投資適格債券とは <投資初心者にも分かりやすく解説>

 

投資適格債券とは 

元本の償還や債券の利払いが確実と見込まれる、信用が高い債券のことです。

発行体の企業や国などのデフォルトリスクが低いため、投資した賃金を回収できる可能性の高い比較的安全な債券です。

そのため、一般の個人投資家にも向いている債券と言われています。

投資適格債券は信用力と安全性が高いですが、利回りは低くなります。企業や国の財務内容や世の中の景気、経済状況により、債券の信用力は大きく左右されます。

 

また、逆にデフォルトリスクが高く、信用力が低い債券はハイイールド債券と呼びます。

ハイイールド債券は高リスク・高リターンであることが特徴です。リスクが高いため、利回りを高くしないと資金が集まりません。そのため、高リスク・高リターンになるのです。

 

信用の高い債券

信用が高い債券とは、格付機関(ムーディーズ社やスタンダード&プアーズ社など)による格付が一定以上の債券のことを言います。

信用格付は債券投資をする投資家に向け、発行体の企業や国のリスクの度合いをわかりやすく記号で表したものです。投資するか判断を行うための参考となります。格付機関により格付の差があったり、短期間で格付が見直されたりすることもあります。

 

スタンダード&プアーズの場合、投資適格債券とされる格付はBBB(トリプルビー)、A(シングルエー)、AA(ダブルエー)、AAA(トリプルエー)です。

スポンサー

ムーディーズ社の場合、投資適格債券とされる格付はBaaAAaAaaです。

 

信用格付は安全性を保障しているものではありません。

あくまでも、財政上の安定性を評価して表しているのです。たとえ信用格付が高くともデフォルトリスクが0%ではありませんし、信用格付が低くとも100%デフォルトするわけではありません。

 

投資適格債券を発行していた大企業でも、格付けを下げられてしまったり、デフォルトに追い込まれてしまったりすると、ハイイールド債券を発行する企業となる場合があります。

また、ハイイールド債券を発行して資金調達を行っていた企業で、大きな成長を遂げ投資適格債券を発行できる有名企業となった企業も多く存在するのです。

 

投資するに相応しいか否か判断するのは最終的に投資家自身の役目です。

安全性の高い投資適格債券であっても、発行会社の経営状況や取り巻く環境などを確認しましょう。海外の的確投資債券の場合、信用リスクだけでなく、金利変動や為替変動によるリスクも生じます。

それぞれのリスクを把握したうえで投資の判断をしましょう。

 

こちらもどうぞ

ワラント債とは <分かりやすく解説>

ソブリン債とは <金融初心者にも分かりやすく解説>