アメリカンファンディングの特徴・評判・メリットデメリットを徹底解説 <初心者も分かる!>

 

アメリカの不動産案件を取り扱うソーシャルレンディングサービス「アメリカンファンディング」。

「海外の不動産は不安」という方や、ソーシャルレンディング初心者が流し読みでも理解できるよう、アメリカンファンディングの特徴・評判・メリットデメリットを徹底的に解説いたします!

 

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングサービスはお金を融資してくれる投資家を広く募集して事業資金などを集めるサービスの事を言います。

従来の資金調達は銀行などから事業者が融資を求める事で成立していましたがインターネットテクノロジーの普及により個人投資家や機関投資家などの多くの投資家に向けネット上で資金を調達する方法がソーシャルレンディングやクラウドファンディングです。(参考:ソーシャルレンディングとクラウドファンディングとの違いとは?

 

アメリカンファンディングではアメリカンファンディングが資金を借りたい事業者を募った後に広く投資家から資金を募集します。アメリカンファンディングは集まった資金を借り手に融資しますが、その際に担保を要求します。この担保は借り手が返済できない際に資金返済に利用されますが担保は不動産などで預託されるので不動産価格下落などで投資家に元本が返済されないリスクがあります。(他のソーシャルレンディング事業者の案件では担保が設定されていない場合もあるので注意が必要です)

 

無事に借り手である事業者が満期を迎え返済となれば利息がプラスされて投資家に資金が返還されるという仕組みになります(利息分配は数か月に1回などローン内容によって異なります)。

 

<ソーシャルレンディングサービス概要図>

ソーシャルレンディングについてはこちらソーシャルレンディング初心者入門ページでゼロから解説をしておりますので始めたい方はまず知識をつけていただく事を推奨します。

 

アメリカンファンディングとは

アメリカンファンディングは、maneo系列のソーシャルレンディング事業者で、アメリカの不動産に関する案件を中心に取り扱っています。

その為アメリカンファンディングを利用したい場合はソーシャルレンディング事業者のmaneo(マネオ)に登録しておくと簡単に登録する事ができるのでオススメです。(maneoについて詳しくはこちらmaneo(マネオ)の特徴・評判・メリットデメリットを徹底解説 <初心者も分かる!>をご参照ください)

 

海外案件は、国内特有のリスクに備えた分散投資でも大いに活躍するので、「海外の不動産なんて怖い」と言って敬遠するのはもったいないです。

また、同じmaneo系列の事業者に「ガイアファンディング」があります。こちらも同様にアメリカの不動産について取り扱っていますが、アメリカンファンディングとはいくつか異なる部分がありますので、それも以下の項目で解説していきます。

 

アメリカンファンディングの特徴

アメリカンファンディングには4つの特徴があります。

特徴1 為替ヘッジで投資家の利益を守っている

特徴2 全案件に担保が設定されている

特徴3 第三者が担保の価値を評価している

特徴4 案件の内容に透明性がある

これらの特徴が投資家にとってどのようなメリットをもたらすのか、それぞれ詳しく解説していきます。

 

特徴1 為替ヘッジで投資家の利益を守っている

アメリカンファンディングでは海外不動産に関係する案件を取り扱っているので、どうしても為替リスクは存在します。

しかし、アメリカンファンディングで取り扱っている全案件で為替ヘッジ(為替リスクを回避する対策のこと)が行われており、為替変動があった場合でも、投資家が受け取る収益額は変わらないように工夫されています。

参考:ソーシャルレンディング『為替リスク』『為替予約』を知る

 

特徴2 全案件に担保が設定されている

アメリカンファンディングの案件にはすべて担保が設定されています。アメリカンファンディングは、担保価値の80%までしか貸付していません。例えば、「担保評価額が100万ドルだったとしたら、貸し付けるのは80万ドルまでと決めている」ということですね。

そのため、万が一返済が滞っても、担保を売却することで返済できる可能性は高そうです。ただし、もちろん、担保があるからといって無茶な投資はしないようにしましょう。

 

