「野村のゴールベース」徹底解説!<特徴・使い方・手数料>

 

「投資信託に投資してみたいものの、どの商品に投資すればよいのか分からない」という時に強い味方になるロボアドバイザー。

証券会社大手の野村證券が「野村のゴールベース」というロボアドバイザーを提供しています。

このロボアドバイザーを使うと心理テストのように楽しみながら自分に合った資産運用ができるようになっています。

本記事ではこの「野村のゴールベース」について解説します。

 

「野村のゴールベース」とは

 

「野村のゴールベース」は大手証券会社の野村證券が提供している、2016年11月から開始されたロボアドバイザーサービスです。

野村総合研究所と共同開発して作成されました。

 

野村のゴールベースは質問への回答を元にリスク許容度を診断し、ポートフォリオを作成してくれる「アドバイス型」のロボアドバイザーです。

 

ロボアドバイザーには2種類あり

  • ほったらかし型(投資一任型)ロボアドバイザー
  • アドバイス型ロボアドバイザー

があります。

 

ほったらかし型(投資一任型)ロボアドバイザーは「投資先の決定」から「日々の資産配分の調整など」まで投資の全てを自動で任す事ができるサービスです。

一方、アドバイス型ロボアドバイザーは基本的には「あなたへのおすすめ投資先」を提示してくれる投資アドバイスをロボットが行ってくれるサービスとなります。

 

野村のゴールベースは後者の「アドバイス型ロボットアドバイザー」にあたりますので、「投資アドバイスをロボットが行ってくれるサービス」です。

つまりどのような投資を行うのが適切かアドバイスを行ってくれるのです。

 

 

「野村のゴールベース」は具体的な投資信託もおすすめしてくれますが、購入や運用自体は自分で判断して行う必要があります。

ただし、野村のゴールベースでは提案される銘柄は1つだけです。

その銘柄を購入しておけば自動で分散投資が行われるため、購入やポートフォリオのメンテナンスにかかる手間は少なくすみます。

 

なぜ1銘柄で分散投資?

投資信託は複数の投資商品をパックにして販売される投資商品です。

その為1つの投資信託の中に「アメリカ市場へ投資」「中国市場へ投資」「日本債券に投資」・・・など、様々な場所や投資対象の商品が入っている事があります。なので「1銘柄の投資信託」であっても実情は「複数銘柄の投資商品」になっている事があり、分散投資を実現しているのです。

 

投資信託の購入から管理まですべてお任せしたい場合には向いていませんが、ロボアドバイザーの「利用手数料が無料」等といったアドバイス型ならではのメリットもあります。

 

利用方法

▲「野村のゴールベース」利用画面(出典:https://www.nomura.co.jp/goalbase/)

 

野村のゴールベースでは

  • マイ タイムライン」=将来予定しているライフイベントから資産運用を考える
  • 投資家タイプ診断」=質問への回答から資産運用を考える

2種類の診断が用意されています。

資産運用シミュレーションができたり、自分に最適な「のむラップ・ファンド」銘柄を知れたりします。

 

のむラップ・ファンド

 

「のむラップ・ファンド」は野村アセットマネジメントが運用する投資信託で、

  • 保守型
  • やや保守型
  • 普通型
  • やや積極型
  • 積極型

の5種類があります。

これらの投資方針でそれぞれ

  • 国内株式
  • 国内債券
  • 外国株式
  • 外国債券
  • 世界REIT

の5つのアセットに分散投資がなされます。

スポンサー

資産配分比率が定期的に見直されたり各アセットの比率が一定以上上下した場合にリバランスされたりするため、ファンドの管理も安心です。

なお、購入手数料が1.08%(税込)信託報酬が1.1664~1.4904%(年率・税込)、その他費用・手数料がかかります。

この「のむラップ・ファンド」の中で選ばれた1つの投資信託に投資をする事で分散投資が可能になる、というわけです。

 

次に、「マイ タイムライン」と「投資家タイプ診断」について詳しく見ていきましょう。

 

マイ タイムライン

 

