マネーフォワード×ネット銀行で資産管理を簡単に行う

 

家計管理アプリ「マネーフォワード(Money Forward)」とインターネット銀行を合わせて利用する事で自身の資産を一括して管理する事ができます。FinTech初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

マネーフォワードとは

マネーフォワード(Money Forward)は利用している金融機関と連携する事で自身の資産管理を容易に行う事ができるアプリです。マネーフォワードで銀行口座の操作などをする事はできませんが複数の金融機関に口座がある場合や証券会社の口座にある証券などを一括して管理できる為、今自分にどれくらいの資産があるのかを一目でわかるようになります。

 

<マネーフォワードアプリ画面の例>

(画像元:https://moneyforward.com/)

 

このマネーフォワードアプリは2600以上の金融関連サービスと連携する事ができるので銀行口座管理だけではなく多くの金融サービスと連携する事でポートフォリオ(資産がどこにどれだけあるのか)を簡単に確認する事ができます。

証券会社・クレジットカード・FX業者・仮想通貨取引所・ポイントなどと連携して自身の収入と支出状況を把握しましょう。有料版もありますが無料版でも充分な機能があるのでダウンロードしておいて損は無いでしょう。

詳しくはこちらをご参照ください。

 

ネット銀行との連携で便利に

今まで店頭銀行で取引を行っていた方はまずネット銀行の口座を開設してからマネーフォワードアプリと連携してみるのがおすすめです。

スポンサー

何故ならネット銀行はこれからの金融サービスを担っていく中核とも言えるべき存在だからです。マネーフォワードアプリは基本的に銀行との連携はネットバンクサービスを利用して行うのでそのような理由からもまずはネット銀行とマネーフォワードアプリを連携するといいでしょう。

ネット銀行は大手だと楽天銀行や住信SBIネット銀行が挙げられます。

<口座数>
楽天銀行・・・600万口座以上
住信SBIネット銀行・・・300万口座以上

このように現在では既に多くのユーザーをネット銀行は獲得しており以前のような「ネット銀行は不安」という考え方は杞憂となっています。

 

ネット銀行とマネーフォワードアプリを連携するメリットは自宅でネット銀行を利用して送金する事ができ、さらにその送金結果をすぐにマネーフォワードが反映してくれるのでスマホ一つあれば場所や時間に縛られずにお金の取引、金融取引が可能になります。

 

<口座数>
楽天銀行・・・15時までは当日中の振込
住信SBIネット銀行・・・14時までは当日中の振込

 

これからの金融ではこのような「場所や時間に縛られない」という取引が増えてくると考える事ができるのでネット銀行とマネーフォワードを利用しておくと今後のお金の事を考える際の参考になるでしょう。

 

これからの金融はインターネットが中心

多くのメディアでも「FinTech」という単語が利用されるようにこれからの金融というのはインターネットテクノロジーとかけ合わせたサービスが中心になっていくと考えられます。

これからの金融を考えていく場合にはマネーフォワード×ネット銀行という手近なものから初めてみるといいでしょう。

 

こちらもどうぞ

FinTech入門ページ