ソーシャルレンディングが資産運用に向いている4つの理由<初心者向け>

 

効率的な資産運用として注目を浴びているソーシャルレンディング

「老後や万が一のときに備えて預貯金を増やしておきたいけど、銀行の定期預金では利率が低すぎるから別の方法を考えたい」という方。

ソーシャルレンディングは、資産運用の初心者でも気軽に始められる、効率的な資産運用方法です。

この記事では、ソーシャルレンディングが資産運用に向いている理由を4つご紹介します。

すぐに資産を増やし始めたいけど手段に迷っているという方は、この記事を読めば、すぐに始められる資産運用方法を1つ知ることができます。

 

OwnersBook

 

ソーシャルレンディングとは

 

ソーシャルレンディングは、インターネットを通じて誰か(たいていは企業)に高利率でお金を貸し、その利息を利益にするという資産運用方法です。

 

 

つまりソーシャルレンディングでは、融資による利息によって資産を増やしていきます。

 

ソーシャルレンディングはれっきとした投資なので、もちろん損失が出る可能性もあります。

しかし、株式やFXに比べると、資産運用の初心者でも簡単に利益を出しやすい手法です。

ソーシャルレンディングについて詳しくは以下でもご紹介しているので、そちらをご覧ください。

 

ソーシャルレンディングが資産運用に向いている4つの理由

 

ソーシャルレンディングの魅力は、なんと言っても資産運用の初心者でも簡単に始められるということです。

もちろん、ソーシャルレンディングで長く資産運用を続けていきたいなら、ある程度の基本知識を身につける必要はあります。

しかし、ソーシャルレンディングは少額から徐々に資産を増やせるので、まずは試しに始めてみてから知識を身につけても遅くないほどです。

実際、筆者も、ソーシャルレンディングという言葉を初めて知ってからすぐに資産運用を始め、わずか数週間で、基礎知識を身につけてある程度リスクを抑えながら投資できるようになりました。

では、ソーシャルレンディングが資産運用に向いている理由をご紹介したいと思います。

 

【理由1】金利が高い

 

銀行の定期預金では、たとえ1年間お金を預けていても、金利はたったの0.01%程度ですよね。

しかし、ソーシャルレンディングの平均的な金利は6だと言われています。

金利が高いと言われるネット銀行に預けていても、これほどの金利で利息を増やせる銀行はほとんどないでしょう。

「銀行の定期預金」と「ソーシャルレンディング」でそれぞれ100万円を1年間運用した場合、得られる利益の差は歴然です。

 

定期預金:
100万円×0.01%=100円

ソーシャルレンディング:
100万円×6%=60,000円

 

なぜこれほど金利が高いのかは、別ページで詳しく解説していますので、詳しくは以下をご覧いただければと思います。

スポンサー

 

【理由2】1度投資したら後は放っておいてもよい

 

ソーシャルレンディングの投資はとても楽で、1度投資を実行したら、後は放っておくだけで口座に利息が入ってきます

資産運用方法によっては、いつも株価の変動を見張っておく必要があり、なかなか気が休まりませんよね。

ソーシャルレンディングでは、投資したい案件を選んでお金を振り込みさえすれば、後は何もしなくてかまいません(というより、何もできません)。

案件を紹介してくれるソーシャルレンディング事業者が、投資後は自動的に投資金を運用してくれるのです。

運用は金融のプロに任せて、自分はお金だけを貸すというしくみだからです。

自分で投資タイミングなどを見極めたい方にとっては拍子抜けするシステムかもしれませんが、なるべく資産運用に手間をかけたくないという方にとってはありがたいシステムですね。

 

【理由3】1万円から資産運用できることが多い

 

通常、資産運用には、ある程度運用に回せるほどの余裕資産が必要です。

そうなると、まだそれほど資産を形成していない20代の方や、なにかと出費が多くて余裕資産が少ない方などは資産運用に挑戦できませんよね。

しかし、ソーシャルレンディングは、ほとんどの場合1万円から投資できるのが魅力です。

1万円であれば、まだ資産の少ない方はもちろん、専業主婦の方などでも、預貯金を増やすためにソーシャルレンディングを活用できます。

万が一投資に失敗したとしても、1万円なら取り返しのつかない損失とまでは言えないでしょう。

このように少額から投資できるので、まずは試しに1万円から資産運用してみて、その過程で知識を身につけても問題ないほどです。

ただし、何万円から投資できるのかはソーシャルレンディング事業者によってちがうので、投資の際は各事業者のHPを確認してください。

 

以下でも各ソーシャルレンディングサービスがいくらから投資可能なのか比較しておりますのでご参考にしていただければと思います。

 

【理由4】リスクが抑えられている

 

たいてい1万円から資産運用を始められるので、ソーシャルレンディングは、他の資産運用方法と比べてリスクが少ないと言えるでしょう。

加えて、ソーシャルレンディングでは、2008年のサービス開始から2018年10月現在、貸し倒れ(借り手がお金を返せなくなること)は1件も発生していません。

つまり、貸し倒れが起きたせいで貸したお金(資産)が返ってこなかった!という事態は起きていないということですね。

このように保全性が高い理由はいくつかあります。しかし、1番の理由は、なんと言っても金融のプロがお金を運用しているからでしょう。

ソーシャルレンディングでは、金融のプロであるソーシャルレンディング事業者が、お金を貸す相手を厳選し、返済能力を見定めてから資産運用者のお金を貸しています。

投資の素人が自分で判断してお金を貸すわけではないので、かなりリスクが抑えられていると言えるでしょう。

もちろん、ソーシャルレンディングは投資なので、まったくリスクがないわけではありませんし、今後貸し倒れが発生する可能性もあります。

そのため、まずは少額から資産運用を試し、1歩1歩知識を身につけていってください。

ソーシャルレンディングで資産運用を始めようとしている方を応援しています。

 

こちらもどうぞ

 

SBIソーシャルレンディング