ソーシャルレンディングはいくらからできる? <各社の最低投資可能額一覧が載っています>

 

投資を始めたとき、必ず気になる必要資金。

最近では必要資金が少ない投資商品が増えています。ソーシャルレンディングもそのうちの1つと言えるでしょう。

ソーシャルレンディングの最低投資可能額は各ソーシャルレンディングサービスによって異なるので、1社ごとに確認しなければなりません。

この記事では、各ソーシャルレンディングサービスがいくらから投資できるのか、一覧で見ることができるようにまとめています。

ソーシャルレンディング事業者を選ぶのに迷ったときは、ぜひこの一覧を参考にしてみてください。

 

各ソーシャルレンディングサービスの最低投資額一覧

事業者名 最低投資可能額
maneo 2万円~
SBIソーシャルレンディング 1万円~
OwnersBook 1万円~
Crowd Bank(クラウドバンク) 1万円~
Crowd Credit(クラウドクレジット) 1万円~
ガイアファンディング 2万円~
クラウドリース 2万円~
Smart Lend(スマートレンド) 2万円~
アメリカンファンディング 2万円~
さくらソーシャルレンディング 2万円~
キャッシュフローファイナンス 2万円~
Apple Bank(アップルバンク) 2万円~
プレリートファンド 2万円~

 

業界最安値は1万円です。大多数の事業者で、数万円程度から投資を始められます。

案件により最低投資額が異なる事業者もあれば、一律で決められている事業者もあります。

 

maneo(マネオ)

【最低投資額:2万円~】

1番低い最低投資額は2万円からですが、いつでもそのような案件があるわけではありません。

基本的には最低投資額3万円~5万円の案件が多いので、できるだけ少額で投資したければ、案件一覧をこまめにチェックしましょう。

 

SBIソーシャルレンディング

【最低投資額:1万円~】

すべての案件で1万円から投資できるわけではなく、数万円からという案件も存在します。

 

Owners Book(オーナーズブック)

【最低投資額:1万円】

従来の貸付型案件では、すべての案件に1万円から投資できます。エクイティ型案件では、案件によって最低投資額が異なります。

スポンサー

 

Crowd Bank(クラウドバンク)

【最低投資額:1万円】

すべての案件で1万円から投資できます。また、同じ案件に複数回投資することも可能です。

 

Crowd Credit(クラウドクレジット)

【最低投資額:1万円~】

過去には最低投資額が高い案件も存在しましたが、現在ではほぼすべての案件で1万円から投資できます。

 

ガイアファンディング

【最低投資額:2万円~】

1番低い最低投資額は2万円ですが、3万円~5万円の案件も数多くあります。

 

クラウドリース

【最低投資額:2万円~】

最低投資額が3万円以上の案件もややありますが、2万円から投資できる案件が比較的多いです。

 

Smart Lend(スマートレンド)

【最低投資額:2万円~】

メインの投資テーマではほとんどが2万円から投資できますが、キャンペーンファンドなどでは最低投資額が5万円の案件などもあります。

 

アメリカンファンディング

【最低投資額:2万円~】

ほぼすべての案件で2万円から投資できます。その他の案件でも、最低投資額は5万円以下に抑えられています。

 

さくらソーシャルレンディング

【最低投資額:2万円~】

ほぼすべての案件で2万円から投資でき、最低投資額が3万円~5万円のファンドは比較的少ないです。

 

キャッシュフローファイナンス

【最低投資額:2万円~】

ほぼすべての案件で2万円から投資できますが、キャンペーンファンドや初めて取り扱うテーマのファンドでは、最低投資額が3万円~5万円程度になるファンドもあります。

 

Apple Bank(アップルバンク)

【最低投資額:2万円~】

現在では最低投資額が2万円のファンドしかありませんが、特に金額が決められているわけではないため、今後2万円以上のファンドが出てくる可能性はあります。

 

プレリートファンド

【最低投資額:2万円~】

最低投資額が2万円と3万円の案件が大多数を占めています。

 

こちらもどうぞ