ワラント債とは <分かりやすく解説>

 

ワラント債とは

ワラント債とは企業が発行する社債新規発行株式を一定の価格で購入する権利をつけたものです。

「社債」とは企業が発行する債券の事で投資家が企業にお金を渡す代わりに社債を企業が渡す事で資金を調達します。株式とは異なり社債は投資家に「期限が来たらお金を返す」という約束がされたものですので社債は企業にとって「負債(借金)」となります。(株式は「資本」)

「ワラント」とは新規発行株式を一定の価格で購入する権利の事を言います。

社債に「新規発行株式を一定の価格で購入する権利」をつける事でより投資家にメリットが出るようにして企業は資金調達をより行いやすくします。

ワラントの部分では権利だけを指しているのでそれを行使して購入する事も、破棄して購入しない事もできます。

新規発行株式は価格変動が大きい事などから権利を破棄する場合もあります。ワラント債は以前に利用されていた用語で、現在では転換社債と一緒にされる事が多くあります。

スポンサー

転換社債の元々の意味は購入した社債を株式に転換できる権利を持つ社債なので上記で説明してきたワラント債とは若干意味が異なる事がわかります。

ワラント債では権利を行使する時に定められた価格で株式を購入する為の資金を別途渡す必要があります。

 

ワラント債とバブル

ワラント債ではバブル循環を生み出す可能性があります。ワラント債は社債と新規発行株式がセットになっているので

ワラント債の需要上昇⇒社債価格上昇⇒新株価格上昇期待⇒新株価格上昇⇒ワラント債需要上昇

というように社債と株式の価格が連動してしまうのでどちらか一つの上昇きっかけで価格上昇の循環が生まれます。このようになってしまうと企業が行う元の事業がどのくらい収益を生むかという株式本来の利回りが関係なくなってしまいます。

これがバブルとなり、最後に高値を掴んだ人が本来の株式価格(事業の元々の価値)まで下がる事を受け入れなければならなくなります。

ワラント債=バブル発生、という訳ではありませんがこのような事例は過去に何度も起こっています。(転換社債も同様のバブルを発生させる危険性があります。)

コメントを残す