LINE Pay(ラインペイ)とマネーフォワードを連携する方法

 

LINEアカウントで送金や決済ができるLINE Pay(ラインペイ)と次世代家計簿アプリMoney Forward(マネーフォワード)を連携する方法を解説していきます。

LINE Pay(ラインペイ)とは

LINE Pay(ラインペイ)は世界で利用されるコミュニケーションアプリLINEを展開するLINE株式会社の展開する決済アプリです。LINE Payを利用すればLINE利用者間で送金を行ったり、LINE Payでインターネットショッピングを行う事ができます。

LINEは世界的に利用されるコミュニケーションアプリなのでLINE Payを利用する人も大勢いる為お金の受け渡しを即座に手数料もかからずに行う事ができます。LINE Payについて詳細はこちらをご参照ください。

LINE Payとマネーフォワードを連携する理由

マネーフォワードは銀行・証券会社・クレジットカードなどを一括して管理する事ができる無料アプリです(有料版もあります)。マネーフォワードアプリは2600以上の金融関連サービスと連携する事ができるので銀行口座管理だけではなく多くの金融サービスと連携する事でポートフォリオ(資産がどこにどれだけあるのか)を簡単に確認する事ができます。

マネーフォワードについて詳しくはこちらをご参照ください。

 

LINE Payはインターネットと金融サービスを掛け合わせたFinTechの代名詞とも言える存在です。銀行を利用せずともお金をやり取りする事ができるなどこれからの金融を考える際にはとても参考になるサービスです。

インターネットでお金の管理をする事でお得に決済・送金をする事ができるようになるのでLINE Payを利用してFinThchを学ぶと良いでしょう。そんなLINE Payとマネーフォワードを連携すれば日々の家計管理を現金を使わずに行う事ができる為無駄なコストを省き、日々の生活でどれだけのお金を使う事ができるかなどを考える事が可能になります。

 

LINE Payとマネーフォワードを連携する方法

あらかじめマネーフォワードをインストール・登録しておきます。

トップ画面の「口座」から右上部の「追加」を選択します。

「ラインペイ」「LINE Pay」と検索窓に入力し「LINE Pay」を選択します。

スポンサー

「連携する」を選択します。

MoneyForwardを開きます。

規約を確認し「同意する」を選択します。

するとLINEアカウントにLINE Pay Teamからメッセージが届きます。「同意画面に移動」を選択します。

連携データの詳細が表示されますので「同意」を選択します。

これで連携は終了です。マネーフォワードにLINE Payの残高が反映されます。その後にLINE Payを利用すれば履歴がマネーフォワードに連携されるのでLINE Payを合わせた家計管理が可能になります。

次世代の金融に慣れる

LINE Payやマネーフォワードを利用する事は次世代の金融・FinTechに慣れていく事であると言えます。投資などで大きな額を使わずとも無料で利用できる身近なアプリなどを使用する事で次世代の金融を考えるきっかけにしていただければと思います。