ETFの端株取引とは <Wealth Naviの特徴>

 

ETFの「端株取引」という言葉を耳にしたことはありませんか。

ロボアドバイザー大手のWealth Naviが導入している仕組みなのですが、端株取引とはいったい何なのでしょうか。端株取引ができて何が嬉しいのでしょうか。

そこで本記事では、WealthNaviにおけるETFの端株取引について分かりやすく解説します。

 

 

ETFには取引単位がある

 

通常、株式等には

「この単位で買ってくださいね。中途半端な数量では買えませんからね。」

という取引単位が存在します。

 

欲しい株式の1株あたりの価格が1000円程度で「自分でも買える!」と思っても、実は1000株単位でしか購入できず悲しい思いをする、ということはよくあります。

 

現在WealthNaviが取り扱っているETFは取引単位が1株、単価は大体数千円~1万数千円です。1株購入するだけで1万円近くかかります。

この取引単位のせいでポートフォリオの細かい調整が効きません。

結果として、運用金額が小さい場合には各銘柄を適切な比率で購入できないのです。

 

端株取引で取引単位に満たない数量を売買できる

 

そこで役に立つのが「端株取引」です。

端株取引とは、購入単位以下の数量で売買できる仕組みのこと。

 

株式でも

「通常は1000株単位での取引だけど、1株から購入できるよ」

という単元未満株(S株)と呼ばれる株式がありますよね。

そのようなイメージです。

 

WealthNaviでは1,000分の1、つまり0.001株単位からETFを端株取引できます。

数円~十数円単位でETFを購入しているのです。小回りが効きますね。

 

では、端株取引はいったいどのように行われているのでしょうか。

端株取引はWealthNaviとユーザーとの「店頭取引」によって実現しています。

 

「WealthNaviがユーザーの代わりにETFを市場で購入する」

スポンサー

というのが通常の方法です。

一方の端株取引では、WealthNaviとユーザーがETFの取引を行います

 

そうすることでユーザーのポートフォリオに1株未満のETFを組み入れることができるのです。

 

ETFの端株取引の恩恵

 

端株取引を導入する以前のWealthNaviでは、10万円では適切な比率でETFを買い揃えられませんでした

そのため、最低投資額は30万円に設定されていました。

お金にあまり余裕のない人にとっては、少しハードルの高い金額です。

 

しかし、端株取引のおかげでWealthNaviでは最低投資額が30万円から10万円になりました

たとえ運用資金が少額であっても適切な比率で各ETFを買い揃えられるようになったのです。

 

つまり、少ない資金でも適切なポートフォリオを組めるのは端株取引・WealthNaviのおかげなのです。

自分でポートフォリオを再現しようとしても、ETFの取引単位のせいでうまく再現できないわけですから。

 

まとめ

 

WealthNaviに特徴的なETFの端株取引について解説しました。

WealthNaviではユーザーが自分でETFを購入するわけではないため、端株取引について普段意識することはほとんどありません。

しかし、「資金が少ない場合はETFの取引単位のせいで適切なポートフォリオ通りにETFを自力で買い揃えるのは難しい」ということは覚えておいてもよいでしょう。

「WealthNaviさまさま」ですね。

参考:10万円でも最適なポートフォリオが組めるようになりました|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)

 

こちらもどうぞ

 

この記事の著者

名前:湖島ヒロ

大学院で発達心理学を専攻し、博士課程まで進むも中退。その後、公務員になるも退職し、今はフリーランス(Webライター)として活動しています。株式やFX、仮想通貨など様々な投資に興味があり、実践と勉強の日々です。