クリエイティブエコノミーとは <次世代の経済>

 

クリエイティブエコノミーとは

クリエイティブエコノミーは、イノベーションエコノミーとも言われています。

つまり、創造力を発揮して何かを生み出し、それによって経済を成長・回復させていくということです。クリエイティブな分野としては、手工芸品、芸術などが挙げられます。人々が自ら培った経験をもとに生み出したものは、非常に価値があるとされています。

人間ならではのクリエイティブな側面を発揮して経済を良くしていくことこそ、クリエイティブエコノミーの真骨頂なのです。

 

クリエイティブエコノミーの必要性について

現代は、情報化社会と言えます。IT分野の発達が進み、高性能なパソコンや携帯がどんどん生み出されています。また、機械化も進んでいますので、人間にとっては非常に便利な時代になっていると言えます。

ただ、そのような社会になることがメリットばかりとは限りません。人間がやるべき仕事を機械やAIに取られるようなことがあれば、失業者が増加します。人間が必要なくなる社会は、良い社会とは言えません。

「AIや機械の進歩をストップすればいいのでは?」と考える人もいます。しかし、残念ながらそれは不可能です。世界中で研究が行われていますので、技術の進歩が止まることはありません。

スポンサー

そこで注目されているのが、クリエイティブエコノミーです。人間が、AIや機械にない創造力を発揮できれば、経済の中で生きていくことができます。そのため、人類にとって、クリエイティブエコノミーの進歩は非常に重要であることが分かります。

 

人間とAI・機械の共存が目標

クリエイティブエコノミーの進歩は重要ですが、それによってAIや機械を淘汰することが目的ではありません。人間だけが仕事をする世界に戻ってしまえば、効率性は非常に低くなってしまいますし、不便を強いられることになります。

そうなれば、経済はどんどん弱くなってしまうでしょう。そんな未来は誰も望んでいないはずです。

したがって、AIや機械にできる部分はそれらが担い、そうでない部分は人間が担うことによって、互いに共存することが理想なのです。

 

まとめ

この記事では、クリエイティブエコノミーについてご説明しました。人間が持つ創造力によって素晴らしいものを生み出すことは、大変喜ばしいことです。重要なことは、それによって経済の回復や成長に寄与できるかどうかです。また、クリエイティブな力を後世に引き継いでいけるかどうかです。

クリエイティブエコノミーを担う人間が今後も存在感を放つことができれば、AIや機械と共存し続けることができるでしょう。

 

こちらもどうぞ