テレマティクス(Telematics)とは ~インシュアテックを進める技術~

 

テレマティクス(Telematics)とは

テレコミュニケーション(通信・Telecommunication)とインフォマティクス(情報工学または情報科学・Informatics)を組み合わせた造語です。

テレマティクスでは通信システムと車載機器を利用して、多種多様なサービスを提供します。車載機器を介して運転データを常時収集し、車の運行状況を目に見えるようにするのです。

テレマティクスの例としてはカーナビやGPS、ドライブレコーダーなどがあります。テレマティクスを活用することで、安全の確保が期待でき、快適にドライブすることが可能です。

 

日本のテレマティクスサービス

日本では最初にホンダがテレマティクスサービスを導入しました。

追って、日産やトヨタなど他の企業も参入し、現在に至るまで、それぞれ独自のテレマティクスサービスを提供しています。テレマティクスの元は政府主導で進められたサービス「ATIS」「VICS」です。

※「ATIS」・「VICS」

リアルタイムの渋滞や交通規制など交通情報を提供するサービス

 

将来的には高度交通省が推進する高速道路交通システム(ITS)の一部となることが期待されています。

※高速道路交通システム(ITS)とは

人と道路と自動車の情報受発信により、事故や渋滞、環境など道路交通が抱えている課題を解決するためのシステム。

 

テレマティクスは自動車保険の分野で、欧米に追従するかたちで普及し始めています。テレマティクスを活用し、収集した運転データを基に保険料を変更する保険が生まれているのです。

スポンサー

保険分野ではインシュアテック(InsurTech)と呼ばれる保険(Insurance)×技術(Technology)のサービスが進んでおりテレマティクスはインシュアテックを進めている一つの技術でもあります。

 

テレマティクスサービスの例

・カーナビ情報の自動更新

無線通信を利用してカーナビの情報を最新のものに自動で更新します。

 

・カーナビにおけるルート検索

リアルタイムで道路状況を把握し、運転者の希望する条件に最適なルートを提供します。

 

・車両盗難時の追跡

車両が盗難被害に遭った際、追跡を行います。

 

・危険挙動の把握

急加速、急減速、速度超過などの危険な運転を感知。

企業によっては危険挙動が発生した、際利用者が指定したアドレスへのメールサービスや、危険挙動が発生した場所をPC上に記録・表示させる機能の付いたサービスもあります。

 

・車両予約

商業用の車の場合、配車が必要になります。その配車をスムーズに行うために車両を予約できるサービスが提供されています。

 

など。この他にも企業により、様々なサービスが提供されています。

 

IT技術の飛躍的な進化により、自動車とITを結び合わせたテレマティクスサービスも徐々に進化しています。この先も自動車のIT化は止まらないでしょう。

保険業界での活用に終わらず、他の業界での活用も期待できます。

 

こちらもどうぞ