特徴3 第三者が担保の価値を評価している

ここがガイアファンディングとの大きな違いです。

スポンサー

ガイアファンディングでは、ガイアファンディング自身が不動産担保を評価しています。一方アメリカンファンディングでは、「Zillow」というアメリカで最も有名な不動産評価サイトが不動産担保の価値を評価しています。

ソーシャルレンディング事業者でも借り手の企業でもない第三者が担保に設定された不動産を中立的に評価するため、担保の価値は信頼できるでしょう。

参考:不動産担保付きファンドの仕組みとリスク

 

特徴4 動画で案件の説明をしてくれる

ガイアファンディング同様、アメリカンファンディングで取り扱われている案件は非常に透明性が高いものが多いです。

さらに、アメリカンファンディングでは、案件によっては2~3分ほどの動画による詳しい説明を見ることができます。案件一覧を見たとき、「【動画説明有】」と案件タイトルに記載されていた場合は、詳細ページから担当者の説明動画を視聴することができます。

貸し手や案件に関する情報が不透明なソーシャルレンディングの中で、アメリカンファンディングの案件はかなり透明性が高い方だといえるでしょう。

 

アメリカンファンディングのデメリット

1案件の募集金額が少ない

アメリカンファンディングで取り扱われている案件の募集金額は、1案件あたり1,000万円にも満たないものがほとんどです。一方で、ガイアファンディングでは、1,000万円以上の金額を募集している案件も数多く存在します。

1案件あたりの募集金額が少ないと、数人の投資家が投資しただけですぐに満額成立してしまい、募集開始から少しも経たないうちに募集が終了してしまう場合があります。そのため、タイミングが合わないとなかなか投資できないという可能性もあります。

新しい案件を見逃さないためにも、メールマガジンを購読するなど、定期的に案件募集の状態をチェックできるようにしておきましょう。

 

アメリカ特有のカントリーリスクがある

アメリカンファンディングがアメリカの物件を扱っている以上、アメリカ特有のリスクが生じる可能性があります。

例えば、ハリケーンによる物件へのダメージなどです。また、アメリカは諸外国と政治的な結びつきが強い国なので、他国との関係によってアメリカ国内の経済状況が悪化する可能性も十分に考えられます。

そのため、アメリカンファンディングだけに投資するのではなく、国内の案件にも分散投資してリスクを低減するように心がけましょう。

ただし、アメリカの経済状況が日本の景気に影響を及ぼす可能性もあるので、国内案件も不動産、事業、エネルギー開発など、投資先の分野をなるべく分散させておいたほうがよいでしょう。

参考:ソーシャルレンディングで分散投資する方法

 

登録している投資家が少ない

アメリカンファンディングの投資家登録数は20187月現在で約3,000人強と、他社に比べるとまだまだ少ない状況です。

そのため、人気がない案件などはなかなか資金が集まらず、いつまで経っても満額成立しないために投資金が拘束されるというリスクも考えられます。

このリスクは、登録投資家の数が多いソーシャルレンディング事業者と分散投資することで回避することができます。

 

アメリカンファンディングの投資家登録方法

無料で口座開設できます。

・  申し込み段階で20歳以上、75歳未満

・  日本在住で在留資格がある方

・  maneoマーケットの審査に通った方

以上の3点が投資家登録の条件です。なお、審査内容は明示されていません。

また、マイナンバーを提出しなくても投資はできますが、マイナンバーを登録するまで定期的に案内メールが送信されるようです。

実際の口座開設は、ガイアファンディング同様、約款確認、投資家適合性確認、ID・お客様情報登録、会社情報登録、銀行口座登録、登録内容確認の手順で行われます。
アメリカンファンディングのページから案内通りに入力することで登録できます。

maneoグループなのでmaneoに登録をすると簡単にアメリカンファンディングにも登録する事ができます。maneo投資家登録の方法はこちらで解説をしております。

 

<アメリカンファンディング公式HP>

 

こちらもどうぞ

ソーシャルレンディング比較<2018年最新版>「特徴・手数料・評判」

ソーシャルレンディング初心者入門ページ