WealthNavi for 横浜銀行を徹底解説!<特徴・特典・メリットデメリット>

 

ロボアドバイザー大手のWealth Naviは、提携している銀行・証券会社やANA、JAL等を経由しての利用も可能です。

 

本家のWealthNavi以外であっても投資先銘柄やポートフォリオなど、中心的なロボアドバイザーサービス自体に違いはないため、安心して好きなサービスを選べます。

一方で本家WealthNavi・各提携サービスそれぞれで特典やキャンペーン内容、利用条件や利用可能なサービス等が異なる場合があります。

 

そこで本記事では、横浜銀行経由で利用できるWealthNavi

WealthNavi for 横浜銀行

の特徴を紹介します。

 

Wealth navi(ウェルスナビ)とは

 

Wealth Navi(ウェルスナビ)についてまずは解説をしていきます。

Wealth NaviはAI(人工知能)などが自動で資産運用をしてくれる「ロボットアドバイザー」というサービスの一つです。

ロボットアドバイザーには2種類あり

  • 投資一任型ロボットアドバイザー
  • アドバイス型ロボットアドバイザー

があります。

 

投資一任型ロボットアドバイザーは「投資先の決定」から「日々の投資配分調整などの運用」まで全てを自動で任す事ができるサービスです。

アドバイス型ロボットアドバイザーは基本的には「あなたへのおすすめ投資先」を提示してくれる投資アドバイスをAIが行ってくれるサービスとなります。

 

Wealth Naviは前者の「投資一任型ロボットアドバイザー」にあたりますので、「資産運用の全てを自動で任す事ができるサービス」です。

 

 

Wealth Naviの特徴

 

 

以下ではWealth Naviの特徴を6の視点から解説をしていきます。

 

特徴① 7種類のETFに分散投資

WealthNaviでは、比較的コストが抑えられた海外上場のETFが投資対象として選ばれています。

具体的には

米国株(VTI)】【日欧株(VEA)】【新興国株(VWO)】【米国債券(AGG)】【物価連動債(TIP)】【金(GLD)】【不動産(IYR)

の7資産クラス・7銘柄です。

このように、世界のさまざまな地域・さまざまな金融商品に分散した投資が行われています。

 

資産クラスとは

資産クラスとは、同じような特徴を持つ投資対象の分類のことをいいます。例えば違う株式銘柄でも国内株式なら同じ資産クラスの投資対象になります。

詳しくはこちら資産クラスとは <分散投資をする上で重要な知識・ロボアド>をご参照ください。

 

特徴② 自分の状況に応じたポートフォリオを自動作成

6つの質問から「リスク許容度」を算出し、リスク許容度に応じてポートフォリオを自動で提案してくれます。

リスク許容度の診断は無料で、質問は年齢や年収、積立したい金額や運用目的など、簡単な内容で1分もあれば回答可能です。

 

特徴③ ポートフォリオのリバランスも自動

相場が上下することによって個々のETFの金額も変動し、最初に設定したポートフォリオの銘柄比率が崩れてしまうことがあります。

その場合、元々の投資戦略を維持するためにはポートフォリオを構成する銘柄のメンテナンスが必要です。WealthNaviでは、自動で銘柄の売買を行うことでポートフォリオの構成を元に戻してくれます(これがリバランスです)。

 

特徴④ 税金を自動で最適化

WealthNaviの特徴的な機能として、税負担を軽減してくれる「DeTAX」があります。

これは、運用の中で一定以上の税負担が発生しているときに現在のポートフォリオの中で含み損となっている銘柄を売却して買い戻し、損を確定させて税負担(利益)と相殺することで税負担を減らす仕組みです。

投資効率を高めてくれるこのDeTAXも自動で行われます。

DeTAXの機能について詳しくはこちらWealthNaviのDeTAX機能とは <誰にでも分かりやすく解説>をご参照ください。

スポンサー

 

