WealthNavi for SBI証券を徹底解説!<特徴・特典・メリットデメリット>

 

ロボアドバイザー大手のWealth Naviによる資産運用は、提携している銀行・証券会社やANA、JAL等を経由して利用することもできます。

投資先銘柄やポートフォリオなど、中心的なロボアドバイザーサービス自体に違いはありません。

しかし、特典やキャンペーン内容、利用条件や利用可能なサービス等が異なる場合があります。

 

そこで本記事では、SBI証券で利用できるWealthNavi

WealthNavi for SBI証券

の特徴を紹介します。

 

Wealth navi(ウェルスナビ)とは

 

Wealth Navi(ウェルスナビ)についてまずは解説をしていきます。

Wealth NaviはAI(人工知能)などが自動で資産運用をしてくれる「ロボットアドバイザー」というサービスの一つです。

ロボットアドバイザーには2種類あり

  • 投資一任型ロボットアドバイザー
  • アドバイス型ロボットアドバイザー

があります。

 

投資一任型ロボットアドバイザーは「投資先の決定」から「日々の投資配分調整などの運用」まで全てを自動で任す事ができるサービスです。

アドバイス型ロボットアドバイザーは基本的には「あなたへのおすすめ投資先」を提示してくれる投資アドバイスをAIが行ってくれるサービスとなります。

 

Wealth Naviは前者の「投資一任型ロボットアドバイザー」にあたりますので、「資産運用の全てを自動で任す事ができるサービス」です。

 

 

運営会社は「ウェルスナビ株式会社」

 

ウェルスナビ株式会社は2015年の4月に設立されました。

ウェルスナビは、特に働く世代の資産運用の重要さに目を向け、誰でも利用できるサービスの提供を目指しています。

 

また、ウェルスナビは「ロボアドバイザー預かり資産・運用者数No.1」を謳っており、国内ロボアドバイザー最大手の企業であると言えます。

 

Wealth Naviの特徴

 

Wealth Naviというロボットアドバイザーは以下のような特徴を持っています。ロボットアドバイザーサービスは各社様々な特徴を持っていますが、Wealth Naviは特に

「最適なポートフォリオを作成」

「税金の事まで考えて資産運用」

という点が特徴的です。

 

・7種類のETFに分散投資

WealthNaviでは、比較的コストが抑えられた海外上場のETFが投資対象として選ばれています。

具体的には

米国株(VTI)】【日欧株(VEA)】【新興国株(VWO)】【米国債券(AGG)】【物価連動債(TIP)】【金(GLD)】【不動産(IYR)

の7資産クラス・7銘柄です。

このように、世界のさまざまな地域・さまざまな金融商品に分散した投資が行われています。

 

資産クラスとは

資産クラスとは、同じような特徴を持つ投資対象の分類のことをいいます。例えば違う株式銘柄でも国内株式なら同じ資産クラスの投資対象になります。

詳しくはこちら資産クラスとは <分散投資をする上で重要な知識・ロボアド>をご参照ください。

 

・自分の状況に応じたポートフォリオを自動作成

6つの質問から「リスク許容度」を算出し、リスク許容度に応じてポートフォリオを自動で提案してくれます。

リスク許容度の診断は無料で、質問は年齢や年収、積立したい金額や運用目的など、簡単な内容で1分もあれば回答可能です。

 

・ポートフォリオのリバランスも自動

相場が上下することによって個々のETFの金額も変動し、最初に設定したポートフォリオの銘柄比率が崩れてしまうことがあります。

その場合、元々の投資戦略を維持するためにはポートフォリオを構成する銘柄のメンテナンスが必要です。WealthNaviでは、自動で銘柄の売買を行うことでポートフォリオの構成を元に戻してくれます(これがリバランスです)。

 

・税金を自動で最適化

WealthNaviの特徴的な機能として、税負担を軽減してくれる「DeTAX」があります。

これは、運用の中で一定以上の税負担が発生しているときに現在のポートフォリオの中で含み損となっている銘柄を売却して買い戻し、損を確定させて税負担(利益)と相殺することで税負担を減らす仕組みです。

投資効率を高めてくれるこのDeTAXも自動で行われます。

DeTAXの機能について詳しくはこちらWealthNaviのDeTAX機能とは <誰にでも分かりやすく解説>をご参照ください。

 

・最低投資金額は10万円

WealthNaviによる資産運用は、最低10万円から始めることができます。さらに、買い物で発生したおつりを貯めて投資に回す「マメタス」なら1万円から運用可能です。

※積立は月1万円から始めることができますが、最低投資金額以上を入金後に申込が可能となります。

 

・手数料は預かり資産の1%のみ

WealthNaviに支払う手数料は、預けた資産の1%(年率・税別)のみです。取引や為替等にかかる手数料は一切無料とされています。

 

 

Wealth Navi for SBI証券とは

 

以上のようなサービスを展開しているWealth Naviですが、SBI証券と提携しており、上記のサービスをSBI証券経由で申し込む事ができます。

スポンサー

既にSBI証券の口座を持っている方も持っていない方も普通にWealth Naviを利用し始めるのとは異なった特典がありますのでWealth Naviを利用してみたいと思っている方は以下で解説する「Wealth Navi for SBI証券」ならではの特典を確認してみてください!

