maneo(マネオ)の口座開設/本人確認方法と注意点

 

ソーシャルレンディング・配当型クラウドファンディング業界大手「maneo(マネオ)」の口座開設方法と注意点を初心者の方にもわかりやすく解説をしていきます。

ソーシャルレンディング・配当型クラウドファンディングとは

ソーシャルレンディング(配当型クラウドファンディング)とは「社会的な(ソーシャル/Social)」「貸しつけ(レンディング/Lending)」つまり社会に開かれた貸しつけサービスの事を指します。

貸しつけ、つまり融資は基本的にお金を多く持っている人が不足している人に融通する(貸す)事ですがこれを広く投資家からお金を集めてそのお金を借りたい人に貸すという社会に開かれた方法がソーシャルレンディングです。

その為個人がお金を融通してほしい人に借り手それぞれの信用力の元貸す事ができるので個人は少額から融資できる借り手は多くの人からお金を募集できるというメリットが発生します。

インターネットの普及により物理的に離れた人々が繋がる事ができるようになった事やネット情報のセキュリティが強化され海外を中心に爆発的に広まった次世代の金融サービスであると言えるでしょう。ソーシャルレンディング・配当型クラウドファンディングについて詳しくは以下をご参照ください。

maneo(マネオ)とは

maneo(マネオ)は業界大手のソーシャルレンディング・配当型クラウドファンディングサービスを提供する企業です。2008年に日本で初めてソーシャルレンディングサービスを開始した企業でもあります。

maneoは資金融資を受けたい企業に対し個人や法人などから募集した資金を貸し付けるソーシャルレンディングサービスを行っています。貸し付ける相手の審査や担保設定をmaneoが行う事で資金を提供する貸し手のリスクを軽減しています。

その案件の多くは不動産ファンドで借り手である企業は不動産を運用して利益を得ています。担保も不動産が多いので不動産価格が大きく下落してしまった場合は元本割れしてしまう可能性もありますが銀行預金などと比べて大きな利回りが期待できるので次世代の資産運用方法として注目されています。

またmaneoは成約手数料や事務手数料が無料なのでお得にソーシャルレンディングサービスを利用する事ができます。

maneoの特徴やメリット、評判はこちらで詳しく解説しておりますのでご参考にしていただければと思います。

maneoの口座開設方法

maneo IDの発行

maneo(マネオ)の公式サイトへログインします。

「投資口座開設」を選択します。

外国籍の方、75歳以上の方、法人の方は別方法でも登録になります。このページでは個人での投資口座解説を行う為のものです。

ID(ニックネーム)・パスワードなどを決め、順番に入力していきます。入力が完了したら最下部の「登録内容を確認する」を選択します。

登録内容に誤りが無ければ「maneo ID登録」を選択します。これでIDが発行されます。

投資口座開設

続いて投資口座を開設していきます。

「投資口座開設」を選択します。

利用規約などを確認していきます。1~6までのPDFをよく確認した後「私は、「同意および確認事項」書面の内容に同意いたします」にチェックを入れ「同意して適合性確認へ」を選択します。

収入・資産状況、投資経験、投資家としての投資に関してを記入していきます。対面確認コードは入力しなくても大丈夫です。そして「投資家申請へ」を選択します。

スポンサー

個人情報を入力していきます。銀行口座までの登録が完了したら「申請内容を確認する」を選択します。

内容に誤りが無ければ「投資家申請」を選択します。これで投資家申請は完了です。

本人確認書類提出

続いて本人確認書類を提出します。

提出する本人確認書類は

免許証・パスポート・写真付き住民基本台帳カード・在留カードなど

預金通帳・キャッシュカード・ネットバンク残高画面など

です。また提出方法は

インターネット・携帯メール・FAX・PCメール・郵送

から選択できます。最も早くて便利なインターネットアップロードでの提出をおすすめしますが方法は自身に合ったものを選びましょう。

上画面の指示に従い本人確認書類を提出します。

これで本人確認書類の提出は完了です。あとはmaneoからハガキが届きますので受取後本人確認キーを設定する事で投資を行う事ができます!

本人確認キー入力

ハガキが届きます。

ハガキが届いたら登録の際に決めたIDとパスワードを入力してログインします。

「本人確認キーの入力」箇所にハガキに記載されている「お客様の本人確認キー」を入力し、送信を選択します。

これで登録は完了です!