純金積立とは <初心者にも分かりやすく解説・資産形成・資産運用>

純金積立とは

純金積立とは、投資方法の1つです。純金と名のつくとおり金(ゴールド)へ投資をします。毎月一定額のお金を投資して 少しずつ金を購入して積立て行きます。

純金積立は先に記載したとおり投資となりますが、株式や預金のように配当や利息はありません。

純金積立のメリット

・コストが抑えられる

金投資と聞くと、割高なイメージがあると思います。確かに金地金(金の延べ棒)を購入すると高い投資となりますが、 純金積立は、月1,000円からという少額投資から始められます。

・日本の景気に左右されない

金は日本だけで価値があるものではなく、世界で共通の価値があるため、金の価値は日本経済の影響は受けません。

世界規模で経済状況が変わる場合は影響を受けます。但し世界情勢が悪化となる場合、金は普遍的な価値があるため影響を受けづらいと言えるでしょう。

・現物化できる

毎月投資して購入していた金を現物化したいとなった時

スポンサー

条件付きで金現物と交換でき、金地金や金貨などにできます。

 

純金積立のデメリット

・手数料がかかる

純金積立を行う場合、会社によって金額は異なりますが年会費・購入手数料などの手数料がかかります。

・元本割れが起こる場合がある

情勢などの影響により金の価値が大幅下落する場合がある。

大幅に下落した場合、元本保証がないため元本割れする可能性があります。

・スプレッド による価格差が起きる

スプレッドとは、小売価格と買取価格に差が生じることです。この価格差は手数料のため会社により異なります。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法は純金積立の金を購入する際に使われており 、同じ商品・金額で長期的に購入を続ける時に適した投資法です。商品価格が高い時は購入量が減り、商品が低い時は購入量が増える。長期的に見ると平均値で購入することになります。