Money tree(マネーツリー)とは <家計簿アプリ・FinTechサービス>

 

長くサービスを提供している人気家計簿アプリに「Money tree(マネーツリー)」というサービスがあります。Money treeを知る事でFinTech金融サービスを上手く活用する事になります。

 

Money treeとは

マネーツリーは2013年にマネーツリー株式会社がリリースしたスマートフォン用アプリです。

いつ、どこで、何に、お金を使ったか、あなたの資産がどのように推移しているか、を把握し、それぞれの残高を集計した収支額、クレジットカードの支払日や電子マネーを前回いつチャージしたかといった情報も表示されるほか、自動データ分析で消費ぐせも教えてくれます。

さらに、銀行口座(個人・法人)、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントカード、証券口座を登録するだけで、口座残高や利用明細、残ポイントなどの情報が自動的に更新されるようになっており、無料で収支の状況を即座に確認できます。日本全国の銀行口座 (定期含む)、クレジットカード、電子マネーなど、国内の金融機関を99%以上カバーしているので可能となっているシステムです。

 

Money treeの特徴や機能

 

いつもの手間を軽減

Moneytreeはわずらわしい支出の手入力やレシートの整理などの手間を人工知能があなたの取引明細を自動取得して、自動判別で項目を分けます。

さらに、Money treeは様々な銀行と提携しているため、銀行の口座残高やクレジットカードの確定・未確定、リボ払いの支払い残高などの確認や貯めたマイル・ポイントを最短で、正確に把握し、管理することができます。

スポンサー

 

様々な通知異能

給料の振込み、クレジットカードの支払いや大口の入出金、残高低下、マイル・ポイントカードの有効期限を無料で教えてくれる通知機能が備わっています。プッシュ通知、またはメール通知を選択、設定することができ、さらに万が一、不正出金があった場合も早期発見できます。

 

有料制Money tree

Money treeは基本無料なのですが、別途有料プランも存在します。

有料プランでは、カメラやスキャナでレシートを撮影すると自動的に経費と照合してくれたり、経費のまとめをCSVやExcel形式でダウンロードできるので、毎月の経費計算の時間節約にもなります。また、撮影したレシートはすべてクラウド上に保存され、いつでもアクセスできるので仕事でMoneytreeを利用したいという方にもおすすめできます。

 

他の家計簿アプリ

他の家計簿アプリで人気なものに「Money Forward(マネーフォワード)」というものがあります。

マネーフォワード(Money Forward)は利用している金融機関と連携する事で自身の資産管理を容易に行う事ができるアプリです。マネーフォワードで銀行口座の操作などをする事はできませんが複数の金融機関に口座がある場合や証券会社の口座にある証券などを一括して管理できる為、今自分にどれくらいの資産があるのかを一目でわかるようになります。

マネーフォワードについて詳しくはこちらMoney Forward(マネーフォワード)とは  <FinTech家計管理アプリ>をご参照いただければと思います。

 

こちらもどうぞ

Zaim(ザイム)とは <FinTech時代の家計簿管理アプリ>

FinTech入門ページ <サービス・企業・アプリ>