 

対面式のコンサルティングを受けられる

 

WealthNavi for SBI証券の最大のメリットは、

専門家による対面式のコンサルティングを受けられる

という点です。

 

SBI証券がインターネット上で告知を行う「WealthNavi for SBI証券」についてのセミナー等において、GAIA株式会社(独立系ファイナンシャルプランナー会社)から資産運用のコンサルティングが受けられるのです。

 

WealthNavi等のロボアドバイザーの

・インターネット上で複数の質問に回答し、ポートフォリオを自動で作成

・資産運用をお任せ

という点は資産運用を手軽なものにしてくれますし、大きなメリットではあります。

 

また、やり取りに人が介在しないことで手数料が抑えられているという点もあるのでしょう。

 

しかし一方で、

「手数料の安さや手軽さは魅力的だけど、インターネットで運用の仕方を決め、自動で運用されるのは少し心配。実際に人と面と向かって相談もしたい。」

という方にとっては不安が拭いきれません。

 

そんなとき、専門家からのコンサルティングを受けられるというのはとても心強いですよね。

 

手数料キャッシュバックキャンペーン

 

WealthNavi for SBI証券では期間限定でキャンペーンが行われています。

例えば、2018年8月20日時点で行われているキャンペーンは以下の2つです。

 

1.「WealthNavi for SBI証券」 入金・積立キャンペーン!(2018/7/13(金)~2018/9/28(金))

対象期間中に以下3つの条件を満たすと、最大2ヶ月分の手数料がキャッシュバックされます。

  • 新規に運用を開始
  • 30万円以上を入金
  • 積立設定

 

2.ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」テレビCM記念スタートキャンペーン!(2018/5/16(水)14:00~2018/9/28(金)12:00)

対象期間中に新規に資産運用を開始する場合、最低投資金額が30万円から10万円に引き下げられます。

 

キャンペーンの利点はあるか

 

ただし、これらのキャンペーンが特徴的かといえば。「それほどでもない」というのが正直なところです。

本家WealthNaviでも手数料キャッシュバックキャンペーンが行われていますし、本家WealthNaviの方では常に最低投資金額が10万円です。

 

そうはいっても、本家WealthNaviでのキャッシュバックキャンペーンは常に行われているわけではありません。

「WealthNaviを今すぐ始めたい」と思ったときに、本家ではキャンペーンがなく、WealthNavi for SBI証券ではキャンペーンが行われている、という場合もあるでしょう。

 

その場合はWealthNavi for SBI証券は選択肢の1つになりえますね。

何より、キャンペーンが無いよりは良いです。

 

最低投資金額が30万円

 

WealthNavi for SBI証券では基本的には30万円以上の運用資金がないとロボアドバイザー投資を開始することができません

先述のようにキャンペーンで最低投資金額が10万円になっていることもありますが、期間限定です。

本家WealthNaviでは最低投資金額が常に10万円という点に鑑みると、この点はWealthNavi for SBI証券のデメリットと言えます。

 

「マメタス」が利用できない

 

WealthNaviには「マメタス」という、日々の買い物で発生する「おつり」を貯め、貯まった「おつり」をWealthNaviで資産運用するサービスがあります。

WealthNavi for SBI証券ではこのマメタスが利用できません

ただし、WealthNaviはマメタスについて

 

”今後、より多くのお客様にもご利用いただけるよう、対応を進めてまいります。”
引用元:WealthNaviを直接申し込んだ場合と各サービス提携会社から申し込んだ場合のサービス内容の違いを教えてください – よくあるご質問

 

と述べており、この先WealthNavi for SBI証券でも利用できるようになっていくことが期待されます。

 

まとめ

 

WealthNavi for SBI証券の特徴的な点を紹介しました。

対面で専門家に相談できる点は魅力的ですよね。

注意すべきなのが、WealthNaviは他の企業経由の申し込みも含めて1つしか口座開設ができないという点です。

各サービスの特徴を把握し、自分に合ったサービスを選びましょう。

参考:WealthNaviを直接申し込んだ場合と各サービス提携会社から申し込んだ場合のサービス内容の違いを教えてください – よくあるご質問 「WealthNavi for SBI証券」の対面サービス開始のお知らせ~ガイア、ウェルスナビとの業務提携により資産運用におけるネットとリアルの融合を促進~(SBI証券)|ニュースリリース|SBIホールディングス

 

こちらもどうぞ