資産クラスとは <分散投資をする上で重要な知識・ロボアド>

 

ロボットアドバイザーを利用していると「資産クラス」という言葉を目にします。資産クラスという言葉の意味や、資産クラスの関係を知ると分散投資に有利になります。ここでは初心者の方にも分かりやすく「資産クラス」とは何かについて解説をしていきます。

 

資産クラスとは

資産クラスとは同じようなリターンやリスク特性を持った投資対象の分類のことです。

英語で資産をアセット(asset)ということから、アセットクラスともいいます。

「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」を伝統的4資産と呼び、現金も資産クラスの一つです。

分類の仕方は様々ですが、現代はこのほかに

・原油や貴金属などの「コモディティ」「不動産」

・どのような相場状況でも利益を出すことを目的としたファンドである「ヘッジファンド」

・未公開株を指す「プライベートエクイティ」

も投資クラスとされ、伝統的資産クラスではない新しい資産クラスとして「オルタナティブ資産」とも呼ばれています。

投資ではポートフォリオを組む前にどのような資産にどのくらいの配分で投資するか検討することを「アセットアロケーション」といいますが、アセットアロケーションは資産クラスを基に考えます。

 

各資産クラスの特徴

TOYOTAや任天堂のように別業種の株式銘柄を保有していても、国内株は日本の景気に影響を受けるためリスクや値動きが似てきます。

このように、個別銘柄でも同じ資産クラスに属していれば自然と値動きも同様のものになります。

 

各資産クラスの特徴

株式・・・経済成長によって期待リターンが高くなります。

債券・・・株式との分散効果に加え、リスクを抑える役割が大きいです。

現金・・・流動性が高く、価値の大きな変化がありません。

不動産・・・リスクは株式と債券の中間と考えられていますが、物件の被災や老朽化といった他の資産にはないリスクがあることが特徴です。

原油や貴金属などのコモディティ資産・・・物価上昇に伴い価格が上がるため、インフレ対策に効果的です。

鉱物資源・・・鉱山での労働問題や事故、外交的な問題で輸出が減少するなどが原因で値動きの予測をすることが難しいとされています。

 

さらに地域によっても特徴は変わります。

一般的に国内より海外の投資資産の方がハイリスクハイリターンと考えられています。

さらに海外でも先進国より新興国の方がリスクもリターンも大きくなります。また、国内資産は為替変動の影響を受けません。このような特徴があります。

 

資産クラスの相関

好景気になると株価が上がりますが、金利が高くなるため、債券の価格は下がります。株式と債券は反対の値動きをする、といったように資産クラスには相関関係があります。

主な資産クラスごとの相関関係は以下のようになっています。

スポンサー

 

資産クラス 日本国債 米国債 新興国債 日本株 米国株 欧州株 新興国株 米国不動産
日本国債 1.00
米国債 -0.26 1.00
新興国債 -0.25 0.85 1.00
日本株 -0.32 0.62 0.72 1.00
米国株 -0.33 0.66 0.79 0.81 1.00
欧州株 -0.30 0.55 0.77 0.81 0.91 1.00
新興国株 -0.27 0.48 0.75 0.73 0.82 0.87 1.00
米国不動産 -0.02 0.07 0.15 0.20 0.27 0.22 0.21 1.00
-0.03 0.17 0.25 0.05 0.11 0.19 0.28 -0.01 1.00

JPモルガン・アセット・マネジメント「57資産の期待リターン長期予想を発表」を基に作成

 

相関表の見方

-1〜1までの数字を使って各資産クラス間の相関関係を表しています。

-1に近いほど、反対の値動きをして、1に近いほど同じ値動きをします。(1は同じ資産クラス)0に近いほど相関関係がない(お互いの値動きに影響がない)ことになります。

資産クラスごとの相関関係を意識してポートフォリオを組むと、効率よく分散投資ができることがわかりますね。

 

まとめ

投資の世界では、投資する個別銘柄を決定する前に、必ず「株式」「債券」「不動産」などのそれぞれの「資産クラス」にどのくらいの割合で投資するかを決定します。

資産クラスごとに特徴や相関関係を踏まえて、効果的に分散投資・リスク抑制をするためです。

個人投資家だけでなく、投資信託やロボットアドバイザーでも資産クラスごとの投資配分が決められています。

投資信託を始める時に確認する目論見書やロボットアドバイザーで最初に提案されるポートフォリオで、投資する資産クラスと投資配分を確認することができますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

こちらもどうぞ

ロボアドの分散投資の重要性 <資産運用と分散投資>

WealthNaviのDeTAX機能とは <誰にでも分かりやすく解説>

ロボットアドバイザー初心者入門ページ