債券ファンド・国内債券ファンドとは <投資初心者にも分かりやすく解説>

 

債券ファンドとは

債券ファンドは、投資信託の一つです。簡単に言えば投資信託が債券に対して投資をするというのが、債券ファンドの特徴です。

債券とは

そもそも債券とは企業、国、地方自治体などが資金調達を目的として発行する有価証券の事です。

株式投資と同じように投資家は投資目的で債券を購入しますが債券は元本保証されているのに対し株式は元本保証されていません。

その理由は債券は私たちが銀行で住宅ローンなどを組むような「借金」という性質があるのに対し株式はあくまでも「企業の将来に向けた融資」である事が挙げられます。

債券の利息は株式の配当に比べて低いですが借金なので元本保証となります。特に国債は国が保証しているため債券の中でも特にリスクが低くローリスクローリターンの投資となります。(債券について詳しくはこちらをご参照ください。)

 

ファンドとは

また、ファンドは基本的に「基金」を意味しますが、「投資信託」を指すこともあります。「集めたお金を運用し、収益を得ていく」という部分的な概念は共通していますのでこのような理解をしておけばいいでしょう。(ファンドについて詳しくはこちらをご参照ください。)

 

つまり債券ファンドとは「企業、国、地方自治体などが資金調達を目的として発行する有価証券」に投資する「集めたお金を運用し、収益を得ていく」基金(投資信託)であると言えます。

また債券は「企業、国、地方自治体などが発行」するという発行団体に種類があるので債券ファンドにも種類があり、国内債券ファンドやグローバル債券ファンド、米国債券ファンドなどがあります。

どのファンドを選ぶかによって、リスクやリターンの面が変わるため、投資家としては慎重に見極める必要があります。

有名なソブリン債のグローバル・ソブリン・オープンも債券ファンドの一つです。

 

国内債券ファンド

債券ファンドについて理解を深める為にここでは「国内債券ファンド」に絞って解説をしていきます。

 

国内債券ファンドの特徴

国内債券ファンドは、投資信託が、国債や社債など、国内の債券に対して投資を行う点が特徴になります。

スポンサー

値動きがそれほど大きくないため、比較的安定した運用になることがメリットです。仮に海外の大企業が倒産し、不況の波が大きくなっても、国内債券ファンドであれば安定的な運用を続ける可能性があります。そのため、ローリスクな投資と言えるでしょう。

ただし、利回りについては高くありません。10年国債を例に挙げると、その利回りは1%未満であることが多いです。したがって、不動産投資やソーシャルレンディングなどにおいて期待できるほどのリターンはまず得られないでしょう。それでも、コツコツと利益を重ねていける可能性は十分にありますので、決して無意味な投資ではありません。

 

国内債券ファンドのリスク

国内債券ファンドにもリスクはあります。例えば信用リスクです。債券の発行元が債務不履行に陥り、その債券の信用度が大幅に落ちてしまえば、その債券に投資をしていたファンドにとっては大きなダメージになります。

また、価格変動リスクもあります。例えば、何らかの原因によって投資先の債券価格が上がるとします。そうすると、その債券の利回りが下がる可能性が高いです。利回りが下がれば、投資していたファンドの利益も小さくなってしまうのです。

結局のところ、そのファンドが運用益を上げられるかどうかが焦点になりますので、信頼のできるファンドを選ぶことが重要になりますね。

 

まとめ

債券ファンドというと難しいイメージがありますが、基本的には投資信託が運用することになりますので、それほど専門的な知識がなくても利益を得られる可能性はあります。ただし、債券ファンドの種類はとても多いため、それぞれのファンドの特徴はできる限り把握しておく必要があるでしょう。

初心者の場合、リスクの高いファンドに手を出すのは危険です。したがって、為替変動のリスクが大きいとされるブラジル債券ファンドやオーストラリア債券ファンドを選ぶよりは、そうしたリスクが小さい国内債券ファンドを選んだ方が無難という意見があります。

 

こちらもどうぞ

外国国債・外債とは <投資初心者にも分かりやすい解説>

ワラント債とは <分かりやすく解説>

ソブリン債とは <金融初心者にも分かりやすく解説>