ファンドとは <投資初心者にも分かりやすく解説>

 

従来の資産運用では欠かせないファンドの存在。ここでは投資初心者の方に向けて「ファンド」とはどのようなものなのかを分かりやすく解説をしていきます。

 

ファンドとは?

ファンドについては、広義的な意味を持つ言葉です。基本的には「基金」を意味しますが、「投資信託」を指すこともあります。いずれにしても、「集めたお金を運用し、収益を得ていく」という部分的な概念は共通していますので、この点は踏まえておきましょう。

 

投資信託の具体的な仕組み

多くのケースでは、投資信託に対してファンドという言葉を使います。そこで、投資信託の仕組みについて見ていきましょう。

わかりやすく説明すると、投資家から集めたお金を運用し、そこから得た収益を投資家に分配するというものです。一人一人が投資した額は小さくても、それを集めることで巨額な資金になります。そのため、大きな収益につながる可能性もあるのです。

 

投資信託のメリット

投資信託は有名ですが、投資する人々にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に説明しましょう。

一つは、運用を専門家に任せられるということです。投資信託では、投資家から集めたお金をプロが運用することになります。そのため、投資の経験が浅い一般人が運用するよりも、はるかに収益を得られる可能性が高いということです。

もう一つのメリットは、一種類の銘柄に投資するよりもリスクが小さいという点です。先ほど説明した通り、投資信託では多くの投資家から集めたお金をもとに運用します。

そして、運用における投資対象はいろいろです。したがって、投資家からすると「分散投資」をするようなものなのです。一銘柄に投資するよりも、分散投資の方がリスクヘッジできますので、この点もおぼえておくといいでしょう。

また投資信託ではアクティブファンドとインデックスファンドという2種類の運用方針があります。前者は積極的にリターンを狙っていく(相当のリスクを取る)もので後者は東証株価と連動を目指していくものでリターンは市場平均と同等になります。つまり投資信託と言っても一概に専門家が投資戦略を決めるものという訳ではないので注意が必要です。

アクティブファンドとインデックスファンドについては以下で詳しく解説をしておりますのでご参考にしていただければと思います。

アクティブファンドとは<分かりやすく解説>

スポンサー

インデックスファンドとは<分かりやすく解説>

 

どちらにしてもファンドは投資家から集めたお金を運用し、そこから得た収益を投資家に分配するというものとなります。

 

ファンドとしてのETF

またETFもファンドの一つと言えます。ETFは投資信託とは異なり上場しています。投資信託は価格が1日1度しか変動しないのに対しETFは市場が開いている時間は価格が常に変動します。またファンドを組成している仕組みが異なるので手数料も投資信託とは異なります。(一般的にはETFの方が手数料は低いです)

投資信託とETFの違いについてはこちらでも解説をしておりますのでご参考にしていただければと思います。

 

投資信託のデメリット

デメリットは、「損をする可能性」があるということです。投資のプロが運用を担うとは言え、十分な収益を上げられる保証はありません。投資信託側が運用損を出しても、責任を追及することはできませんので、その点は踏まえておく必要があります。

また、投資信託を購入するとなれば、手数料等がかかるケースが多いですので、コストの面についても踏まえておかなくてはなりません。

 

ファンドとロボットアドバイザー・ソーシャルレンディング

また投資信託やETFは全自動で資産運用を行ってくれるサービス「ロボットアドバイザー」やインターネットを通じて広く資金調達ができる「クラウドファンディング・ソーシャルレンディング」でも利用されている仕組みです。

ファンドという言葉がこれらFinTechサービスを利用していると頻出しますので今のうちにしっかりと意味を理解しておきましょう。

ロボットアドバイザー初心者入門ページ <ロボットアドバイザーをゼロから学べる!>

ソーシャルレンディング初心者入門ページ <ソーシャルレンディングをゼロから学べる!>

 

まとめ

ファンドへの投資によって十分なお金を得られるケースもありますが、そうでないケースもあります。そのため、ファンドを全面的に信用するのではなく、リスクの面をよく理解しておくことが大切です。ファンドにもいろいろありますので、景気の良し悪しを踏まえた上で、どのファンドに投資するのが適切かを考えることが大事です。

 

こちらもどうぞ

FinTech入門ページ

ローンファンドとは