WealthNavi for JALを徹底解説!<特徴・特典・メリットデメリット>

 

ロボアドバイザーによる資産運用サービスを提供するWealthNavi

銀行や証券会社、航空会社といった提携会社からも利用できて便利です。

 

提携会社経由であっても資産運用の仕組み等は同じです。

しかし、特典やキャンペーン、最低投資金額や利用可能なサービス等で各社違いを出しています。

 

せっかくならお得に資産運用したいですよね。

そこで本記事では、JALとの提携で提供されるWealthNavi

WealthNavi for JAL

の特徴を紹介します。

 

Wealth navi(ウェルスナビ)とは

 

Wealth Navi(ウェルスナビ)についてまずは解説をしていきます。

Wealth NaviはAI(人工知能)などが自動で資産運用をしてくれる「ロボットアドバイザー」というサービスの一つです。

ロボットアドバイザーには2種類あり

  • 投資一任型ロボットアドバイザー
  • アドバイス型ロボットアドバイザー

があります。

 

投資一任型ロボットアドバイザーは「投資先の決定」から「日々の投資配分調整などの運用」まで全てを自動で任す事ができるサービスです。

アドバイス型ロボットアドバイザーは基本的には「あなたへのおすすめ投資先」を提示してくれる投資アドバイスをAIが行ってくれるサービスとなります。

 

Wealth Naviは前者の「投資一任型ロボットアドバイザー」にあたりますので、「資産運用の全てを自動で任す事ができるサービス」です。

 

 

Wealth Naviの特徴

 

以下ではWealth Naviの特徴を6の視点から解説をしていきます。

 

特徴① 7種類のETFに分散投資

WealthNaviでは、比較的コストが抑えられた海外上場のETFが投資対象として選ばれています。

具体的には

米国株(VTI)】【日欧株(VEA)】【新興国株(VWO)】【米国債券(AGG)】【物価連動債(TIP)】【金(GLD)】【不動産(IYR)

の7資産クラス・7銘柄です。

このように、世界のさまざまな地域・さまざまな金融商品に分散した投資が行われています。

 

資産クラスとは

資産クラスとは、同じような特徴を持つ投資対象の分類のことをいいます。例えば違う株式銘柄でも国内株式なら同じ資産クラスの投資対象になります。

詳しくはこちら資産クラスとは <分散投資をする上で重要な知識・ロボアド>をご参照ください。

 

特徴② 自分の状況に応じたポートフォリオを自動作成

6つの質問から「リスク許容度」を算出し、リスク許容度に応じてポートフォリオを自動で提案してくれます。

リスク許容度の診断は無料で、質問は年齢や年収、積立したい金額や運用目的など、簡単な内容で1分もあれば回答可能です。

 

特徴③ ポートフォリオのリバランスも自動

相場が上下することによって個々のETFの金額も変動し、最初に設定したポートフォリオの銘柄比率が崩れてしまうことがあります。

その場合、元々の投資戦略を維持するためにはポートフォリオを構成する銘柄のメンテナンスが必要です。WealthNaviでは、自動で銘柄の売買を行うことでポートフォリオの構成を元に戻してくれます(これがリバランスです)。

 

特徴④ 税金を自動で最適化

WealthNaviの特徴的な機能として、税負担を軽減してくれる「DeTAX」があります。

これは、運用の中で一定以上の税負担が発生しているときに現在のポートフォリオの中で含み損となっている銘柄を売却して買い戻し、損を確定させて税負担(利益)と相殺することで税負担を減らす仕組みです。

投資効率を高めてくれるこのDeTAXも自動で行われます。

DeTAXの機能について詳しくはこちらWealthNaviのDeTAX機能とは <誰にでも分かりやすく解説>をご参照ください。

 

特徴⑤ 最低投資金額は10万円

WealthNaviによる資産運用は、最低10万円から始めることができます。さらに、買い物で発生したおつりを貯めて投資に回す「マメタス」なら1万円から運用可能です。

※積立は月1万円から始めることができますが、最低投資金額以上を入金後に申込が可能となります。

スポンサー

 

特徴⑥ 手数料は預かり資産の1%のみ

WealthNaviに支払う手数料は、預けた資産の1%(年率・税別)のみです。取引や為替等にかかる手数料は一切無料とされています。

 

 

Wealth Navi for JALとは

(出典:https://www.jal.co.jp/121campaign/wealthnavi/)

 

以上のようなサービスを展開しているWealth Naviですが、航空会社のJALと提携しており、上記のサービスをANA経由で申し込む事ができます。

JAL経由での申し込みはWealth Naviを利用し始めるのとは異なった特典がありますのでWealth Naviを利用してみたいと思っている方は以下で解説する「Wealth Navi for JAL」ならではの特典を確認し、検討してみてください!

 

※すでにWealth Naviの口座を持っている方はWealth Navi for ANAを利用する場合、一度解約してから申し込む必要があります。(Wealth Navi口座は1人一つしか保有できない為)

 

10万円からはじめられる

 

WealthNavi for JALは2018年5月16日から提供され始めた新しいサービスです。

そのためなのか、最低投資額は本家WealthNaviと同じく10万円に設定されています。(企業提携Wealth Naviの多くは最低投資金額30万円)

手軽に資産運用を始めることができますね。

 

マイルが貯まる

 

WealthNavi for JALを利用するとお得に「マイル」が貯まります

マイルとは航空会社のポイントサービスのようなものです。

貯まったマイルは航空券をお得に入手したり、座席のグレードアップに使用できます。また、航空券だけでなく、ホテルやグルメでの利用やSuica等の他のポイントへの交換などにも使えます。参考:JALマイレージバンクとは – JALマイレージバンク

 

WealthNavi for JALの利用で付与されるマイルは以下のとおりです。

 

・運用開始時:200マイル

・1ヶ月ごと:資産評価額1万円ごとに0.5マイル(3000万円を超えた分は1万円ごとに0.25マイル)

参考:WealthNavi for JAL – 世界水準の資産運用を 空の旅と共に。

 

運用する額が大きければ大きいほど、マイルもどんどん貯まっていきます。

10万円だと年60マイルですが、100万円だと年600マイル、3000万円だと年18000マイルにもなります。

 

資産運用しながら、ついでに飛行機に乗れるほどのマイルが毎年貯まる」と考えるととてもお得ですよね。

また、対象期間に資産運用を開始し、対象のJALグループの便に搭乗するとマイルがプレゼントされるキャンペーンも開催されています。

 

「マメタス」が利用できない

 

WealthNavi for JALのデメリットとしてはマメタスが利用できないことが挙げられます

「マメタス」は日々の買い物などで発生する「おつり」を貯めて自動で資産運用を行うサービスです。

ただし、WealthNaviでは、マメタスが利用できるサービスを拡大していくようですので、今後はWealthNavi for JALでもマメタスが利用できるようになるかもしれません。

 

 

まとめ

 

WealthNavi for JALの特徴的な点を紹介しました。

運用額に応じたマイルが毎月貯まるため、資産運用がますます楽しくなりますよね。

注意すべきなのが、WealthNaviは他の企業経由の申し込みも含めて1つしか口座開設ができないという点です。

どの提携先が自分にとって最もお得に利用できるのか、情報収集を欠かさないようにしましょう。

 

参考:サービス一覧|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ) WealthNaviを直接申し込んだ場合と各サービス提携会社から申し込んだ場合のサービス内容の違いを教えてください – よくあるご質問 「WealthNavi for JAL」を5月16日より提供開始|ウェルスナビ株式会社のプレスリリース

 

こちらもどうぞ