コモディティETFとは <ETF初心者にも分かりやすく解説!>

 

ETFの投資対象では「コモディティETF」という種類があります。ここでは投資初心者の方にも分かりやすく「コモディティETF」について解説していきます。

 

コモディティとは

コモディティとは『商品』のことで、具体的には

・金、銀、プラチナなどの貴金属

・小麦、大豆、トウモロコシなどの穀物

・原油やガスなどエネルギーなど様々な物

を表しています。一般的に株式が取引されているのは証券取引所ですが、コモディティ商品は世界中の商品取引所で取引されています。

 

以前まで個人の投資家がコモディティ投資を行うためには、コモディティ市場への参加資格のある商品先物取引業者や取次商品先物業者に口座を作る必要がありました。

そのような事情もあり、個人の投資家にとってコモディティに対する投資は手が出しにくい分野でした。

 

しかし最近では、コモディティに対する投資の環境も整備されつつあります。コモディティと連動するようなインデックス投信や、それを上回ることを目指す投資信託なども登場しています。

そのため個人の投資家にとっても、コモディティに対する投資が身近になってきました。

 

コモディティ投資の特徴

コモディティの特徴に金利や株式の値動きとは独立した動きをすることがあります。

そのためインフレやデフレに強く、分散投資の対象としても注目されています。

しかし、コモディティ市場は株式などと比べると規模が小さく、価格の変動が大きいのも特徴の一つです。また、株式や債券のETFとは異なり、原則として分配が行われないという点も投資家にとっては注意すべき点の一つでしょう。

スポンサー

 

コモディティETFとは

コモディティ投資が活発になってきたことで、コモディティETFの商品も増えてきています。

ETFとは上場投資信託のことで、価格が株価指数などTOPIXなどに連動するように設計された投資信託のことです。上場しているため株式市場と同じようにリアルタイムで取引することも可能です。

 

コモディティETFでは金や大豆、そして原油など国際的な商品指数に連動することが特徴です。

ETFの種類としては国内だけでなく海外のETFもあります。さらに特定の商品のみに連動するコモディティETFだけでなく、複数の商品を組み込んだコモディティETFも存在します。このようなコモディティETFに投資することは分散投資にもつながります。

 

まとめ

コモディティETFはまだ歴史も浅く市場規模も小さいため、投資家にとっては少し難易度の高い投資と言えるでしょう。

しかし最近ではコモディティETFなどを利用することで、個人でも簡単にコモディティに投資できる環境が整ってきています。コモディティETFは他の投資と比べて少し変わった性質を持ちます。

分散投資の一つとしてポートフォリオに加えてみるのも良いかもしれません。

 

こちらもどうぞ

わかりやすい金融用語解説集 ~FinTech時代の金融用語集~

デリバティブ(金融派生商品)とは <投資初心者にも分かりやすい解説>