Zaim(ザイム)とは <FinTech時代の家計簿管理アプリ>

 

FinTechサービスが進んでいき、今では家計簿もアプリで利用する方が増えています。ここでは最も人気のある家計簿管理アプリの一つである「Zaim(ザイム)」を紹介します。

 

Zaim(ザイム)とは

Zaimとは日本で700万人のユーザーが使っている家計簿アプリです。

家計簿に挫折した84%の人が「Zaimなら続けられる」と回答した人気のアプリです。スマホアプリだけでなくパソコンを使ってブラウザ上で管理することもできます。

Zaimの大きな特徴は、レシートをスマホのカメラで撮影するだけで、買った商品の値段やお店の情報を読み取ってくれる機能があることです。もし、レシートで読み取ったデータにエラーがあっても手動で修正できます。

さらに家計の情報を棒ブラフや円グラフで表示させることができ、家計の状況をひと目でわかります。

Zaimは約1,500の金融機関(銀行・クレジットカード・電子マネー)と連携できます。あらかじめ金融機関をアプリに登録しておくことで、入出金を自動的に記録してZaim内で把握できます。

 

月ごとの予算機能で家計管理

Zaimでは月ごとに予算を設定して支出の管理をすることもできます。

設定した予算は月、週、日などの期間ごとに表示させることができます。支出のタイミングに応じて設定した予算と照らしあわせることで、予算オーバーにならないように管理できます。現金による支払いだけでなく、連携しているクレジットカードによる買い物でも情報を取得できるため、常に効率良く資産管理できます。

 

わたしの給付金機能

Zaimで使えるユニークな機能として、ユーザーが住んでいる地域や家族構成などの情報を利用して、ユーザーが貰える可能性のある給付金や手当の情報を一覧で表示することができる機能があります。

自治体のホームページなどから給付金情報を調べるのは大変ですが、Zaimを使う事で簡単に給付金情報を調べることができます。これにより受給できる給付金があったのに利用できなかった、ということを防ぐことができます。

 

月額300円でプレミアム会員になれる

Zaimでは月額300円支払うことでプレミアム会員になれます。

スポンサー

連携している金融機関の情報をリアルタイムで更新できたり、直感的に分析できる残高グラフを表示させたりできます。また、Zaim内で管理しているデータの保存期間も無制限になります。Zaimで取り込んだ金融機関の情報を弥生の会計サービスに自動的に反映させることで、確定申告で使用できるデータを取得することも可能です。

 

まとめ

Zaimは単純な家計管理機能だけでなく、お得な情報を得ながら効率的に家計管理できるアプリです。

機能のバージョンアップは現在でも続けられており、今後もさらに便利なアプリに進化していくことが期待できます。もし家計簿が長く続かなかった事があったら、ぜひ一度Zaimを試してみてはいかがでしょうか。

 

FinTec時代の自動貯金アプリ

家計管理の他に家計を助けてくれるFinTechサービスに「自動貯金」アプリがあります。以下では自動貯金アプリについて紹介しています。

finbee(フィンビー)

finbee(フィンビー)は、クレジットカードを連携させた貯金のためのアプリです。

自分で目標金額や貯金方法を設定したら、クレジットカードによる自動貯金になるため、手元にあるだけお金を使ってしまう方でも、気付いたら貯金が出来ています。登録も目標設定もスマホのアプリで出来るため簡単、手数料もかかりません。目標設定でゴール(金額と期限)を定め、貯金方法を選びます。

詳しくはこちら⇒finbee(フィンビー)とは

 

しらたま

「しらたま」は、自動でお金が貯められる貯金アプリです。アプリ上にバーチャル貯金箱が作られ、設定に応じた金額が自動的に貯められていきます。

最大の魅力は、これまでなかなか貯金ができなかった人にもチャレンジしやすい少額の金額設定が可能で、利用料が無料なこと。お買い物をするだけで簡単に貯められ、貯金のハードルを下げてくれる、貯金初心者向けのアプリです。

詳しくはこちら⇒しらたまとは

 

こちらもどうぞ

FinTech入門ページ <サービス・企業・アプリ>