KALAIS(カライス)徹底解説!<特徴・評判・手数料・使い方>

 

資産運用に興味があって投資信託を購入してみたいと思っても、どんな銘柄を購入すれば良いか分からず途方に暮れてしまいますよね。

勉強する時間も作れない…そんな方を助けてくれるのがロボアドバイザーの「KALAIS(カライス)」です。

KALAISでは簡単な質問に回答するだけでおすすめの投資信託を紹介してくれます。

自分で購入する必要はありますが、おすすめされる銘柄は1本だけですし、その後の管理がほぼ不要な手間のかからない銘柄です。自分で管理しつつも楽に資産運用ができてしまいます。

本記事ではそんな「KALAIS」について解説します。

 

KALAIS(カライス)とは

 

KALAISは証券会社の東海東京証券株式会社が提供しているロボアドバイザーサービスです。2016年11月に発表されました。

 

東海東京証券株式会社
愛知県に本拠を置く証券会社。設立は平成20年。母体は東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社。

 

KALAISは質問への回答を元にリスク許容度を診断し、おすすめ銘柄を提案してくれる「アドバイス型」のロボアドバイザーです。

 

ロボアドバイザーには2種類あり

  • ほったらかし型(投資一任型)ロボアドバイザー
  • アドバイス型ロボアドバイザー

があります。

 

ほったらかし型(投資一任型)ロボアドバイザーは「投資先の決定」から「日々の資産配分の調整など」まで全てを自動で任す事ができるサービスです。

一方、アドバイス型ロボアドバイザーは基本的には「あなたへのおすすめ投資先」を提示してくれる投資アドバイスをロボットが行ってくれるサービスとなります。

 

KALAISは後者の「アドバイス型ロボットアドバイザー」にあたりますので、「投資アドバイスをロボットが行ってくれるサービス」です。

つまりどのような投資を行うのが適切かアドバイスを行ってくれるのです。

 

 

ですのでKALAISは購入や運用自体は自分で判断して行う必要があります。

ただし、KALAISでは提案される銘柄は1つだけです。その銘柄を購入しておけば分散投資やリバランスが自動で行われるため、購入やポートフォリオのメンテナンスにかかる手間は少ないです。

投資信託の購入から管理まですべてお任せしたい場合には向いていませんが、ロボアドバイザーの使用手数料が無料など、アドバイス型ならではのメリットもあります。

 

使い方

 

KALAISでは、7つの質問に回答することで5段階のリスク許容度の診断、eMAXIS最適化バランスシリーズの中から選ばれたおすすめ銘柄の提案等が受けられます。

スポンサー

 

eMAXIS最適化バランスシリーズとは?

 

eMAXIS最適化バランスシリーズは、三菱UFJ国際投信が運用している「eMAXIS」というノーロード・インデックスファンド・シリーズの中の1シリーズです。

※ノーロード:購入時の手数料が無料

※インデックスファンド:日経平均株価などの指数と同じ値動きを目指す投資信託

eMAXISは2009年に誕生し、2016年7月末時点で2,000億円以上が投資されています。

eMAXIS最適化バランスシリーズには以下の5種類の銘柄があります。

  • eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー)
  • eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー)
  • eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)
  • eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)
  • eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー)

ノーロード投資信託なので、購入手数料は無料です。コストとしては、信託報酬年率0.54%(税込)やその他費用がかかります。

eMAXIS 最適化バランスでは1つの銘柄内で複数のアセットへの分散投資がなされますまた、運用会社側で勝手にリバランスを実施してくれます。管理が手軽で忙しい方にぴったりです。

 

ちなみに三菱UFJ国際投信が運営するロボアドバイザー「PORTSTAR(ポートスター)」でもeMAXISシリーズの中からぴったりの投資信託をおすすめしてくれます。気になる方は利用してみてもいいかもしれません。

 

診断の流れ

 

KALAISではまず

  • 年齢
  • 資産のうちどれくらいをKALAISで運用したいか
  • 運用目的

など、7つの質問に回答します。

その結果を元にリスク許容度投資タイプおすすめのファンドを診断。

投資タイプは「攻撃は最大の防御タイプ」などのキャッチフレーズとともに提示され、リスク許容度に合ったeMAXIS最適化バランスの銘柄がおすすめされます。

他にも過去の値動きを元にした運用成果シミュレーションや、おすすめ銘柄の分散投資先の割合特徴をひと目で分かる形で紹介してくれます。

そのまま新規口座開設・購入手続きを進めることも可能です。

 

手数料

 

KALAISの利用自体に登録や口座開設は不要です。利用料も無料です。

実際に投資信託を購入する際には信託報酬やその他コストがかかります。

1万円から投資信託を購入できます。積立投資も可能です。

 

まとめ

 

東海東京証券株式会社が提供するアドバイス型のロボアドバイザー、KALAISの概要について解説しました。

三菱UFJ国際投信が運用する5種類のeMAXIS最適化バランス銘柄のうち1つを提案してくれます。

eMAXIS最適化バランス銘柄は1本だけ購入すれば分散投資が可能で、リバランスも自動で運用会社側で行われるということを考えると、資産運用が手軽で楽というメリットもあります。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに先ほども紹介しましたが、KALAISが提案するeMAXIS最適化バランスシリーズを運用する三菱UFJ国際投信も「PORTSTAR」というロボアドバイザーサービスを提供しています。

PORTSTARはKALAISと同様にeMAXIS最適化バランスの5つの銘柄から1つをおすすめしてくれます。こちらも合わせてチェックしてみるといいかもしれません。

 

こちらもどうぞ