PayPal(ペイパル)とは <FinTechの先駆け決済サービス>

 

PayPal(ペイパル)はFinTechの先駆けとも言える決済サービスです。現在では様々な決済サービスが誕生していますがPayPalを知っている事でその大きな流れを掴む事ができるでしょう。

 

PayPalとは

PayPal(ペイパル)とはオンライン上で安全に行える決済サービスです。あらかじめ自分のアカウントを作成し、クレジットカード情報を登録しておくことで利用できます。

PayPalによる決済手段に対応しているECサイトやWebサービスにて支払いをする時、PayPalに自動ログインしてPayPal経由による決済が行われます。PayPalを利用することで、ECサイトやWebサービスに対して直接クレジットカード情報を入力する必要がなく、セキュリティ上も安全に取引することが可能になります。

 

PayPalの特徴

PayPalはJCB・VISA・MasterCard・AmericanExpressなど主要なカードブランドに対応しています。日本国内のECサイトやWebサービスだけでなく、海外のサイトにおける決済手段としても使う事ができます。

PayPalを利用したクレジットカード決済に関しても、クレジットカード会社のポイントを貯めることができます。また、複数のクレジットカードを登録しておくことで、決済の時にどのクレジットカードを使用するのか選択することも可能です。

決済画面はパソコンだけでなく、スマートフォンでも使用できます。また、PayPalには「買い手保護制度」があります。PayPalを利用して購入した商品が、説明と大きく異なる商品であったり、商品そのものが届かなかったりした時など、トラブルが発生したお時に返金してくれる制度です。代金を支払った日より180日以内に決められた手続きを行うことで利用できます。

スポンサー

 

クレジットカードによる支払い手段として使えるだけでなく、ビジネスアカウントを開設する事で、カード決済の受付をするために利用することもできます。

ビジネスアカウントではアカウントの開設時に店舗名や銀行口座の登録や、本人確認手続きが必要になります。一般的にクレジットカード決済の機能をECサイトに導入するためには、高いコストが必要になりますが、PayPalを利用することで、はるかに手軽に低コストでカード決済機能を導入することができます。

 

PayPalを利用するときの注意点

PayPalは便利な決済サービスですが、他のWebサービスと同様に利用するときにいくつかの注意点があります。

まず、PayPalはIDとPasswordを利用したWebサービスなので、アカウント情報を厳重に管理する必要があります。また、PayPalに関するフィッシングメールが届くことがあります。そのようなメールには、クレジットカードやデビットカードの番号の入力が求められるサイトへのリンクが設置されていることがあります。不審なメールが届いたら、リンクはクリックせずにメールが届いた事をPayPalに報告して、メールそのものは削除した方がよいでしょう。

 

こちらもどうぞ