「マイ タイムライン」ではまず、生年月日や年収等の4つの質問に答えます。

その後、自分の人生に見立てた直線上にライフイベントのアイコンをマウスでドラッグ&ドロップしてライフプランを決定。

例えば、2018年に結婚(支出300万円)、2020年に第一子誕生(養育費715万円)、2022年に第二子誕生(養育費715万円)、といったアイコンが用意されています。旅行や住宅・自動車購入などを追加・削除することもできます。

それぞれのライフイベントはアイコンをクリックすることで詳細設定が可能。

使い方はサイト上で丁寧にレクチャーしてくれるのでご安心を。

完成したら今後の収入予定と支出予定の一覧表や、資産推移のシミュレーションが表示されます。結果をグラフで表示してくれるため分かりやすいです。

他にも、自分と似たタイプの人は

  • 金融資産のうちどれくらいを投資に回しているのか
  • 金融資産構成はどんな風になっているのか
  • それぞれのライフイベントにいくらくらい使っているのか

についても解説してもらえます。

各ライフイベントでどれくらいの資金が必要なのかについてデータに基づいた詳しい解説を読むこともできます。どのイベントにどれだけのお金がかかるのか見通しが立ってとても便利です。

また、結果ページから「かんたん投資ヒアリング」を利用して「リスク許容度」「初期投資額」等を診断、投資シミュレーションに反映することもできます。

この「かんたん投資ヒアリング」では投資経験や直近の大きな支出など、投資・家計の状況について6つの質問がなされます。

結果ページからはおすすめされる「のむラップ・ファンド」の購入手続きに進むこともできます。

 

「投資家タイプ診断」

 

「投資家タイプ診断」では、質問への回答から投資家としての性格(投資家タイプ)リスク許容度の診断を行ってくれます。

投資家タイプは診断すると楽しいだけですが、リスク許容度は資産配分や運用シミュレーション、「のむラップ・ファンド」のおすすめに利用されます。

投資家タイプは性格を16種類に分ける理論を参考にして野村総合研究所が作成した質問・解説から成っています。

診断結果ページに至るまでの流れとしては以下の通りです。

  1. 投資家タイプ診断:14問の質問。性別や年齢、部屋の中央と壁側のどちらのソファに座るかといった心理テストのような質問から構成。
  2. 投資のゴールと目標金額の設定:何のために投資をするのか、「住宅購入頭金」「自動車」「海外旅行」などから金額とともに選択。
  3. 想定投資金額の設定:一括での投資か積立での投資かを選択し、金額を選択。
  4. リスク許容度診断:6問の質問。「マイ タイムライン」における「かんたん投資ヒアリング」と同様、投資経験や直近の大きな支出など、投資・家計の状況についての質問から構成。

 

これらの質問に回答すると投資家タイプ診断結果が表示されます。

例えば「あなたは、アディショナルタイムでゴールを決めるタイプの投資家です。」といったキャッチコピーと詳しい解説、ユーモラスな絵が出てきて、結果はSNSで共有もできます。

 

また、

  • 5段階のリスク許容度のうちどのタイプか
  • おすすめの資産配分比率
  • 運用資産推移シミュレーション
  • おすすめ銘柄

が提示されます。

なお、資産配分先は以下の5つのアセットです。

  • 国内株式
  • 国内債券
  • 外国株式
  • 外国債券
  • 世界REIT

「のむラップ・ファンドとは」をクリックし、商品名をクリックすると新規口座開設や購入手続きに進むこともできます。

 

手数料

 

野村のゴールベースの利用自体に登録や口座開設は不要です。誰でも診断を試してみることができます。利用料も無料です。

なお、実際に投資信託を購入する際には別途口座開設や買付手続きが必要です。

購入手数料1.08%(税込)、信託報酬1.1664~1.4904%(年率・税込)、その他費用・手数料もかかります。

 

まとめ

 

野村證券が提供するアドバイス型のロボアドバイザー、野村のゴールベースの概要について解説しました。

大手証券会社が提供するという安心感はありますが、信託報酬や購入手数料等のコストが比較的大きい点は気になります。

他のロボアドバイザーと比較した上で投資信託を購入するかどうかを判断した方が良いでしょう。

野村のゴールベース自体の利用は無料ですので、一度利用しても良いでしょう。

 

こちらもどうぞ