ロボアド投資成功には、まず企業の理念・考え方を確認すべき

 

「最近ロボットアドバイザー投資というサービスをよく耳にするし、始めてみようかな」と考えている方に知っておいてほしいのが、それぞれのロボットアドバイザー投資サービスの理念や考え方です。

というのも、こういった資産運用における方針を知らないまま「儲かるらしい」という気持ちだけで投資をしても、「想像と違う!」と不愉快な気分になったり実際に損をしたりしてしまうこともあるからです。

 

資産運用初心者はロボットアドバイザー投資の方針を知っておくべき

なぜロボットアドバイザー投資の方針を知っておく必要があるのか。

その理由は大きく分けて2つあります。

 

1つ目の理由は、資産運用のイメージと実際とのギャップをなくすためです。

そうすることで、納得した上で気持ちよく資産運用を行うことができ、感情的な行動による損を防ぐことができます。

 

ロボットアドバイザー投資では、全自動で自分の資産運用を任せる場合がほとんどです。

大切な資産を預けてしまうので、どのような考えにもとづいて運用されるのか、納得した上で投資すべきでしょう。

資産運用の考えや方針を知らないまま投資してしまうと、イメージしていた状況と実際の運用状況とのギャップが生じてしまい、不安を感じてしまう場合があります。

さらに、イメージと実際の運用状況とのギャップに焦って行動することで、本来ならば発生しなかった損を生じさせてしまうこともあるのです。

 

例えば、ロボットアドバイザーに任せて1~2年ほど資産運用をしたとします。

その際、運悪く世界の景気が悪かったとすれば、投資した資産も目減りしていることでしょう。

この状況を見て

「ロボットアドバイザー投資は儲かると聞いていたのに損をしてしまった。話が違うではないか。」

と考えて解約してしまっては、ただ損をしただけになってしまいます。

一方で、

「本来ロボットアドバイザー投資は長期投資を前提としている。数年という短期的な期間で成果を見るものではない。」

と理解していれば、短期的な解約という損をする行動を回避出来たはずなのです。

 

しっかりとロボットアドバイザー投資の方針を理解していれば、短期的かつ一時的な資産の目減りに対しても「数十年後にはきっちり増えているだろうし、気にしなくていいか」と心穏やかにどっしりと構えておくことが出来ます

 

2つ目の理由は、自分に合った資産運用サービスを選ぶためです。

ロボットアドバイザーに預けた資産は全自動で運用されます。

そのため、資産運用に自分が大きく関与出来るのはロボットアドバイザー選びの部分であると言えます。

また、全自動で資産が運用されるため、運用方針によって資産形成の仕方やリスクなどに多少なりとも違いが出ます

つまり、自分の資産をどのような形で形成していくのかを決めるためにも、それぞれのロボットアドバイザー投資における理念や考え方を理解したうえでサービスを選ぶことが重要なのです。

 

それぞれの企業における理念や考え方は?

それではここで、有名な独立系ロボットアドバイザー投資サービスであるTHEOWealthNaviについて見てみましょう。

 

THEOを提供する「お金のデザイン」の理念とは

ロボットアドバイザー投資サービスの理念や考えが分かりやすく発信されているのが、株式会社お金のデザインが提供する「THEO」です。

THEOでは、「資産価値(購買力)の保全」が運用哲学とされています。

スポンサー

 

この理念は、代表取締役社長の廣瀬氏を始めとしたお金のデザイン関係者が編著者を務めた『ロボアドバイザーの資産運用革命』という書籍において何度も語られている内容です。

起業社や経営陣が自ら各章を執筆しているだけあって、起業に至った想いやTHEOの理念がよく分かります。

 

この本において、お金のデザインは長期的に見て顧客の購買力を保全することを重視していると述べています。

つまり、THEOは短期的に大きな利益を出すために利用するものではないのです。

 

お金のデザインが目指しているのは、数年、数十年後も顧客の「購買力」を維持することです。

長期的に見ると世界景気がインフレを起こして物価が上がっていくと考えられる中、ただ現金をそのまま貯蓄するだけでは実質的な購買力が低下してしまいます。同じ金額で買えるものが減ってしまうのです。

この購買力の低下を防ぐために、地球全体への長期的・分散的な投資を行い、資産を守っていけるようにするのがTHEOなのです。

 

THEOのコンセプトムービーにおいても、

”世界中に分散させてリスクを回避しながら、海外資産の高い成長と高い利回りで、あなたの資産を保全・形成していきます。”(引用:https://www.youtube.com/watch?v=188zbpS1Ux0)

と述べられています。

 

WealthNaviにおける投資方針とは

ロボットアドバイザー投資サービス「WealthNavi」を提供するウェルスナビ株式会社は

”誰もが安心して気軽に利用できる資産運用サービスを生み出し、働く世代が豊かさを実感できる社会を築く”(引用:https://www.wealthnavi.com/company/fiduciaryduty)

という理念を掲げています。

この理念のもと、WealthNaviではノーベル賞受賞者の理論などを活用した科学的なアプローチによって、リスクをコントロールしながらの効率的な資産運用を実現しています。

そして、運用方針としては「長期・分散・積立による資産運用」が強調されています。(出典:https://www.wealthnavi.com/about)

 

この「長期・分散・積立」という方針は、資産運用の王道とされています。

 

世界経済は短期的な落ち込みもあるものの、中長期的に見れば成長しています。その経済成長の恩恵を受けられるのが、長期的な資産運用です。

 

分散して投資をすることで、特定の資産における価値下落の影響を少なくすることが出来ます。つまり、リスクを抑える事が出来るのです。

 

毎月決まったタイミングで決まった額の投資を行う場合であれば、個人の感情による投資行動を避ける事が出来ます。そのときの相場の動きに翻弄され、実は割高なのに買ってしまったり、お得なのに買い控えたりといった感情的な損を防ぐことが出来るのです。(出典:https://www.wealthnavi.com/column/1)

 

まとめ

「資産運用にはロボットアドバイザーが良いらしい。」という話を聞いたとしても、自分の望む資産運用スタイルとロボットアドバイザー投資の方針が一致していなければ良い結果は得られません。

損をするような投資行動を避け、自分で納得した資産運用を行うためにも、利用してみようと考えているサービスや企業の理念や考え方を確認してみることをおすすめします。

 

こちらもどうぞ

 

この記事の著者

名前:湖島ヒロ

大学院で発達心理学を専攻し、博士課程まで進むも中退。その後、公務員になるも退職し、今はフリーランス(Webライター)として活動しています。株式やFX、仮想通貨など様々な投資に興味があり、実践と勉強の日々です。