資産運用を勧める広告を見かけることが多くなりました。

外貨預金は主に銀行などが仲介しており、外貨預金を行う場合にはいくばくかの手数料を銀行に支払います。その為外貨預金を始める場合には手数料の分だけ損をする所からスタートであるという事も認識しておくと良いでしょう。

スポンサー

もちろん外貨預金は必ず利益や元の日本円の金額が補償されるものではありません。先にも述べたように為替レートによっては、円安の場合には利益を生み出す可能性もありますが逆に円高の場合には、元の資金を下回る元本割れを起こす可能性もあります。

ただ外貨預金は金利が付きます。「預金」なので銀行に貸している状態になりその分貸し手である私たちに銀行は利息を支払うのです。そのため為替レートで得をして利息でさらに利益を増す、という事もあります。

 

為替手数料と為替レートについて

外貨を取り扱う銀行では日本円を外貨に替える時に銀行毎に手数料を設定しています。外貨を買う時には為替レートの買い値の値段に手数料を上乗せされた金額で外貨預金が行われ、売る時には為替レートの売り値の金額から手数料が引かれます。従って、買い値と売り値は同じ種類の外貨でも値段が違うことになります。

単純に為替レートを見る場合、円高時にはより多くの外貨が手に入るので「買い」を、円安時には外貨の価値が高くなるのでより多くの円が手に入る「売り」を行えばいい様に考えられますが、手数料が存在する為、少し円安になったからと、「売り」を行っても利益になりません。これらの要件から利益の出るように計算する必要があります。

外貨預金を行う際には、以上の要件を考慮し同行を観察し、外貨預金を行うか検討し、銀行などで詳しく説明を受けるのも一つの手でしょう。