ハイイールド債券とは <分かりやすく解説>

 

ハイイールド債券とは

ハイイールド債とは信用格付がBB(ダブルビー)以下の企業や国などから発行される、高リスク・高リターンな債券のことを言います。

信用格付けとは後ほど解説をしますが、企業や国などの「信用格付け会社」がその組織の信用度をAAAやBBなどというようにアルファベット順に示した指標の事を言います。

 

ジャンク債・投資不適格債・投機的債券とも呼ばれます。ハイイールド債券の信用力は発行している企業や国の財務内容や世の中の景気、経済状況に大きく左右されます。

 

高い金利が魅力

ハイイールド債券は高い金利収入が魅力とされています。

投資適格債券(信用力の高い債券)に比べデフォルトリスクが高く、信用格付が低いため、低い金利では資金が集まりません。

そのため、ハイイールド債は高い金利を設定され、利回り(イールド)が高くなります。

高リスクといえども、投資信託ではハイイールド債だけではなく複数の銘柄へ分散して投資するため、デフォルトリスクを軽減できます。

 

景気上昇局面で強いと言われる

ハイイールド債券は市場の金利動向に影響を受けます。(市場の金利動向についてはこちらから⇒利上げと利下げの効用 <初心者にもわかりやすく解説>

また、外国の債券への投資に為替の変動にも影響を受けるので為替の動向も気にする必要があります。

 

ハイイールド債券は景気が上昇している局面で強いと言われています。発行体の信用力が低いため、景気が上昇するのに合わせ信用力が高まっていきます。

そのため、価格も合わせて上昇する傾向にあるのです。

 

スポンサー

信用格付BB(ダブルビー)以下について

格付機関2社の例をご紹介します。

スタンダード&プアーズ社の場合、ハイイールド債券とされる信用格付はDBB(ダブルビー)です。

BBB(トリプルビー)~AAA(トリプルエー)は投資適格債券とされます。

 

ムーディーズ社の場合、ハイイールド債券とされる信用格付はCBbです。

BbbAaaは投資適格債券とされます。

 

投資適格債券に比べ、ハイイールド債は利回りが高くなります。

信用格付が低くなるほどデフォルトリスクは高くなりますが、信用格付が高い債券の方が安心できるとも限りません。

信用格付が高くてもデフォルトリスクは0%にはなりませんし、信用格付が低いからといってデフォルトリスクが100%ということではないのです。

 

米国のハイイールド債券

米国のハイイールド債券市場は1970年代に作られ、長い歴史があるのです。

企業の資金調達ニーズと投資家の高利回り運用ニーズとが合うことで、市場は拡大し続けています。

かつて、ハイイールド債券を発行して資金調達を行っていた企業の中には、大きな成長を遂げ有名企業となった企業が多く存在します

 

格付けが下げられてしまったり、デフォルトに追い込まれたりした大企業は、ハイイールド債券の発行企業となる場合があります。

ハイイールド債券を発行し、これを資金に経営再建し復活する企業も多く存在するのです。

 

 こちらもどうぞ