PORTSTAR(ポートスター)徹底解説!<特徴・使い方・手数料>

 

ロボアドバイザーは投資初心者の強い味方ですが、「資産運用すべてをお任せするのは嫌だな。手数料もかけたくない。」と感じることもあるでしょう。

しかし、ロボアドバイザーに購入や運用をお任せしないとなると、上手に分散投資するためにたくさんの種類の投資信託が必要となり、よく分からなくなってきますよね。

そこでおすすめしたいのが、「三菱UFJ国際投信株式会社」が提供する「PORTSTAR(ポートスター)」です。

簡単な質問に回答するだけでどのように資産を投資先に配分すれば良いか、そしておすすめの投資信託を1本だけ提案してくれます。その1本で分散投資も資産配分のメンテナンスも自動で行ってくれてとてもシンプルです。

本記事ではこの「PORTSTAR」について解説します。

 

PORTSTAR(ポートスター)とは

 

PORTSTARは投資信託の運用会社である三菱UFJ国際投信株式会社が提供しています。

2016年3月31日から開始されたロボアドバイザーサービスです。

ロボアドバイザーのロジックには、アメリカでロボアドバイザーの実績があるイボットソン社のノウハウが活用されています。

 

PORTSTARは質問への回答を元にリスク許容度を診断し、ポートフォリオを作成してくれる「アドバイス型」のロボアドバイザーです。

 

ロボアドバイザーには2種類あり

  • ほったらかし型(投資一任型)ロボアドバイザー
  • アドバイス型ロボアドバイザー

があります。

 

ほったらかし型(投資一任型)ロボアドバイザーは「投資先の決定」から「日々の資産配分の調整など」まで全てを自動で任す事ができるサービスです。

一方、アドバイス型ロボアドバイザーは基本的には「あなたへのおすすめ投資先」を提示してくれる投資アドバイスをロボットが行ってくれるサービスとなります。

 

「PORTSTAR」は後者の「アドバイス型ロボットアドバイザー」にあたりますので、「投資アドバイスをロボットが行ってくれるサービス」です。

つまりどのような投資を行うのが適切かアドバイスを行ってくれるのです。

 

 

具体的な投資信託をおすすめはしてくれますが、購入や運用自体は自分で判断して行う必要があります。

ただし、PORTSTARでは提案される銘柄は1つだけです。

その銘柄を購入しておけば分散投資やリバランスが自動で行われるため、購入やポートフォリオのメンテナンスにかかる手間は少ないです。

すべてお任せしたい場合には向いていませんが「自分で自由に投資信託を購入できる」「ロボアドバイザーの使用手数料が無料」といったアドバイス型ならではのメリットもあります。

 

使い方

▲PORTSTARの利用画面 (出典:https://portstar.mukam.jp/)

 

PORTSTARでは、5つの質問に回答することで5段階のリスク許容度の診断、ポートフォリオの提案等が受けられます。質問にかかる時間はたったの1分ほどです。

まずは予定している投資期間や投資方針、好みの値動き等5つの簡単な質問に回答します。

スポンサー

 

▼質問回答画面

(出典:https://portstar.mukam.jp/)

 

すると、リスク許容度の診断結果やおすすめの資産配分、過去の値動きが提示されます。

 

▼診断結果画面

(出典:https://portstar.mukam.jp/)

 

資産配分先は以下の8つのアセットです。

  • 新興国株式
  • 先進国株式
  • 国内株式
  • 先進国リート
  • 国内リート
  • 新興国債券
  • 先進国債券
  • 国内債券

 

また、おすすめの銘柄が1つだけ提案され、詳細を確認したり、他の銀行や証券会社からの購入が可能です。

 

▼投資信託のおすすめ画面

 

おすすめされる投資信託は、三菱UFJ国際投信が運用しているeMAXISシリーズの5種類のバランスファンドの中から選ばれます。

  • eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー)
  • eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー)
  • eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)
  • eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)
  • eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー)

 

このバランスファンドでは、複数のアセットへの分散投資やリバランスを運用会社側で実施してくれます。

購入すべき銘柄が1つだけですし、リバランスも勝手に行ってくれるので、管理も楽ですよね。

なお、自社の商品をおすすめしているわけなので、必ずしも中立的な立場からユーザーに最適な投資信託を診断しているわけではない点には注意しておきましょう。

 

ちなみに、「ポートステーション」というサイトでは、動画やマンガ、ストーリー形式での説明などのコンテンツが充実しており、eMAXISについて分かりやすく学ぶことができます。

 

手数料

 

PORTSTARの利用自体に登録や口座開設は不要です。誰でも診断を試してみることができます。利用料も無料です。

なお、実際に投資信託を購入する際にはPORTSTARが提携している銀行や証券会社からの手続きが必要です。

※メガバンクは三菱UFJ銀行、ネット証券はSBI証券・楽天証券・マネックス証券などです。

 

投資信託の購入における手数料は無料ですが、信託報酬は上限0.54%(税込)、その他にも費用がかかります(金額は非公開)。

 

まとめ

 

三菱UFJ国際投信株式会社が提供するアドバイス型のロボアドバイザー、PORTSTARの概要について解説しました。

自社商品5つの中から1本をおすすめするという内容です。

  • 投資信託を1本だけ購入すれば良い
  • リバランスも自動で行われる

といった点は資産運用をとてもシンプルかつ手軽にしてくれて便利です。

 

また、メガバンクの三菱UFJ銀行の系列会社が提供しているということで安心感もあるでしょう。

いろんな投資信託を提案されてもよく分からないという方、有名企業のサービスで安心したいという方におすすめです。

登録無し、手数料無しで診断できますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

こちらもどうぞ