ドルコスト平均法とは <投資初心者にも分かりやすく解説>

 

資産運用において大切なのは投資するタイミング。投資の手法の一つに「ドルコスト平均法」というものがあります。今回は「ドルコスト平均法」について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法は、投資における手法の一つです。具体的には、毎月定額を投資することを意味しています。

ポイントになるのは、同じ銘柄を購入し続けることです。したがって、一回ごとの投資額は同じでも、購入口数は月ごとに異なるのです。このドルコスト平均法については、投資における基本的な考え方の一つですので、しっかりと仕組みを理解しておきましょう。

 

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法のメリットは、大きな損を防げることです。

基本的に、投資において重要なポイントはタイミングです。高値になる時と安値になる時のタイミングをしっかりと見極めることができれば、投資によって利益を上げることができます。

しかし、そのような見極めはプロでも難しいです。「今が買いだ!」と思って買ったとたんに下落してしまうようなケースも、決してめずらしくないということですね。したがって、そのようなリスクを恐れ、なかなか投資に踏み込めない人もいるでしょう。

ドルコスト平均法であれば、その銘柄が高値になろうが安値になろうが、毎月定額を購入することになります。そのため、大量購入による大損というリスクを防ぐことができるのです。したがって、安定的な投資のやり方と言えるでしょう。

 

ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法のデメリットは、大きな得をしづらいということです。

スポンサー

投資における醍醐味の一つは、安値の時に大量購入し、高値の時に一気に売却することです。そうすれば、巨額の利益を得られる可能性もあります。もちろんリスクはありますが、このやり方でお金持ちになった人もたくさんいます。

しかし、ドルコスト平均法では毎月定額を購入することになりますので、安値の時だからといって大量購入はしないということです。これでは、巨額の利益を得ることは難しいですので、デメリットと言えるでしょう。ハイリターンな投資法ではないという点を、理解しておく必要がありますね。

ただ、リスクを極力なくすのが資産運用において大切な事でありリターンとリスクは互いに同等あるものなので通常の資産運用においてはドルコスト平均法のデメリットはそこまで大きくないと言えるでしょう。

FinTechサービスを利用した自動資産運用のロボットアドバイザーにおいてもドルコスト平均法はとても重要な意味をもちます。以下ではその詳細について解説しておりますのでご参考にしていただければと思います。

 

まとめ

この記事では、ドルコスト平均法について説明しました。上昇下落にかかわらず定額購入をするというのは、リスクが小さいと言えますので、初心者の方にもおすすめできる投資法です。

 

こちらもどうぞ

ロボットアドバイザーで利益は出るのか?

ソーシャルレンディング初心者入門ページ<ソーシャルレンディングをゼロから学べる!>