特徴⑤ 最低投資金額は10万円

WealthNaviによる資産運用は、最低10万円から始めることができます。さらに、買い物で発生したおつりを貯めて投資に回す「マメタス」なら1万円から運用可能です。

※積立は月1万円から始めることができますが、最低投資金額以上を入金後に申込が可能となります。

 

特徴⑥ 手数料は預かり資産の1%のみ

WealthNaviに支払う手数料は、預けた資産の1%(年率・税別)のみです。取引や為替等にかかる手数料は一切無料とされています。

 

 

Wealth Navi for 横浜銀行とは

 

(出典:http://www.boy.co.jp/kojin/tameru/wealthnavi/)

 

以上のようなサービスを展開しているWealth Naviですが、横浜銀行と提携しており、上記のサービスを横浜銀行経由で申し込む事ができます

 

横浜銀行での申し込みはWealth Naviを利用し始めるのとは異なった特典がありますのでWealth Naviを利用してみたいと思っている方は以下で解説する「Wealth Navi for 横浜銀行」ならではの特典を確認し、検討してみてください!

 

※すでにWealth Naviの口座を持っている方はWealth Navi for 横浜銀行を利用する場合、一度解約してから申し込む必要があります。(Wealth Navi口座は1人一つしか保有できない為)

 

WealthNavi for 横浜銀行は比較的新しい提携サービス

 

WealthNavi for 横浜銀行は2018年4月2日から提供が開始されました。

 

2018年3月22日に提供され始めたWealthNavi for イオン銀行の次の提携サービスであり、

2018年5月16日開始のWealthNavi for JALの次に新しいサービスです。

 

WealthNavi for 横浜銀行の最低投資金額は本家WealthNaviと同様の10万円に設定されています。

少ない金額から資産運用を始められるため、若い人でも一歩を踏み出しやすいですね。

 

また、おつりを貯めて自動で資産運用を行う「マメタス」というサービスも利用できます。

 

 

マメタスは日々のクレジットカードや電子マネーでの買い物で生じるおつりを貯めて、コツコツと資産運用できる便利なサービスです。

資産運用の入門にもピッタリです。

 

イオン銀行やJAL、そしてこの横浜銀行と、WealthNaviでは新しく始まった提携サービスほど最低投資金額などの点で、ユーザーにとって使いやすい傾向があるようですね。

 

WealthNavi for 横浜銀行にはキャンペーンが無い

 

WealthNavi for 横浜銀行は本家WealthNaviや他の企業が提供するWealthNaviと異なり、キャンペーンは開催していません

各サービスが特徴的なサービスを打ち出す中、キャンペーンを行わないサービスはめずらしいです。

 

サービスの本丸であるロボアドバイザーの性能に違いが無く、その他の特徴にもそれほどの差がないのであれば、あとはキャンペーンの良さで選ぶというユーザーも少なくないでしょう。

そんな中でキャンペーンが無いというのは少し驚きです。

 

まとめ

 

WealthNavi for 横浜銀行の特徴的な点を紹介しました。

最低投資金額の10万円やマメタスが利用できる点は本家WealthNaviと同様です。

しかし、キャンペーンなどのプラスアルファとなる点が特に見当たらず、横浜銀行経由でWealthNaviを利用するメリットがあるのか不明なところです。

 

すでに横浜銀行を利用している方であれば、サービスを1つの銀行にまとめたい、という想いから横浜銀行を選ぶことはあるかもしれません。

また、大手地方銀行が提供するサービスということで、WealthNaviへの不安感・不信感が払拭されるということもあるでしょう。

 

一方で、横浜銀行を利用していない方や特にWealthNaviへの不安感などは無いという方は、本家WealthNaviや他の企業が提供するWealthNaviを利用し、キャンペーンや特典等のプラスアルファをしっかりと受け取るのが良いでしょう。

 

注意すべきなのが、WealthNaviは他の企業経由の申し込みも含めて1つしか口座開設ができないという点です。

サービスにはそれぞれ特徴があります。自分に合ったサービスを厳選しましょう。

 

こちらもどうぞ