ファンドラップとは <投資初心者にも分かりやすく解説>

 

投資を学んでいると「ファンドラップ」という言葉を目にすることがあります。「ファンドラップ」とは何か、投資初心者の方にも分かりやすく解説をします!

 

ファンドラップとは

ファンドラップは証券会社などに対してお金を預け、そのお金を管理及び運用してもらうというサービスの事を言います。

専門家に運用を任せるという点では投資信託に近いですが、ファンドラップの場合はある程度大きなお金を預けることになりますし、投資判断から運用、管理まで全てを一任することになりますので、その点で違いがあります。

投資信託は株式などの商品をパックにして販売するものなのでどの投資信託を購入するかは投資家が選択します。ファンドラップでは投資家はお金をファンドへ預けてその投資先はファンドが決定するという違いと言えば分かりやすいでしょう。

投資一任型ロボットアドバイザーなどで結ばれる「投資一任契約」がファンドラップでも結ばれます。

 

投資一任契約

投資一任契約とは簡単に言えば

「投資会社が投資家に代わり、株式や債券などの投資運用業務を行うために結ぶ契約」

です。

 

<投資一任契約概略図>

詳しくはこちらから

 

ファンドラップのメリット

要望に沿った運用をしてくれる

ファンドラップの場合、投資一任契約になりますので、金融機関が担う部分が大きいです。しかし、投資家の意見を一切聞かずに運用するわけではありません。

投資家からヒアリングをした上で、要望に沿った運用スタイルを提案してくれます。したがって、ファンドラップを利用する際には、どのような投資を希望するのか伝えることが大切です。

スポンサー

 

分散投資をしてくれる

ファンドラップの場合、金融機関が複数の投資対象に投資を行います。いわゆる分散投資です。この手法により、投資対象を一つに絞るよりもリスクヘッジできますので、メリットであることは明らかですね。

 

ファンドラップのデメリット

投資家が大きく関与できる投資ではない

投資家の方によっては、資産運用にある程度関与することを望みます。しかし、ファンドラップの場合、投資先となるファンドの選定や、投資のタイミングなど、資産運用におけるほぼすべての部分を金融機関が担うことになります。

そのため、投資分野における相当な知識があり、自らがしっかりと関与して資産を増やしたいという人には向かないでしょう。

 

手数料がかかる

ファンドラップの場合、手数料の負担が大きいとされています。2%前後の手数料がかかるケースも多いため、この点もデメリットになります。

「たった2%?」と思われるかもしれませんが、仮に500万円のお金を預けた場合、年間10万円かかる計算になりますので、決して些細なコストではないでしょう。

同じ全自動資産運用のロボットアドバイザー(ロボアドはAIが投資判断を行うという点で異なりますが)は手数料が1%程度の事が多いのでなるべく手数料を抑えたい場合はロボットアドバイザーを検討してみてもいいでしょう。(参考:ロボットアドバイザー初心者入門ページ

 

まとめ

ファンドラップでは、金融機関に資産運用を任せることになりますので、初心者にもおすすめできる投資です。投資のベテランでなくとも利益を得られる可能性は大いにありますので、ぜひ一度目を向けてみましょう。

ただ、大きな利益を得られるとは限りません。また、手数料もかかりますので、運用を任せた結果として損をする可能性もあるのです。まとまったお金を預けることになりますので、リスクの面を忘れるべきではありませんね。

 

こちらもどうぞ

ファンドとは <投資初心者にも分かりやすく解説>

ヘッジファンドとは <初心者でも分かりやすく解説>