ロボアドの長期投資の重要性 <資産運用と長期投資>

 

「長期投資をすれば損をしない」という言葉があるほど、長期投資は誰でもある程度の資産づくりを実現できる再現性の高い手法です。

投資初心者向きのロボットアドバイザーもほとんどが長期投資向きのETFを取り扱っています。今回はそんな投資の基本である長期投資の重要性、実現させるためのポイントを解説していきます。

 

マーケットは時間をかけて成長する

1997年のアジア通貨危機、2000年のITバブル崩壊、2007年サブプライムショック、2008年リーマンショック、2010年欧州債務危機、そして2011年の東日本大震災・・・。

過去20年を振り返ると、株式市場を揺るがす様々な出来事がありました。

株価の値動きを見てみると、米国の代表的な株価指数であるS&P 500は2008年のリーマンショックの直前は1,565ポイントでしたが、サブプライムショックとリーマンショックにより676ポイントまで下落しました。

しかし2018年1月19日時点の株価は2810ポイントと最高値を更新しています。

東京証券取引所に上場している株式銘柄を対象とした東証TOPIXは2009年2月の時点で756ポイントですが、2018年1月には1,836ポイントを記録しています。

株式市場は世界情勢の影響を受けて値動きを上下させながら、徐々に成長し続けているのです。

 

長期投資の効果

投資を考える人が一番恐れていること、それは「損をすること」ではないでしょうか。

この「損をする」とは「元本割れを起こす」ということですが、長期投資をすると元本割れのリスクが低くなるというメリットがあります。

「利回りが4%」の投資商品を「10,000円運用」した場合、96%の確率で「18年を過ぎると元本割れがなくなる」、というシミュレーションがあります。長期投資は将来の値動きが読めない不確実性があるですが、それでも過去に積み上げたリターンが元本割れを防いでくれるのです。

 

次に過去20年の中で、あるポートフォリオを運用した場合、運用する年数でリターンの違いを表したデータを紹介します。

 

【各資産クラスの割合】

国内株10%、先進国株40%、新興国株10%、先進国債券30%、新興国債券10%

資産クラスとは

資産クラスとは、同じような特徴を持つ投資対象の分類のことをいいます。例えば違う株式銘柄でも国内株式なら同じ資産クラスの投資対象になります。

詳しくはこちら資産クラスとは <分散投資をする上で重要な知識・ロボアド>をご参照ください。

 

【1993年12月〜2014年12月の間に投資を始め、1年間保有した場合】

スポンサー

266か月中リターンがマイナスになった月 82ヶ月

最小リターン -41%

最大リターン +50.9%

平均リターン 8.8%

 

【1993年12月〜2011年12月の間に投資を始め、5年間保有した場合】

218か月中リターンがマイナスになった月 40か月

最小リターン 7.47%

最大リターン 18%

平均リターン 6.8%

 

【2003年12月〜2007年1月の間に投資を始め、10年間保有した場合】

158か月中リターンがマイナスになった月 0か月

最小リターン 0.90%

最大リターン 11.2%

平均リターン 6%

 

保有期間1年間の場合、リターンの振り幅が大きく、マイナスになる月が多い結果でした。

リターンが大きいタイミングで投資ができれば一番ですが、1年後にリターンがプラスになるかどうか予測するのは不可能でしょう。

少なくとも5年運用すれば高い確率でリターンがプラスになり、さらに10年間の運用ではリターンがマイナスになる月はありませんでした。どのタイミングで始めても10年間運用を続けていればプラスの結果になったのです。

(データ引用元:「ETFはこの7本を買いなさい」朝倉智也 ダイヤモンド出版

 

長期投資を実現させるためには

10年間の長期運用というのはなかなか気が遠くなる話ですよね。

それに加え、頻繁に投資先の値動きをチェックしてしまうと毎日上がったり下がったりしていて本当にこのまま持ち続けていいのかと不安になってしまいます。

長期投資の大前提は「解約せずに保有し続けること」。

投資の世界には「やれやれ売り」や「狼狽売り」といって負の感情から保有し続けるべきところで解約してしまう行動を表す言葉があります。刻一刻と変わる株価はそういった感情がさせているのだとも言われているほど。

感情に左右されずに「ほったらかし」で資産運用することが長期投資の秘訣です。そのためには「長期投資を前提とした商品に投資をすること」「資産運用中のコストが割安であること」「資金流入が続いている投資先を選ぶこと」が肝心です。

 

こちらもどうぞ

ロボアドの積立投資の重要性 <資産運用と積立投資>

ロボアドの分散投資の重要性 <資産運用と分散投資>

ロボットアドバイザー初心者入門ページ