ノンリコースローン(責任財産限定特約付融資 )とは <わかりやすく解説>

 

ソーシャルレンディングでは多くの場合「ノンリコースローン(責任財産限定特約付融資 )」という貸付形式が取られます。ノンリコースローンがどのような場所で利用され、どのような意味なのか初心者の方にもわかりやすく解説をしていきます。

ノンリコースローン(責任財産限定特約付融資 )とは

ノンリコースローン(責任財産限定特約付融資 )とは簡単に言えば「貸し手に返済する義務を負っている財産からの収益だけを返済に充てる事が決められた融資」の事を言います。

ノンリコースローンを理解する為に簡単な例を挙げます。

A社はB銀行から100万円の融資を受けました。その100万円は不動産投資を行う予定です。

通常の融資契約であれば100万円を融資してもらってからの返済はA社の全体の事業収益の中や、返済できなくなればA社の持つ様々な財産(不動産や他の事業)を売却してB銀行に返済する事になります。

対してノンリコースローンの場合は100万円融資を受けて行う不動産投資事業の収益や売却益の範囲内で返済が行われます。

つまり100万円で行った不動産投資事業が返済原資(返済の元となる資産)となりA社の他の事業や財産はその返済義務範囲ではなくなるというのがノンリコースローンです。

スポンサー

その為この例の場合では基本的に返済は不動産投資の収益によって行われ、その事業がマイナスになれば返済できなくなりますので事業投資していた不動産を売却する等で返済に充てられる事になります。

スポンサー




ノンリコースローンのリスクとリターン

ノンリコースローンでは借り手が貸し手に対し返済の範囲を定めている融資なので貸し手は通常の融資よりもリスクが高くなってしまいます。例え借り手が多くの資産を持っていたとしても返済義務の範囲が狭いので返済原資が足りなくなり返済できなくなってもそれ以上の返済を要求できないからです。

その為リスクの大きい貸し手はノンリコースローンを組む場合は利息(リターン)が大きく設定されます。リスクに見合ったリターンを提示しなければ融資する人がいなくなってしまうという金融の基本がここでも当てはまります。

ソーシャルレンディングでよく見るリコースローンでは不動産が対象となっています。不動産であれば収益の範囲が分かりやすい(賃貸収入など)事や貸し手借り手もどのくらいの収益があるのかをある程度見通す事ができます。しかし現在では不動産分野だけではなく収益の見込みが通しやすいとされる事業でも利用される場合があります。ソフトバンクがボーダフォンを買収した際も利用されました。

子会社を作る場合も

また新規事業を行う場合に100%子会社を作ってノンリコースローン融資を受ける場合もあります。先ほどの例で言えばA社が新たな事業を行う為の100%子会社C社を作りそこへB銀行からノンリコースローン融資を受けます。

するとC社の新規事業が失敗してもA社は融資分の返済をA社の事業収益や財産から行わなくてもいい為C社が返済できる範囲内で返済する事になります。その為新規事業に積極的に企業が挑戦できる事になります。そのような背景からもノンリコースローンは発展していきました。

このような事を知っているとソーシャルレンディングやクラウドファンディングで出てきた時にどのくらいのリスクがあるのかや、スキームの内容を知る事ができます。また金融を学ぶに当たっても金融システムがいかに企業成長・国の経済成長に欠かせないものかが理解できると思います。