クラウドリアルティの特徴・評判・メリットデメリットを徹底解説 <初心者も分かる!>

 

クラウドリアルティ(Crowd Realty)は、2016年12月にソーシャルレンディングサービスを開始した、不動産特化型の事業者です。

クラウドリアルティのことをよく知りたい方や、これから投資しようかどうか迷っている方に向けて、クラウドリアルティの特徴・評判・メリットデメリットを徹底的に解説いたします!

 

OwnersBook

 

クラウドリアルティとは

 

クラウドリアルティは、国内・海外不動産ファンドを中心に取り扱っている事業者です。

クラウドリアルティのファンドでは、ただ単に不動産の改築や売却で利益を得るのではなく、不動産に関するさまざまなプロジェクトに投資するという独特の形をとっています。

 

クラウドリアルティの特徴

 

クラウドリアルティには4つの特徴があります。

特徴1 独特なファンドを取り扱っている

特徴2 地方創生に力を入れている

特徴3 海外不動産ファンドも取り扱っている

特徴4 出資者特典がついているファンドもある

 

これらの特徴が投資家にとってどのようなメリットをもたらすのか、それぞれ詳しく解説していきます。

 

特徴1 独特なファンドを取り扱っている

 

通常、ソーシャルレンディングにおける「不動産ファンド」と言えば、「投資家から借りたお金で不動産を買い、改築した後に売却する」というビジネスモデルを採用していることがほとんどでした。

しかし、クラウドリアルティの不動産ファンドはちがいます。

クラウドリアルティの不動産ファンドでは、

  • 京町家再生プロジェクト
  • 渋谷のシェアハウス併設保育園プロジェクト

など、一風変わったファンドを取り扱っています。

これらのファンドは、昔ながらの宿泊施設を再生して観光業を促進したり、シェアハウス併設の保育園を運営して待機児童問題を解消したりという目的で公開されています。

実質的には通常の不動産ファンドとほぼ同じかもしれませんが、これらクラウドリアルティの不動産ファンドは、不動産の再開発によって観光業や社会問題に取り組もうというビジョンに基づき募集されています。

 

特徴2 地方創生に力を入れている

 

クラウドリアルティは地方創生にも力を入れており、サイトのトップページでも、

日本各地に眠るたくさんの魅力的な地域に出資し、まちづくりに関わることで、ひとりひとりが、あたらしい価値づくりの立役者になる。地域再生へのあたらしい投資のかたちです。

(出典:https://www.crowd-realty.com/)

という理念を掲げています。

現在の地方創生ファンドは京町家再生ファンドのみですが、サイトの「よくある質問」ページによると、京都以外の不動産でもファンドを募集する予定だそうです。

スポンサー

 

特徴3 海外不動産ファンドも取り扱っている

 

クラウドリアルティでは、海外不動産ファンドも取り扱っています。

分散投資の一環として海外ファンドにも投資したい方にとってはありがたいですね。

2018年10月現在で取り扱っている海外不動産ファンドは、エストニア不動産担保ローンだけです。

しかし、利回りが比較的高めなので、投資家の支持を受ければ、海外不動産ファンドの種類が増えていく可能性もあります。

 

特徴4 出資者特典がついているファンドもある

 

クラウドリアルティで取り扱われているファンドの中には、出資者特典がついているファンドもあります。

例えば、「京都壬生辻町町家再生プロジェクト(西)」では、20万円以上投資した投資家に、該当不動産の宿泊割引券がプレゼントされます。

地方への旅行に興味がある投資家にとっては嬉しい特典ですね。

 

クラウドリアルティのデメリット

 

最低投資額が高い

 

クラウドリアルティの最低投資可能額は1口5万円で、1人あたり3口以上の投資が必須であることも少なくありません。

1口1万円から投資できるソーシャルレンディングサービスが増えてきている中で、クラウドリアルティの最低投資可能額はやや高めだと言えるでしょう。

 

案件の数が少ない

 

クラウドリアルティで取り扱われている案件数はとても少なく、海外不動産ファンドに至っては、今のところ3件しかありません(2018年10月現在)。

そのため、「同一の事業者で複数の案件に少しずつ分散投資したい」という方にとってはやや不便です。

ただし、クラウドリアルティでは数十件の案件しか募集していないにも関わらず、ファンドで募集した金額はすでに1億を軽く超えているので、投資家からの根強い支持があると考えられます。

このように、クラウドリアルティでは、たとえ案件数が少なくとも、投資家に好まれる堅実なファンドを募集していると言えます。

クラウドリアルティで投資したければ、クラウドリアルティのメールマガジンを見逃さないようにしましょう。

 

クラウドリアルティの投資家登録方法

 

クラウドリアルティで投資家登録するには、まず無料の会員登録を済ませる必要があります。

クラウドリアルティの投資家登録基準は以下の通りです。

  • 申請時点で15歳以上~75歳未満
  • 日本在住で在留資格がある

75歳以上の方は、お問い合わせフォームから個別に問い合わせる必要があります。

また、投資家登録では、投資家としての適性審査も実施されます。

ただし、具体的な審査内容については開示されていません。

 

こちらもどうぞ

 

 OwnersBook